堤駿斗がイケメン!戦績やオリンピックでの階級が気になる!弟の麗斗もボクサーはホント?


Sponsored Links



 

アマチュアボクシングの堤駿斗(つつみ はやと)というイケメン選手をご存知でしょうか?

 

今年開催される東京オリンピックのアマチュアボクシングフェザー級日本代表有力候補であり、金メダルも狙えるのではないかと噂される超逸材です。

 

ボクシング業界ではなんと『井上尚也二世』とまで言われています!

 

堤駿斗選手のプロフィール

 

 

引用:https://twitter.com/RscproductsT/s

 


名前   堤 駿斗(つつみ はやと)

 

誕生日 1999年7月12日

 

出身   千葉県

 

身長   171cm

 

体重   56kg

 

階級   フェザー級

 

所属   東洋大学

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ 堤 駿斗

 

 

 

 

堤駿斗選手の経歴や戦績は?

 

 

 

 

堤駿斗選手は千葉県生まれです。

 

小学校5年生からボクシングを始めて、すでに高校時代にインターハイ、国民体育大会、選抜大会などを制覇し、高校6冠を達成しました。

 

さらに在学中にAIBA世界ユース選手権でも優勝!小さな頃から強かったんですね!

 

ある意味もうすでに世界を獲っているわけです。

 

ちなみに日本人初の快挙! すごいですね!

 

しかも、大学生や社会人と競い合うことになる全日本選手権でも優勝しています!

 

これにより、かつて同じように高校生で全日本選手権を制した井上尚弥選手にちなみ、井上尚弥2世と呼ばれるようになりました。

 

そして今は東洋大学に通いながら、オリンピック出場を目指しています。

 

 

 

堤駿斗選手の強さは?

 

それはズバリ、ジャブです。

 

アマルールのボクシングはプロとは違い、たとえダウンを奪っても「一発パンチが当った」という判定にしかなりません。よって使用するパンチには威力ではなく、スピードと正確さが求められます。

 

よって最速の技であるジャブが重要なわけですが、堤駿斗選手のジャブは素早く伸びがあり、狙いも正確。

 

しかも世界ユース優勝ですから、世界に通用するのは証明済みの最強の武器というわけです!

 

 

そして堤駿斗選手は反応、回避能力も非凡なものを持っています。

 

実は堤駿斗選手はあの井上尚也選手のスパーリングの相手を務めた経験があるのですが、井上選手はスパーリング後、記者から堤駿斗選手の印象を尋ねられ「日本でいちばん反応がいい」とまで言っていますから相当なものでしょう。

 

さらに井上選手は堤駿斗選手にアドバイスを求められて、「アドバイスすることなんかありませんよ」と大絶賛しています。

 

現役チャンプにしてパウンド・フォー・パウンドでトップクラスの井上選手にここまで言われるのですから、堤駿斗選手はアマチュアで最強のボクサーと言っても過言ではありません!

 

堤駿斗選手のオリンピックでの階級が気になる!?

 

そんな超強い堤駿斗選手ですが、オリンピック出場が期待されている中、逆風が・・・・!

 

なんと諸事情でアマチュアボクシングが東京オリンピックの競技種目から除外されかけたのです。

 

最終的には無事実施されることになったのですが、10階級から2階級減らされ、結果、堤駿斗選手の本来の階級であるバンタム級が消滅という事態に。

 

それにより堤駿斗選手は本来階級より上のフェザー級で出場するしかなくなりました。

 

おまけに新型コロナウィルスの発生により、中国は湖北省武漢市で開催予定だった五輪予選が中止。

 

予選はヨルダンのアンマン市での開催に変更となりましたが、減量がある競技ですから調整なんかはめちゃくちゃになったはずです。

 

まさに泣きっ面に蜂といった有様。

 

 

しかし堤駿斗選手は極めてポジティブ!

 

「重くなる分には自分的にはいい。筋肉量を増やせるので本格的にウエートトレーニングも始めました」と、なんとへこむどころかパワーアップを図った模様。

 

「力強さがついた。パンチの力強さが上がって、ガンガンくるファイターも止められるようになった」と、手ごたえもバッチリなようです!

 

予選開催地変更の件も「予選まで1か月長引いたので、強くなる期間が増えた。プラスに思っている」と、むしろ歓迎しているようです。

 

さすが若干二十歳にして歴戦の猛者、メンタルまで強い!

 

 

ルックスもイケメン!

 

ところで堤駿斗選手、けっこう格好いいと思いませんか?井上尚弥選手にひけをとりません!

 

どちらかというと、正統派、爽やか系イケメン!

 

 

力強く精悍な顔つきで、いわゆるジャニ系とかではないですが、かなりイケてますよね!

 

金メダルを取り、プロ転向後に活躍して井上選手のようにTVにも出るようになったらめちゃくちゃモテそうな気がします!

 

堤駿斗選手の弟の麗斗もボクサーはホント?

 

 

堤駿斗選手には弟がいて堤麗斗くんというのですが、彼もアマチュアボクサーです。

 

 

しかもなんと、モンゴルで開催されたアジアユース選手権で金メダルを獲得!

 

国内でもインターハイなど高校3冠を達成しており、完全に兄と同じ道を辿っています。

 

本人曰く、「24年パリ五輪に必ず出たい」とのこと。

 

すでに実績十分で、全く絵空事ではありません。

 

現在はまだ高校生ですが、『井上尚也3世』なんて言われちゃう日もそう遠くないのかも?(笑)

 

 

まとめ

 

実力・実績から言ってすでに金メダル候補の堤駿斗選手。

 

彼はオリンピック後の青写真も描いているようです。

 

それはもちろんプロボクサーとしての道!

 

最短で世界王者になってトップランク社と契約して、井上尚也選手の上に行きたい。

 

そんな風に語っていたので、将来的には日本人同士のドリームマッチが実現するかもしれません。

 

そんなわけで堤駿斗選手、要注目のボクシング選手ですよ!

 

 

 

error: Content is protected !!