田中 瑛斗(柳ヶ浦)「九州のダルビッシュ」の経歴とプロフィール!ドラフト・スカウト予想

2017年7月30日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

今回はプロ野球の日米スカウト陣が大注目する高校生、田中瑛斗(たなか えいと)選手について紹介します。プロ野球好きの方から見れば、まだまだプロとして通用しないのではないか?と思われる方が大多数だと思います。

 

しかし、今回は田中瑛斗(たなか えいと)選手のプロフィール、潜在能力やまだまだ発展途上の肉体とドラフト情報について詳しく紹介し、田中瑛斗(たなか えいと)選手の魅力をお伝えするのでよろしくお願いします。

 

田中瑛斗(たなか えいと)選手のプロフィール

 

 

引用:オー!エス! OITA SPORTS  https://os-oita.com

 

 

 名前      田中 瑛斗(たなかえいと)
 生年月日    1999年7月13日
 出身地     大分県中津市生まれ    ″
 高校      柳ヶ浦高等学校
 身長      184cm
 体重      70kg
 年齢      17歳
 高校      柳ヶ浦高等学校
 ポジション   ピッチャー

経歴
 小楠小2年から野球を始める。
 中津中では軟式野球部で主に遊撃手として活躍。
 柳ヶ浦高等学校では1年次からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍。
 50mを5秒9で走る俊足の持ち主。
 4番としてもチームを引っ張る。                    ″

引用:ヤフーヘッドライン https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

また田中瑛斗(たなか えいと)選手はこう言っています。

 

 

憧れはレンジャースのダルビッシュ。著書や動画などで研究を重ね「あんなスライダーを投げれたら楽だろうな」と笑う。指揮官も「ひょろっとしていて、高校時代のダルビッシュみたい。性格もプロ向き」とタイプを重ねる。

引用: ヤフーヘッドライン https://headlines.yahoo.co.jp/

 

個人的な意見ですが、田中瑛斗(たなか えいと)選手の目指すビジョンや指揮官が田中瑛斗(たなか えいと)選手の将来を楽しみにしている様子が伝わってきてゾクゾクしますし、今後田中瑛斗(たなか えいと)選手の名が有名になるのではないかと思い注目してしまいます。

 

 

田中瑛斗(たなか えいと)選手の投球は? 

右投左打 で最速146キロ。変化球多彩だそうです。そして、2種類のスライダーから三振がとれるのも彼の素晴らしさです。

 

 

田中瑛斗(たなか えいと)選手の発展途上のところは?

今年の九州地区では大注目のピッチャーで、ドラフト人気も今から騒がれていますが、今後はカーブやチェンジアップの正確さを高め、緩急をうまくコントロールして使うことができる技術を更に磨きをかければ、素晴らしいプレイヤーに成長すること間違いないピッチャーです。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

スカウトが田中瑛斗(たなか えいと)選手に注目する理由は?

 

引用: 週間ベースボール http://column.sp.baseball.findfriends.jp

 

 

プロのスカウトが注目するのは、潜在能力と伸びしろの大きさだ。本格的に投手を始めたのは中学3年から。経験も少ないが、肩の疲労度も少ない。入学時に62キロだった体重は、ようやく70キロに到達したところ。

引用: スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/baseball/

 

6月18日には東海大相模との“練習試合がおこなわれ、日本と米国、総勢11球団23人のスカウトが終結したそうです。

 

 

アストロズ・大慈弥スカウトは「肩幅も広いし、身体はもっと大きくなる」。ヤクルト・小川SDは「しっかり腕が触れる。今年の高校生では上位」。未知なる可能性を秘めた“九州のダルビッシュ”から目が離せない。

引用: スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/baseball/

 

まず私は、田中瑛斗(たなか えいと)選手を見るために“練習試合”にかけつけた球団の数とスカウト陣の人数に驚きました。

 

 

私の個人的な意見になりますが、まだ、発展途上の選手なだけに、野球の素人の私ですら田中瑛斗(たなか えいと)選手の身体能力の高さや年齢を考えただけでも、田中瑛斗(たなか えいと)選手の可能性の大きさやスゴサが伝わってきて思わず「すごいな」と感心してしまいました。

 

 

まだまだ若い田中瑛斗(たなか えいと)選手がこれからどのように成長するのか?はたして憧れであるダルビッシュ選手のようになれるか?などの疑問は浮かびますが、これからも将来が楽しみな田中瑛斗(たなか えいと)選手に期待したいです。

 

田中瑛斗(たなか えいと)選手は今回がラストチャンスの甲子園、厳しい目を持つプロ野球好きの方も、是非注目してみてくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links