戸邉直人の大学は筑波大学で博士号はホント?コーチや熱愛彼女の噂を調査!


Sponsored Links



 

 

 

日本航空(JAL)所属の走り高跳びの選手として、世界陸上の代表になった戸邉直人(とべ なおと)さん。

 

 

 

筑波大学の博士課程まで進み、博士号を取得するという、「文武両道」のアスリートです。

 

 

 

昨年のアジア大会では銅メダルを獲得しましたが、果たして世界陸上でのメダル獲得はなるでしょうか?

 

 

 

戸邉直人さんについて調べてみました。

 

 

 

戸邊直人のプロフィール

 

 

引用:https://www.jaaf.or.jp/jch/103/gallery/article/12890/

 

 

 

名前:                  戸邊 直人           (とべ なおと)

生年月日:           1992331

出身地:              千葉県野田市

身長:                  194cm

体重:                  74kg

大学:                  筑波大学

所属:                  JAL

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/戸邉直人

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

戸邊直人の経歴

 

戸邉直人さんは、中学校時代に全国陸上選手権大会で優勝し、専修大学松戸高等学校に進みます。

 

 

 

高校ではインターハイと国体で優勝し、二冠を達成。

 

 

 

この頃から走り高跳びの選手として期待されていました。

 

 

 

大学は筑波大学に進学し、2年生の時にアジア大会代表になると、5位入賞を果たします。

 

 

 

2015年には世界陸上競技選手権大会の代表に選ばれますが、その後しばらくは日本代表からは遠ざかってしまいます。

 

 

 

しかし戸邉直人さん、2018年のアジア大会代表に選ばれると、見事に銅メダルを獲得します。

 

 

 

20192月には、IAAFインドアミーティングで優勝し、13年ぶりに日本記録を更新します。

 

 

 

日本航空に入社すると、6月の日本陸上競技選手権大会で優勝し、世界陸上の代表に選ばれました。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

戸邊直人は博士号を取得

 

戸邉直人さんは、筑波大学の出身です。

 

 

 

スポーツ選手でも大抵の人は私立大学に進みますが、勉強もできる人は筑波大学に進むケースが多いですね。

 

 

 

筑波大学は国立大学なので、ちゃんと試験があり、スポーツができるだけでは入れません。

 

 

 

ちゃんと「文武両道」を実践している人でないと入ることができない体育学部です。

 

 

 

そんな筑波大学の体育学部に進んだ戸邉直人さん、なんと大学院の博士課程まで進んで、博士論文を提出、博士号を取得しました。

 

 

 

4年生になるまでは、大学院に進んで博士号をとるなどとは夢にも思わなかったそうです。

 

 

 

専攻は走り高跳びのコーチング学で、勉強と競技の両立は難しかったそうですが、研究と実践が互いにいい影響を及ぼし、無事に博士号を取得できたそうです。

 

 

 

他のスポーツでは、柔道の古賀選手なども博士号を取得していますが、将来コーチや監督として指導者の立場に立つつもりなら、スポーツ学で博士号を取得するというのは、いい選択かもしれませんね。

 

 

 

「文武両道」を実践している戸邉直人さん、ぜひ走り高跳びでも博士号ならぬメダルを獲ってほしいところです。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

戸邊直人の彼女は?

 

戸邉直人さんの彼女について調べてみましたが、何も情報はありませんでした。

 

 

 

普通に考えて、20代後半の独身男性なので、彼女はいるのでしょうが、インターネットで調べる限り、何もわかりませんでした。

 

 

 

ちなみに戸邉直人さんは漫画「ワンピース」が大変好きだそうで、その中のキャラクターであるナミがお気に入りだそうです。

 

 

 

彼女もそんな人かもしれませんね。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

戸邊直人のコーチは?

 

戸邉直人さんは、大学時代に図子浩二さんという先生に出会い、教えを受けたことで、記録がグングン伸びたそうです。

 

 

 引用:https://kaikumikodaisuki.com/18676.html

 

 

筑波大学の教官として戸邉直人さんを指導していた図子浩二さんですが、201662日に、52歳という若さで亡くなってしまいました。

 

 

 

このことがショックだったのか、戸邉直人さんはこの時期にしばらくスランプに陥り、日本代表の座を逃してしまい、2016年のリオオリンピックでは代表になれませんでした。

 

 

 

しかしその後立ち直り、日本記録を更新するなどして、再び日本代表の座を掴みました。

 

 

 

筑波大学大学院で博士号を取得した戸邉直人さん、恩師である図子浩二さんの教えが、博士論文の中に込められているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

日本記録を更新するなど、来年の東京オリンピックでの代表として期待されている戸邉直人さん。

 

 

 

前回のアジア大会では銅メダルだったので、今回の世界陸上でも好成績を残してくれるのではないでしょうか。

 

 

 

文武両道を実践するアスリートとして、スポーツバカの他の選手には負けないでほしいですね!

error: Content is protected !!