滝沢カレンさんがムササビの赤ちゃんのお世話!ムササビがいる動物園を調べた

2017年10月1日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

8月19日夜7時から放送する『天才!志村どうぶつ園』で放送予定は「3匹のムササビ」のお世話についてです。長崎県の小諸市動物園へなんと、モデルの滝沢カレンさんが訪れて、可愛い3匹のムササビの赤ちゃんのお世話を飼育員さんと一緒にするのです。滝沢かれんさんと言えば、10万人を超えるフォロワーを持つSNSを発信していることでも有名ですが、今回のムササビのお世話は滝沢かれんさんのファンには必見ですね!

 

ムササビのイメージと言えば…体を大きく広げ、木から木へ飛び移るイメージありますよね。またムササビに似たモモンガも同じような動物ですが、どう違うのか?ムササビってどんな動物なのか?

 

ムササビの生態も含め、今回長崎県の小諸市動物園にいる3匹のムササビの赤ちゃんについて調査してみました。

 

 

まずは、今回、動物園へ訪れた滝沢カレンさんについてプロフィールをご紹介。

 

 

滝沢カレンさんのプロフィール

 

引用: https://www.instagram.com/takizawakarenofficial/?hl=ja

 

 

愛称: カレン、キャレン
生年月日: 1992年5月13日
現年齢: 25歳
出身地: 日本・東京都
血液型: AB型
瞳の色: 茶色
毛髪の色: 茶色
公称サイズ : (2012年時点)
身長 / 体重 : 170 cm / ― kg
スリーサイズ : 81 – 58 – 85 cm
靴のサイズ: 25 cm
デビュー: 2008年
ジャンル: ファッション
モデル内容: 一般
他の活動: タレント
事務所: スターダストプロモーション

引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/滝沢カレン

 

 

 

ムササビってどんな動物? ムササビの生態

 

 

まず滝川カレンさんがお世話する“ムササビ”についてまとめてみますね。

 

ムササビは木から木へ滑空する為、山奥の森林に生息しています。なんと、夜行性で地上にはめったに降りず、完全に木の上での生活をしているとのこと。

 

こんな顔をしてます。ぬいぐるみみたいで可愛いですねぇ

引用: 小諸市動物園【公式】@komorozoo

 

およそ120メートル以上も滑空できるんです。

 

ちなみにムササビは冬眠はせず、季節に合った木の実や種、葉などを食べて生きています。

 

巣作りも、太い木を選んだり、私達が住むような民家の屋根裏などにも自分たちの巣を作るんだそうです

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ムササビ

 

 

山奥に家をお持ちの方ならもしかすると家の中で出くわす!?なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

ムササビとモモンガの違いは?

 

 

ムササビもモモンガも同じ「リス亜科モモンガ族」に分類されており、ムササビはさらに細かく分類された「ムササビ属」になるそうです。

 

また大きさも最大の大きさを比較すると、全然違いがあり、ムササビは体長約25~50㎝でモモンガはそれよりも少し小さな15~20㎝ほどしかなく、体重もモモンガの方が軽いです。

 

 

引用: sciencewindow http://sciencewindow.jst.go.jp/html/sw51/sr-animal

 

大きさが関係しているのかは分かりませんが、滑空する距離もそれぞれ違いがあり、体の大きなムササビは120メートルは滑空でき、それに比べムササビよりも体の小さなモモンガは20~30メートルほどしか滑空できないみたいです。

 

生活方法にも違いがあり、モモンガは4~5匹ほどで同じ巣穴での集団生活をしますが、一方ムササビは集団生活はせず単独行動を好むそうです。

 

モモンガ

引用: http://petraku.com/momonga-musasabi-chigai-1501.html

 

 

そして、生息地も違いがあり、モモンガは世界中に生息しています。

しかし、ムササビは日本のみに生息し、国内では本州、四国、九州などに生息していましたが、今では一部の動物園で飼育されいます。

 

 

顔もなんだか、モモンガはねずみちゃんみたいな?そしてムササビはリス系のような?そんな顔の違いも感じますが、これは専門的な判断でなく、私感的なところです。

 

同じように見えて、結構違いがあることが分かりますね!

