山口達也の辞表提出の内容は?ジャニーズネットから消された理由は?TOKIO脱退か?

Sponsored Links



本日2018年の5月2日、午後2時よりTOKIO4人(山口達也さん以外)のメンバーの緊急記者会見が某ホテルで中継されました。

 

TOKIOのメンバー4人は黒のスーツに黒のネクタイ。いわゆる正装、身を清める意味でも慎重な面持ちで会見に臨みました。

 

今回の緊急会見では、4人が正装で並び、被害者並びに他関係者、そしてファンの方々に対して30秒以上、深く陳謝する。そして山口達也さんにつていTOKIOメンバーの思いを語る形で会見は終わりました。

 

会見を見ていて疑問に思ったことは、山口達也さんから辞表がTOKIOに提出されたこと。だったでしょうか?その辞表についてと今後の山口達也さんの処遇問題について、さまざまな角度から見てゆきたいと思います。

 

その他の山口達也さんに関する記事はこちら





 

 

山口達也の辞表提出とその内容について

 

 


Sponsored Links

 

 

山口達也さんが辞表を提出したのは、一昨日(4月30日)、TOKIOのメンバー全員が集まって話し合いが持たれた日だったそうです。

 

 

先に行われた山口達也さんの会見では、山口達也さんは、「許されるならTOKIOにもどりたい」と涙ながらに訴えていましたが、それが世間では反感を買ってしまった形となり、「そんな甘いもんじゃない」「許される訳ではない」とさまざまな波紋を呼んでしまったことはたしかです。

 

それを受けて、山口達也さんも自分の心に甘さがあった、これ以上TOKIOのメンバーに迷惑をかけられない、事の重大さを会見後の自分へのバッシングの様子を見て改めて実感したのではないか?と予想します。

 

恐らく、その後じっくり考えた上で、自分自身の身体上の問題、そして今後のTOKIOやジャニーズ事務所に所属するタレントへのダメージについて、悪影響を与え続けてしまうと判断した時点で、先の山口達也さんの記者会見と一転した、「辞表」と言う形をとったのではないかと思われます。

 

一般世間の疑問には会社でもないのに、「何故、辞表?」と会見を見てて思われた方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、こういった正式ないわゆる「今のポジションから退きたい」と言う気持ちを口頭でメンバーへ伝えたり、事務所へ口頭で報告するのは、おかしな事で、それなりの覚悟を決めてのことでもあり、「辞表」と言う形を取ったのではないかと思います。

 

ここで、辞表について少し調べてみました。

 

 

辞表を提出しなければいけない場合


辞表を提出しなければいけない場合には条件があります。

その条件は現在、重役や会社運営に関わるポジションや役職に就ているのか?がポイントになります。

現在仕事をしていて、何らかのポジションや役職にいる場合。

平社員など、
普通の従業員ではない場合に退職する時には退職関連書類として辞表を作成する必要があります。

重役や管理職に現在就ていて退職する予定の方や退職書類を準備中の方は辞表を準備するようにしましょう。

辞表の書き方や内容については基本的に退職願とあまり変わりませんので退職願のページを参考にして頂ければと思います。

表題だけ『退職願』から『辞表届』に変更する必要だけあります。

引用: https://uluss.com/outlookshare/zihyou-taisyokutodoke/

 

記者会見では、城島茂リーダーから、山口達也さんからのTOKIOへの辞表提出があったとの話でした。

 

TOKIOのメンバーの中で山口達也さんは、グループに無くてはならない存在ですし、TOKIOが1つの会社として考えるのなら、山口達也さんもメンバーの中では重役の一人ですね。

 

よって、「現在仕事をしていて、何らかのポジションに居る」と言う意味もTOKIOと言う存在を考えた場合、理解に至ることではありますよね!

 

アイドルにとって致命的な許しがたい不祥事であった訳なので、これ以上のTOKIOでの在籍は許されるはずが無いと言う意味で、山口達也さんもフォーマル(正式)な形をとったと言えるのではないでしょうか?

