高須克弥院長の子供は何人で職業や大学は?嫁も気になる!資産や年収を調査!


Sponsored Links



コロナウィルスに対して早くから危機感を募らせていた高須克弥院長。

 

その予感が悪い方に的中し、現在の日本は緊急状態にあります。

 

今回はそんな高須克弥院長について調べてみました。

 

高須克弥院長のプロフィール

 

 


本名:高須克彌(たかすかつや)

生年月日:1945年1月22日

出身地:愛知県西尾市

学歴:昭和大学医学部医学科卒業

配偶者:高須シヅ(1969年 – 2010年、死別)西原理恵子(2012年 – 、事実婚)

(https://ja.wikipedia.org/wiki/高須克弥)

 

高須克弥院長の家は江戸時代から続く医師の家系です。

 

父親は、41歳で他界し小児科医の祖母に育てられます。母親は産婦人科医であった為、多忙で、多く接する機会はありませんでした。

 

幼いころの夢は漫画家で、東海高校を卒業後に昭和医科大学に入学します。

 

前妻のツジさんとはここで出会います。

 

大学時代は空手やアイスホッケーを行います。中でもアイスホッケーは自身が部を新設し初代主将を務める程でした。

 



Sponsored Links



 

高須克弥院長の経歴は?!

 

 

大学卒業後は整形外科医局に所属します。

 

その後、西ドイツやイタリアに研修留学を果たし、1976年11月に愛知県名古屋市に高須クリニック開設します。

 

その後、1977年に著書「危ない美容法」がベストセラーになりTV出演が急増します。

 

しかし、1990年に高須クリニックの会計責任者が、保険外の医療収入を少なく申告する手口で8億7000万円を脱税したとして起訴されてしまいます。

 

高須克弥院長自身は脱税に関与していませんでしたが、代表として裁判に掛けられます。

 

そして、医業停止1年間の行政処分を受ける事態となります。

 

しかし、奥さんの助力もあり、復活します。

 

2011年には、昭和大学にて医学部の形成外科学(美容外科学部門)客員教授に就任死するなど医学会にも貢献しながら、タレントや大相撲などのスポンサーとしても辣腕を振るいます。

 

ツイッターなどでの発言は度々炎上しますが、自身もそれを楽しんでいる模様です。

 

 



Sponsored Links



 

高須克弥院長の子供は何人で職業や大学は?

 

 

高須克弥院長には子供が3人おり、全員医療関係に従事しています。

 

長男の高須力弥さんは現在、医療法人社団福祉会会長 、高須クリニック名古屋院・大阪院理事を務めています。

 

 

愛知医科大学医学部を卒業した後、高須クリニック東京院と横浜院の副院長を務めた後に理事になっています。

 

次男の高須久弥さんは高須クリニック大阪院で歯科ドクターをしています。

 

松本歯科大学を卒業後、歯科医として従事しています。

 


3男の高須 幹弥さんは高須クリニック名古屋院で院長を務めています。

 

藤田医科大学を卒業し、2001年から高須クリニックに勤務し、2007年(平成19年)に名古屋院の院長に就任しています。

 

2013年に当時SKE48メンバーであった松村香織さんの頭部の薄毛の治療を担当した事で話題になります。

 

現在はユーチューバーとしても活躍しています。

 

 

 



Sponsored Links



 

高須克弥院長の嫁も気になる!

 

 

高須克弥院長は先述した通り、大学の同級生であったツジさんと結婚していました。

 

しかし、2010年に肺がんによってツジさんが亡くなります。

 

その後、2012年に漫画家の西原理恵子さんと事実婚である事が判明します。

 

二人は、大相撲中継によく見切れており、仲睦まじい様子がテレビでも確認できます。

 

 

 

しかし、2020年2月に発売された西原理恵子さんの著書「ダーリンは74歳」で初めて、離婚の危機があった事が明かされました。

 

 

 



Sponsored Links



高須克弥院長の資産や年収を調査!

 

 

高須克弥院長は、全国に自身の医院を持っており、年収は50億とも言われています。

 

その為、資産が凄いのではと噂になりました。

 

しかし、高須克弥院長は資産を残さないと公言しています。

 

幼い頃から母親に人を喜ばせるのが何よりも大切だと教わっていたことから、各所に数億円単位で寄付しています。

 

阪神・淡路大震災の際には、無償で治療し7000万円を寄付しています。

 

2011年の東日本大震災の際は被災者を無料で治療したほか、10億円の寄付をしています。

 

その他にも、台湾地震の際やチベット難民の為、パラオにと国際的に支援を続けています。

 

 

この様に高須克弥院長は、多くの収入を得ますが、それに比例して困った人たちの為、数多くの寄付や支援を行っている人格者であることが分かります。

error: Content is protected !!