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ムササビ

 

 

滝沢カレンさん 長崎県小諸市動物園 3匹のムササビの赤ちゃんのお世話

 

 

今月8月19日土曜の夜7時から放送される『志村どうぶつ園』のコーナーで、今若者から大人気の滝沢カレンさんが長崎県にある動物園に飼育されているムササビの赤ちゃん3匹を飼育員さんと共にミルクをあげたり、滑空の練習のお手伝いにチャレンジするとのこと。

 

始まりは、今年の6月から2ヶ月間だったそうです。動物園のスタッフの方とのご挨拶から・・・・・。

 

 

その3匹のムササビの赤ちゃんはというと…

 

メスの「ここ」と「もも」、それとオスの「ろろ」という可愛いお名前の三匹。名前は小諸市のホームページからも募集し、沢山の票を獲得したこのお名前にそれぞれ決定したそうです。

 

そして滑空の練習を経て、8月からスタートの園の『ナイトズー』で滑空のお披露目を予定しておりましたが、2017年6月28日に「ここ」、「もも」、「ろろ」の三匹のうち、「もも」が肺炎によって永眠されたことが園のSNSにて報告されていました…。

 

26日よりももの食欲が減って獣医師による診察を受け、看病していたが残念ながらそのまま28日に息を引き取ったそうです。

 

 

姉妹の「ここ」と「もも」は2017年4月17日に小諸市動物園にて保護され、それからは食欲旺盛でもも保護当時の体重が136gだったのが700gまで増えて元気に育っていました。

 

オスの「ろろ」と追いかけっこして遊ぶなど、快活なメスの「もも」でした。

引用:https://twitter.com/komorozoo (小諸市動物園 公式Twitter)

 

これにより、園のスタッフは“『「もも」の分まで「ここ」と「ろろ」と頑張っていきます。』”と話しています。

 

 

引用: 長野県小諸市@komorocity

引用: 小諸市動物園【公式】Verified account@komorozoo

引用: 小諸市動物園【公式】@komorozoo

 

 

小諸市動物園、滝沢カレンさんのムササビのお世話とふれあい体験ができる時間

 

小諸市動物園では滝沢カレンさんがお世話したムササビと一般の方がふれあい、お世話できる時間をもうけているそうです。

土日祝の午後1時半のムササビお世話タイムがあるそうです!行ってみると、このかわいいムササビちゃんと触れ合えますよぉ~!

 

引用: 小諸市動物園【公式】@komorozoo

 

 

 

 

 

日本でムササビが見れる(飼育)している動物園

 

関東

 

上野動物園(東京都)

多摩動物公園(東京都)

 

中部・関西

 

東山動植物園(愛知県)、

安佐動物公園(広島県)

とべ動物園(愛媛県)

京都市動物園(京都)

富山市ファミリーパーク

 

九州

 

到津の森公園(福岡県)

平川動物公園(鹿児島県)

 

 

参考: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423585894

 

 

 

滝沢カレンさん 3匹のムササビを飛べるようになるまでお世話 まとめ

 

 

ムササビとモモンガって何が違うの?!と思っていましたが、今回を通して知ることができました!

 

でも、ムササビもモモンガも翼は無い為“飛ぶ”のではなく“滑空”をするのですから、すごいですよね。

 

高いところから風と体の大きな皮膚を利用して、滑り飛んで他の木へ飛び移るわけですよね!しかも120メートル以上も移動できるなんてもう鳥と変わりませんね♪

 

そして、滝沢カレンさんはこの3匹のムササビを飛べるようになるまでお世話をする企画でしたが、密着4ヶ月間の間にこのような悲しい日を迎えることになってしまいましたが、残された「ここ」と「ろろ」は無事お客さんの前で滑空を成功させることができたのでしょうか?!

 

 

引用: 小諸市動物園【公式】@komorozoo

 

 

また急死したメスの「もも」については本当に残念ですね…。

 

きっと密着していたスタッフや滝沢カレンさんも突然のことで驚きと悲しみでいっぱいだったと思います。

 

もちろん3匹のムササビに名前を募集した時に、投票に参加された方々も含め悲しむ声は沢山あったのでは?と思います…

 

ムササビの寿命は10年ほどらしく、この子達は森林の伐採が原因で母親とはぐれたところ保護され、この小諸市動物園にやってきました。

 

もし、森林伐採など人間がしていなければ、今頃3匹は母親と元気に木から木へ滑空できてたのかな?

 

母親はどうしてるのかな?なんてことを考えると、悲しいですね…

 

ですがこの園に救われた3匹は生きることができ、ももは残念でしたが、残った2匹のムササビ達が、今現在ももの分までナイトズーで活躍されていればいいな。と思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


Sponsored Links
Sponsored Links