和田真幹(オセロ)天才少年の経歴や戦歴!学校や兄弟は?


Sponsored Links



 

 

10月23日放送 夜7時から放送の「天才キッズ大集合」では「オセロ界の藤井聡太」と呼ばれている和田真幹(わだ まさき)(13)が登場します。

 

 

2016年度のオセロ小学生チャンピオンの和田真幹(わだ まさき)くん、現役の東大生のオセロ日本一に挑戦します。

 

ちなみにハンディ無し、手加減無しだそうです・・・・!

 

どんな戦いになるでしょうか?見応えがありそうですね!!

 

 

と言うことで、オセロ天才少年、挑戦者の和田真幹(わだ まさき)くんについて、みてゆきたいと思います。

 

和田真幹(わだ まさき)くんのプロフィール

 

引用: http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/photo.aspx?id=20161104000490&no=1

 

名前 和田真幹(わだまさき)

年齢 13晟(2017年11月で13晟)

出身地 宮城県仙台市

段位 3段(オセロ遭盟)

 

 

和田真幹(わだ まさき)くんの戦歴

 

2015年 第37期名人戦小学生の部優勝
2016年 第38期名人戦小学生の部準優勝
2016年 オセロ小学生グランプリ決勝大会優勝
2016年 世界オセロ選手権ユースの部優勝

 


Sponsored Links



 

 

和田真幹(わだ まさき)くんの経歴

 

和田真幹(わだ まさき)くんは宮城県、仙台市に在住する13歳。

 

オセロを始めたのは小学四年生からだそうで、ちびっ子からオセロを楽しんでいたようですね。

 

まさに現代のゲーム少年、対戦はインタネットや地元の仙台での大会で腕を磨いていました。

 

戦歴からもわかるように、和田真幹君は2016年には第40回世界オセロ選手権のユースの部(15歳以下の部)で優勝、まだ小学校6年生、年齢は12歳でした。

 

 

この大会、なんと世界中からオセロのプレーヤーが集まり、この年はなんと、29カ国から84人が競い合いました。

 

2016年度の世界オセロ選手権で、和田真幹君はお誕生日だったとのことで、嬉しさも他の人よりもかなり倍増していたようですよ!

 

和田真幹君は

いつも打てる手がなくならないように、決め手を打たれないように次の手を考えている。ラインがきれいに決まった感じが嬉しかった。

と戦略も、ちゃんと頭の中で考えて闘っていました。

 

続けて、

 

決勝で戦ったArthur Juigner氏には予選で負けていたのでリベンジできてとても嬉しいです。ユースチャンピオンを狙っていました。  

 

(今日は自身の誕生日で)自分で誕生日プレゼントを獲得できました。

 

オセロの楽しい所は深く考える事で、綺麗な形で勝てると楽しいです。(将来は)最年少世界チャンピオンを狙いたいで
す。

引用: http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/20161104000490

と喜びを隠せない様子でした!!

 

和田真幹君は日本オセロ連盟東北/仙台‏ に在籍していて、段持ちですでに三段の腕前なんですね。

 

それにしてもピースしている所などは、やはり可愛らしい姿ですよね!!

 

ちなみに、オセロの小学生大会はこんな感じだそうです!

 

凄いですねぇ~、恐るべきオセロ!こんなにも子どもたちに人気とは!

 

引用: http://www.toynes.jp/2016/08/10/?post_type=news

 

 

写真は「オセロ小学生グランプリ2016」の様子です。もちろん、この大会に和田真幹君もでていました。

 

和田真幹(わだ まさき)くんの学校や兄弟は?

 

和田真幹君、オセロの天才小学生と言うことで紹介されていますが、一体全体、どこのしょうがっこうなのでしょう?

 

残念ながら、プライベートなことなので公にはしていないようで、いろいろ探してみましたが、情報はありませんでした。

 

そして、同じく兄弟の情報についてもあかされていません。

 

 

もし、新たな情報がはいりましたらアップデートいたします。

 

 

「天才キッズ大集合」のオセロ対戦!

 

ここで「天才キッズ大集合」のオセロ対戦の対戦者の詳細をお知らせいたします。

現役の東大生、栗田誠矢さん(20歳)、「2017年全日本選手権」優勝

対する挑戦者の天才キッズ

2016年度はまだ小学生でしたが、今現在は中学生。
和田真幹(13歳)は「2016年世界選手権」ユースの部優勝

高橋晃大(12晟)「2017年オセロ小学生グランプリ」優勝

 

現役東大生の栗田誠矢さんが、挑戦者の和和田真幹と高橋晃大と真剣勝負で対決。手加減なしだそうですから・・・・・ホント見ものです。

 

どうして、こんな天才君達がうまれるのでしょうね?素晴らしいとしかいいようがありませんねぇ!

 

大人を本気にさせて、ムキになる。子供も本気でしょうか?それとも「余裕」なのかしら?

 

是非!この機会にオセロを見直してみてもいいかもしれません。

 

オセロは実は日本のゲームだそうで。水戸が発祥。囲碁、将棋、オセロと素晴らしい伝統のゲームが日本にあることを誇りに思いました!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!