土屋良輔の所属チームとコーチは誰?出身大学と新日本記録保持者の成績まとめ

Sponsored Links



 



スピードスケートで平昌オリンピックに出場する選手の中でも“ダークホース”と呼ばれている土屋良輔(つちやりょうすけ)選手・・・

 

それは、2017年にレースで魅せた日本記録の樹立・・今、スケート界、新時代をつくる可能性を秘めた土屋良輔選手(つちやりょうすけ)選手。

 

今回は、初めてオリンピックへの出場を決めた土屋良輔選手(つちやりょうすけ)選手について見てゆきたいと思います。

 

スピードスケート男子に関する記事はこちら



 


土屋良輔(つちやりょうすけ)選手のプロフィール

 

 

引用: http://mainichi.jp/graphs/20161221/hpj/00m/050/001000g/12

 


 名前       土屋良輔(つちやりょうすけ)
 生年月日     1994年11月29日(23歳)
 出身地      群馬県
 身長       178cm
 所属       株式会社メモリード
                               

引用:http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=348

 

土屋良輔選手の新日本記録保持者の成績

 

 


Sponsored Links

 

 

2017 平昌オリンピックスピードスケート日本代表選手選考競技会 5000m 2位 10000m 優勝
2017 全日本スピードスケート距離別選手権大会 5000m 優勝 10000m 優勝
2016/17 ワールドカップ最終戦スタヴァンゲル大会 チームパシュート 3位
2017 アジア冬季競技大会(札幌) 5000m 銀メダル 10000m 銀メダル マススタート 5位 チームパシュート 銀メダル
2017 世界距離別スピードスケート選手権大会 チームパシュート 5位
2017 日本学生氷上競技選手権大会 1500m 優勝 5000m 優勝
2016 全日本スピードスケート選手権大会 総合2位 5000m 1位 10000m 1位
2016/17 ワールドカップヘレンベーン大会 マススタート 4位 チームパシュート 4位
2016/17 ワールドカップアスタナ大会 チームパシュート 優勝
2016/17 ワールドカップ長野大会 チームパシュート 5位
2016/17 ワールドカップハルビン大会 マススタート 5位 チームパシュート 4位
2016 全日本スピードスケート距離別選手権大会 5000m 2位 10000m 優勝 マススタート 6位
2016 世界スピードスケート大学選手権大会 1500m 6位 5000m 2位 10000m 2位
2015 全日本スピードスケート選手権大会 総合2位 5000m 1位 10000m 1位
2015 全日本スピードスケート距離別選手権大会 5000m 3位 10000m 2位
2015 日本学生氷上競技選手権大会 5000m 4位 10000m 2位
2014 全日本スピードスケート距離別選手権大会 マススタート 優勝
2013/14 ジャパンカップポイントランキング 5000m 1位
2014 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会(総合) 総合4位
2013/14 ジュニアワールドカップ・苫小牧大会 1500m 5位 3000m 4位
2014 日本学生氷上競技選手権大会 5000m 3位 10000m 優勝
2013 全国高等学校スケート選手権大会 5000m 優勝 10000m 優勝
2013 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会(総合) 総合2位
2012 全日本スピードスケート距離別選手権大会 5000m 3位
2012 全国高等学校スケート選手権大会 5000m 優勝 10000m 2位
2012 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会(総合) 総合6位 
2011 全国高等学校スケート選手権大会 5000m 2位 10000m 優勝

<ベストタイム>
1500m  1.48.97
5000m  6.14.78
10000m 13.11.88 *日本記録(2017.11.19)

引用: http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=348

 

土屋良輔選手の経歴

 

 

 

土屋良輔選手は1994年の群馬県の生まれです。

 

 


働き者のお父さんと、良妻賢母のお母さんの元でスクスク育った土屋良輔選手。スケートとの出会いも幼い頃でした。

 

 


周りより少しだけスケートを滑るのが上手だった土屋良輔選手はいつかこう思うようになりました・・

 


「スケートでは誰にも負けたくない。」

 


そう思い小学生、中学生時代を過ごした土屋良輔選手。

 

 


そして約7年前、群馬県立嬬恋(つまごい)高等学校に入学します。

 

 


そして高校1年生になったときに行われた全国高等学校スケート選手権5000mで2位、10000mで優勝を飾りました。

 


