鈴木京香の夜な夜な行く秘密のバーはどこ?店名は?


Sponsored Links



 

 

鈴木京香さんや有名芸能人が密会をするというバーが話題!そのバーは別名“芸能人の隠れ家”ともよばれています。きになりますねぇ~。どこにあるのでしょうか?そして名前とどんなバーなのかを調査しました!

 

NHK朝ドラ『わろてんか』で人気の鈴木京香さん、姑役を演じていますが、まだまだ美しいですね!

 

この間、「ホンマでっかTV」では以外な素顔をみせてくれて、本当に普段あからシャイでまじめなじょせいなんだなぁ?と感じました。

 

どうも、年下男性とのコミュニケーションに困ることが多いとさんまさんやスタジオゲストの前で語っていました。これほどの美人の女性なに・・・・・と皆思ったはず。

 

その発言で、以前よりすでに7年ほどになる交際相手の長谷川博己さんと破局してしまったのかなぁ~?とも、一瞬おもいました!

 

実は、年下のコミュニケーションと言うのは仕事をしている時のことで、今現在も温めている長谷川博己さんのことでは無かったようです。

 

その長谷川博己さんや、「ホンマでっかTV」鈴木京香さんの仲の良いお友達として紹介された小池栄子さんと良く密会している、鈴木京香さん行きつけのバーが、今話題となっています。

 

このバーは鈴木京香さんだけでなく、有名な脚本家の三谷幸喜さんや有名芸能人の女子会などで使われているそうです。

 

鈴木京香さんは元々、動物が大好きで、このバーにも滝川クリステルさんや柴咲コウさんと「犬や猫をサポートする活動」に鈴木京香さんも賛同していて、この会もペット好きな女子会みたいな感じで三人で集まっては女子会を楽しんでいるようです。

 

ペット好きな三人はとうとう、ペットの為の財団まで結成。定期的にこのお店に集まるっていることも知られています。

 

ちなみにこのバーは“芸能人の隠れ家”とも呼ばれているそうです。どんなバー?なのでしょうか?

 

鈴木京香さんは三谷ファミリーとしても知られ、三谷幸喜作品に数多くでています。

 

三谷幸喜さん、行きつけのバーとしてでてきたのは、WE ARE THE FARM EBISU (ウィーアーザファーム)という都内にあるお店。

 

代々木上原にあるオーガニックレストラン  WE ARE THE FARM:渋谷区西原3-24-10  

 

引用: 食べログ

 


Sponsored Links



 

 

そして、鈴木京香さんと長谷川博己さんがデートでディナーを楽しんでいるのが・・・・

 

引用: https://www.news-postseven.com/archives/20151111_363650.html?IMAGE&PAGE=1

 

記事にはこんな風に書かれていました。

 

11月上旬の夜、いきつけのバーへと歩いて向かう2人の様子をキャッチ。バーでは、脚本家の三谷幸喜がたまたま居合わせ、談笑する場面もあったとのことだ。バーを後にした2人は、そのまま鈴木のマンションへ帰っていったという。

引用: https://www.news-postseven.com/archives/20151111_363650.html

 

 

WE ARE THE FARM EBISU (ウィーアーザファーム)

 

このお店のコンセプトは無農薬野菜、オーガニックにこだわった食材で安心して野菜の味をたっぷり楽しめること!

 

そして、お料理の盛り付けもとってもオシャレと女性に大人気!オープンするとすぐに満席になってしまうほどだそうですよ!

 

お料理とお店の雰囲気の写真を見つけました!ご覧ください!

 

 

最近、睡眠不足と忙しさで肌荒れしてきちゃったからたくさんお野菜食べたくなって、この間、久しぶりにここ(#ウィーアーザファーム )にランチに行ったよー . もりもりのケールとたっぷりのお野菜が食べ放題だから、定期的に通いたくなっちゃうんです . . お野菜メインだからお腹いっぱい食べても何か安心な気がする…笑 . #salad #サラダランチ #ランチ #野菜 #ケール #olランチ #肌荒れ #肌荒れ改善 #大人女子 #女子力向上委員会 #女子ランチ #コスメマニア #コスメ好きさんと繋がりたい #美意識向上 #美意識高い #恵比寿

A post shared by 乙女の肌磨きクレンジング ラッシュピュア (@lash_pure) on

 

どれも美味しいそうですね!お店の内装もコンクリートとウッドを合わせて、自然な素材を大事に、野菜のワイルドカラーがシックな店内で一層映えて綺麗ですね。

 

私も写真をみるだけでなく、是非、ここのお野菜を味わってみたい思っています!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。