塚原直也コーチの嫁(妻)の顔画像!朝日生命の総監督で国籍がオーストラリアってホント?


Sponsored Links



体操の宮川紗江さん(18)、昨日、記者会見をしましたね!記者会見の内容は自分のコーチである速見佑斗コーチ(34)の無期限登録抹消の処分に対してパワハラだと思っていない、そしてコーチの処分は重すぎと言うことで、昨日、記者会見を行いました。

 

そして、この記者会見で、また、新たなパワハラ問題が浮上!新しい登場人物の発言などもありましたね。

 

 

この先、どのような展開になるのかも・・・・まだまだ分からない状態です。今後はどうなるのでしょうか?

 

 

そこで、この記者会見にでてきた人物、塚原光男(日本体操協会副会長)さんの奥様である塚原千恵子さん、二人にパワハラを受けたと会見では言っていました。

 

 

今回は塚原光男(日本体操協会副会長)と奥様である塚原千恵子さんの二人のお子さん塚原直也さんについて調査してみたいと思います。

 

その他の体操パワハラに関する記事は?

 

 

 




塚原夫妻が「キレ気味に、暴力あったでしょ、と」

 

日本体操協会が29日、都内で、体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江(18)への暴力行為で無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を下した、速見佑斗コーチ(34)に関する一連の騒動について会見を開いた。

 

質疑応答で、協会の会見に先立って会見を開いた宮川が「オリンピックに出られなくなるのよ」と言われるなどパワハラ行為を受けたとした、塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長の2人の会見や取材対応は行うかと質問が出た。

 

山本宜史専務理事は「今のところは考えておりません」と口にした。



https://www.nikkansports.com/sports/news/201808290000798.html

 

 

 

 

塚原直也(つかはらなおや)さんのプロフィール

 


Sponsored Links



 

 

 

 


国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア


生年月日 1977年6月25日(41歳)


生誕地 日本の旗 日本 東京都


身長 166cm 


体重 63kg 


種目 体操競技


所属 朝日生命体操クラブ


元コーチ ニコライ・アンドリアノフ


[隠す] 獲得メダル


日本の旗 日本


オリンピック


金 2004 アテネ 団体総合


世界体操競技選手権


銀 1999 天津 個人総合


銀 1999 天津 平行棒


銅 1997 ローザンヌ 個人総合


銅 1997 ローザンヌ 平行棒


銅 2003 アナハイム 団体総合


銅 2006 オーフス 団体総合

 

塚原直也つかはらなおや)さんの経歴

 

 


Sponsored Links

 

 

 

塚原直也さんは1977年6月25日、日本生まれですが、国籍はオーストラリア国籍を取得しています。

 

11歳からの塚原光男さんと母親の千恵子さんが経営する朝日生命体操クラブで体操を始めたのがきっかけです。

 

両親が体操の選手でありながら、体操を始めたのは以外にも遅めだったんですね・・・・。

 

塚原直也さんの学校については、明星学園小学校、明大中野高校、明治大学を卒業とおぼっちゃまな学校を卒業しています。やはり私立の学校に通っていたのは、体操の練習などに時間が費やされていたからかもしれませんね。

 

そして、有名選手が必ず出場するインターハイ杯やNHK杯、全日本選手権など、塚原直也さんもこのようなメジャーな大会に数多く出場し、親の七光りと言うか、体操業界では早くも注目を浴びていました。

 

 

出場したオリンピックは3大会出場に出場しています。アテネオリンピックでは金メダルを獲得しております。

 

塚原直也さんの選手時代の成績はこのような感じです。

 

1994年から1995年まで、インターハイを2連覇
1996年から2000年まで、全日本選手権を5連覇

 

1996年、アトランタオリンピック
2000年、シドニーオリンピック
2004年、アテネオリンピックの男子体操団体で優勝

 

塚原直也さんが選手だった頃、実は、指導をしていたのは父親の現役時代のライバルだったニコライ・アンドリアノフさんだったそうです。

 

 

2008年の北京オリンピックの代表には選ばれませんでした。この頃から父親が校長の体操教室、「塚原体操センター」で技術アドバイザーを担当していました。

 

 

その後、オーストラリア留学でオーストラリアへ渡り、国籍取得手続きまでして、ロンドンオリンピックをめざしましたが、間に合わず、2012年のロンドンオリンピックへは出場できませんでした。

 

その後、2016年のリオオリンピックの選考会では3位となり、リオオリンピックへも出場はできませんでした。

 

 

 

塚原直也の嫁(妻)の画像

 

 


Sponsored Links

 

 

塚原直也さんのお嫁さん情報ですが、いろいろ調べてみました。

 

塚原直也さんのお嫁さん、瑛理さんというお名前だそうです。

 

塚原直也さんとお嫁さんの瑛理さん、結婚式の時の写真ですね。キレイなお嫁さん、瑛理さんですねぇ~。

 

 

引用:http://www.tru-solutions.jp/TeikokuHotel_121124_00.JPG

 

 

スタイルも細身でまるで体操の選手のようなお嫁さんですねぇ~?もしかしたら年上?でも、これだけキレイだったら関係ありませんね。

 

 

塚原直也さんと妻の瑛理さんは二人の子供に恵まれ、二人共に男の子です。

 

息子さんたちは2013年と2015年に生まれていますから、今はまだ幼稚園?ぐらいの小さなお子さんですね。

 

息子さん達も体操をしているようで、塚原直也選手のようにオリンピック選手として英才教育をしているかもしれません。

 

そうなると、塚原家は孫~おじいちゃんまで、体操一家となるんですね。

 

 

塚原直也さんの両親、父親と母親は?

 

 


Sponsored Links

 

 

 

母親は塚原千恵子さん

 

 

 

 

 

 

 

父親は塚原光男(日本体操協会副会長)さん

 


Sponsored Links

 

 

 

 

 

 

塚原光男さんと言えば・・・・ムーンサルトの生みの親です。

 

そして、朝日生命体操クラブの監督なんですね!!

 

 

 

 

塚原直也コーチは朝日生命の総監督?

 

 


Sponsored Links

 

 

そして塚原直也さんは父親と共に、塚原体操教室の役員をしているようで、朝日生命体操クラブ総監督、朝日生命体操教室技術アドバイザーとして名を連ねています。

 

 

 

主要メンバーには、塚原直也さんとご両親が・・・・家族経営の体操教室なんですね!!!

 

 

 

引用:父は「永遠のライバル」 体操の塚原光男さん、直也さん

 

 

金メダリストの父の指導を受けて、五輪史上始まっての親子ゴールドメダリストだそうです!!!凄い、体操一家なので、塚原直也さんは体操界のサラブレッドです。

 

ライバルは父親の塚原光男さんという直也さん・・・・。お父さんと競い合って生きてきた・・・そして、いつでもどこでも父親の背中を見て生きているんですね!本当に素晴らしい親子ですね!

 

その他の体操パワハラに関する記事は?



 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


Sponsored Links