嬬恋高等学校は、実はオリンピック、スピードスケート選手を5人も輩出した超名門校だったのです・・・

 

 


そんな高校に進んだ土屋良輔選手は翌年も好成績をおさめます。

 

 


そして高校3年生になった土屋良輔選手は、5000mと10000mで2冠を達成したのです。

 


この成績は類いない努力をしなかったら、とても残せるものではありませんね。

 

 


数々の記録を残した土屋良輔選手は、高校を卒業し専修大学に進学しました。

 

 


大学時代、全日本スピードスケート選手権大会で功績をおさめた土屋良輔選手は、世界スピードスケート大学生大会にも出場し注目を集めます。

 

 


その後もワールドカップに出場したりと、経験を存分に積んだ土屋良輔選手。

 

 


自信を深める中、「もしかしたら、オリンピックに出場してメダルが獲れるんじゃないか?」

 

 


そう思えた土屋良輔選手は、練習に明け暮れました。

 


そして、土屋良輔選手はオリンピックイヤー直前の全日本スピードスケート距離別選手権大会の5000m、10000mで優勝します。

 

 


さらには、平昌オリンピックスピードスケート日本代表選手選考競技会で5000m2位、10000m優勝を飾りオリンピック出場の夢を果たします。

 

 

土屋良輔選手の高校や大学はどこ!?

 

Sponsored Links

 

土屋良輔選手は経歴からもわかるように、群馬県立嬬恋(つまごい)高等学校を卒業し、専修大学に進学しています。

 

 

土屋良輔の所属チームとコーチは誰?

 

 

土屋良輔選手のコーチについてですが、土屋良輔選手は2018年現在23歳ということで、この間まで専修大学の生徒でした。

 

 

専修大学はスポーツが強い大学でも知られていて、オリンピック選手を数多く輩出している大学でも有名ですね。今回の平昌オリンピック出場のフィギュアスケートの宇野昌磨選手も専修大学の生徒でありながら、競技生活を続けています。

 

 

土屋良輔選手は専修大学の頃はソチオリンピック スピードスケートコーチであったスピードスケードの糸川 敏彦コーチから指導を受けていたようです。

 

 

そして、オリンピックに向けての「ナショナルオールラウンド強化選手」に選ばれてからは、日本のスピードスケートのナショナルチームには、専任のコーチがつけられています。

 

 

オランタ出身の中長距嶋のヨハン・デヴィツトと短距離のビン・デルクスです。

 

 

この二人がオランダから日本へやってきて、日本のナショナルチームの合同練習などで指導しています。

 

 

もちろん、土屋良輔選手はこの二人から指導を受けて、日々成長をしているんですね!



新日本記録をだすほどの実力を持つ土屋良輔選手の所属チームが気になりますが、「株式会社メモリード」という、冠婚葬祭事業を手がけている会社に所属しています。

この会社は群馬県前橋市でウェディング・宴会・レストランを運営する「ホテルグランビュー高崎」の経営もしているようですね。

引用: 土屋良輔ワールドカップ日本代表決定_メモリード きずな、刻む日。メモリード

 

引用: 全日本距離別スケート男子5000メートル・10000メートル_土屋良輔優勝_メモリード きずな、刻む日。メモリード

 

 

そして、専修大学の頃から、スポーツサングラスの日本のメーカー金栄堂さんが土屋良輔選手のスポンサーとして、サポートをしています。サングラスは金栄堂さんの特別仕様かもしれません!

 

 

 

大学生の頃からこういった企業が土屋良輔選手をサポートして、土屋良輔選手のオリンピック出場に期待を寄せていますが、一番の期待は土屋良輔選手のご両親ではないでしょうか?

 

 

土屋良輔選手は応援する両親の思いは・・・・・・・?

 


父である和久さんは、



 夢をかなえて、おめでとう。本人は五輪での活躍を狙っている。実現してほしい。
                                   

 

母である亜希子さんは、


 親として誇りに思う。
            

引用:https://www.jomo-news.co.jp/sports/gunma/24793

 

と両親も暖かく見守る中、オリンピック出場の夢を叶えた、土屋良輔選手の可能性にも注目ですね。

 

 

スケート界の新時代をつくるであろう土屋良輔選手のオリンピックでの活躍に期待しましょう!!

 

スピードスケート男子に関する記事はこちら



 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています