谷口慧志(レスリング)の加害者選手は誰で顔画像や名前は?今現在の被害の状況や脊髄損傷全身不随も調べた!


Sponsored Links



 

 

 

20179月に行なわれたレスリングの代表強化合宿において、拓殖大3年生で学生王者だった谷口慧志選手(22)が社会人選手(24)とのスパーリングで、投げ技を受け負傷。

 

 

 

頚髄損傷・神経断裂という大怪我を負い、全身不随の状態で「回復の見込みがない」と診断されました。

 

 

 

その際の日本レスリング協会、強化本部長だった栄和人氏の対応に問題があったとして、またやり玉に上がっています。

 

 

 

今回はその事件について調べてみました。

 

 

 



Sponsored Links



 

谷口慧志選手の事故の詳細

 

 

事故が起こったのは、レスリング日本代表強化合宿の3日目の、913日でした。

 

 

 

谷口慧志選手と相手の選手がスパーリングをしている最中、相手選手が反り投げを放つと、谷口選手が受け身を取れずに頭から落下。

 

 

 

頚椎損傷・神経断裂の重症で、なんとか一命をとりとめたものの、首から下が自力で動かせなくなってしまいました。

 

 

 



Sponsored Links



谷口慧志選手の事故後のレスリング協会の対応

 

 

 

事故当時、レスリング協会が選手を「スポーツ団体保険」に加入させていなかったことはすでに明らかになっています。

 

 

 

そして最初の手術を終え、母親が病院に支払いをした時に、協会が主催した合宿での事故なので協会が払うものだと思っていると、協会は支払わなかったそうです。

 

 

 

そして責任者だった栄和人氏の対応も、横柄で選手を気遣ったものではなかったそうです。

 

 

一度だけお見舞いに来たものの、「こちらが恥ずかしくなるような態度で、「頑張れよ」とだけ言って、5分程度で帰られました。

 

 

正直、来ないでくれた方が良かったと思ったくらいです」と母親の談。

 

 

 

そして今年328日、谷口選手と母親は、日本レスリング協会、強化本部長だった栄和人氏、相手選手らに対し、計22600万円の損害賠償を求める訴訟を起こしました。

 

 

 



Sponsored Links



谷口慧志に怪我をさせた選手は誰?

 

 

 

谷口慧志選手に怪我をさせた相手の選手ですが、週刊文春によると、

 

 

 

ALSOK所属

24

・全日本選手権三連覇の実力者

 

 

 

だということです。

 

 

 

これについて、ネットでは屋比久翔平選手では、と名前が上がっていました。

 

 

 

週刊文春には、モザイク写真が掲載されています。

 

 

 

 

そこで屋比久翔平選手のツイッターを見てみると、週刊文春のモザイク無しの写真がそのままありました。

 

 

 



Sponsored Links



 

 

屋比久翔平選手の実績を見てみると、

 

 

 

2015年全日本選手権(男子グレコローマン)-優勝

2016年全日本選手権(男子グレコローマン)-優勝

2017年全日本選手権(男子グレコローマン)-優勝

 

 

 

と、確かに全日本選手権で三連覇しています。

 

 

 

加えてALSOK所属であり、生年月日も199514日で現在24歳で、全て一致しているので、もうこれは屋比久翔平選手に間違いないでしょう。

 

 

 



Sponsored Links



 

まとめ

 

 

伊調馨選手のパワハラ問題でやり玉に挙がったレスリング強化本部長の栄和人氏ですが、今回の事件への対応を見ても、あまり誠実な人物とは言えないようです。

 

 

 

東京オリンピックに向けてメダル量産が期待されるレスリング競技ですが、それに水をさすような今回の事故。

 

 

 

協会には誠実な対応を取ることを期待するとともに、栄和人氏のような人物は一日も早く更迭してしまったほうがいいと思います。

error: Content is protected !!