 

そんなに簡単にTOKIOに戻ることを許すような発言をあの記者会見でしたなら、更にTOKIOは渦中となり、この事件はもっと話題を広げてしまう可能性が高くなりますね。

 

そして、最初に事務所でなく、TOKIOのメンバーに辞表を提出するのも、当然のことだと私には思えます。

 

23年間、一緒にやってきたメンバーに最初に意思表明して、それから事務所に退職届を出す形でいいのでは?と思うのです。

 

事務所に退職届をだして、TOKIOのメンバーに後から、事務所での退職届が受理されたから・・・・と言うのは、正直、ここまで山口達也さんのために渦中となっているTOKIO4人のメンバーに対して、反対に失礼となってしまう気がするのです。

 

確かに事務所に退職届と言う声もありますが、まずは、粋も甘いも一緒に共にしてきた仲間に自分の意思を伝えるのが先かと思いました。

 

引用:TOKIO 4人 緊急会見 「今後の活動」

 

山口達也の辞表の内容とTOKIO脱退や今後は?

 


Sponsored Links

 

では山口達也さんが提出した辞表には何が書いてあったのでしょうか?

 

辞表については、記者会見では城島茂リーダーが「預かっている」と言う形で対応、メンバーひとりひとりが山口達也さんの処遇に対しては、ハッキリと答えが出せずに居ると言うことでした。

 

辞表の内容については、今回の記者会見でも公表はされていませんでした。

 

恐らく、自分自身の意思の表明や一般的な辞表届けの形に乗っ取って山口達也さんが書いたように思えます。

 

内容については、おいおい公開されるかもしれません。

 

山口達也さんの脱退するか?しないか?が世間では気になっている所ですが、今回の会見では、TOKIOメンバーは何も言うことができなかった、と言うことで、個人としては、山口達也さんを支えてゆくことがメンバーの責務であることは確かなのですが、今後の山口達也さんの処遇については、慎重な対応としてハッキリとした発言はありませんでした。

 

 

山口達也さんがジャニーズネットから消された理由は?

 

 


Sponsored Links

 

残念ながら、今回のTOKIO緊急会見に先立って、ジャニーズファン達が集うジャニーズネットのTOKIOのページからは、既に山口達也さんの姿が消されています。

ジャニーズネットはこちら ↓ ↓

http://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=7

 

これについては、山口達也さんが示談で事件解決となり、法的には起訴猶予処分ということがメディアで報道され、すでに無期限謹慎処分を受けていること。そして4月30日に本人から辞表提出があったこと。これらの事実が報道されている以上、ジャニーズネットのTOKIOのページに今までと同じように山口達也さんの情報を掲載し続けるのは、返って不自然にも思えますね。

 

良い例として、東京都の小池百合子都知事の例ですね。

 

2020年の東京オリンピックのフラッグツアーアンバサダーを務めるTOKIOに対して、東京都では、TOKIOのアンバサダーの活動をHPにかなり掲載していましたが、以下のように小池百合子都知事は発言しています。

 


東京都としてはアンバサダーの活動を記録した動画や写真をホームページから削除するなど対応。今後の契約を続けるかについては「具体的に何も決まっていない。私の一存では決められない」と前置きした上で、「各地を回っていただいて、大きな役割を果たしてくれた。(今後も)他のメンバーには頑張っていただきたい」と個人的感想を述べた。


 

其の上で、小池百合子都知事は、「山口メンバーの件は本当に残念。本当に多くのファンがいて、私もその1人」とも個人的ファンでもあったことを明かしていますが、自分個人の一存では決められない胸の心境を語っています。

 

TOKIOのメンバーや事務所も同じ思いではないかと思います。個人的にはこれからも友達であり、サポートして行くけれども、その処遇に対しては、個人では決められない。社会的倫理を優先するのが当然、と言うのが正直なところではないか?と小池都知事の対応を見て感じました。

 

やはり、ここで一旦、芸能活動から退く形を取り、事務所の対応としてジャニーズネットから山口達也さんの情報を削除するのは、ある意味適正な判断と思われますね。

 

 

残念ですが、TOKIOとして、ジャニーズ事務所として、窮地に立たされながらも、今以上に強くなって欲しいと願うばかりです。


その他の山口達也さんに関する記事はこちら





 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています