桜林直子(サクアバウトクッキーズ)の通販や値段は?娘が絵を描くギフトボックスとお店を調べた!

Sponsored Links
Sponsored Links

 

今回とりあげるのは、お土産やギフトなどのプレゼントにとっても喜ばれると話題のアイシングクッキーのお店「SAC about cookies」(サクアバウトクッキーズ)を経営する女性、桜林直子さんについてです。

 

アイシングクッキーとは、クッキーの表面をカラフルな色の砂糖や卵白でコーティングしたもので、割れいくいことや日持ちがすること、可愛らしい見た目といろんなデザインができることから、結婚や出産のお祝いや誕生日のプレゼントに選ばれることの多いお菓子です。

 

桜林直子さんの「SAC abouto cookies」ではハロウィンやクリスマスなどの時期限定のものや、節分、父の日などにうってつけのちょっとおもしろいデザインのものがあるようで、そのデザインのかわいらしさと味の良さから雑誌などでとりあげられることも多いのだとか。

 

そして桜林直子さんの一人娘であるあーちんの描くイラストの素敵なこと!

 

 

娘さんのほうはその素敵なイラストで「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載をされています。

 

 

なんだかとってもおもしろそうな親子さんですよね。

 

 

では、くわしくみていきましょう。

 

 

桜林直子さんプロフィール

 

引用: https://twitter.com/sac_ring

 

 

1978年生まれ。

東京都出身。

2002年に結婚し娘を出産。ほどなく離婚をしてシングルマザーの道を選ぶ。

SAC about cookiesのオーナー

 

桜林直子さん経歴

 

洋菓子業界で経理や商品開発の仕事を12年したのち2011年に独立し「SAC about cookies」を開店。

 

娘のあーちん(15歳)は2012年から「ほぼ日刊イトイ新聞」にてマンガ、イラストを連載中。

 

12年間会社員として働いてきた桜林直子さんが、独立してクッキーのお店をするきっかけになったのは、娘のあーちんが小学校にあがって初めての夏休みを迎えた時だったそうです。

 

あーちんには40日間も休みがあるのに自分には4日くらいしかない。自分が仕事に行っている間、あーちんがすごく時間をもてあましているのを見て、これは非常に良くないなと感じたという桜林直子さん。

 

これを6年間続けるのは絶対に避けたいと思った桜林直子さんは、次の4つのことを守れる仕事をと考えたそうです。

 

○夏休みがきちんととれること

○シングルマザーなのでしっかり稼げること

○好きに時間が使えること

○あーちんの学校以外の場所を見つけること

 

これを考えていきついたのが、独立してクッキーのお店を開こうということだったそうです。

 

この4箇条、私にも2歳の娘がいますので、何度もうなずいてしまうくらいよーーーく気持ちがわかります。

 

子どもとじっくり向き合う時間をつくるためなら、借金してでもそういう時間を確保したいくらいですもの。

 

こういうきっかけで始められたお店は実店舗は渋谷に一つ、そしてウェブでの販売もしています!

 

桜林直子さんはそもそもお店をはじめるにあたって二人体制でいこうと決めていたということで、過去につながりのあったパティシエのかたと一緒に始めています。

 

二人体制だとずっとお店にたたなくてもいいので時間の融通が利きますものね。

 

働くうえで大事にしていることは?「機嫌良く働く事」。

 

私もその考え大賛成で~す。

 

娘さんとの時間をなにより大切にと考えたら自分に最適な働き方ができたということですよね。

 

考えて動くことの大切さを学んだような気分です。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

娘のあーちゃんは15歳にしてイラストレーター

 

さて、そんな風にお母さんにしっかり向き合ってもらって育った娘さん、あーちんは、今現在15歳、中学2年生。

 

 

ちいさな頃から絵を描くことが好きで、良く描いていたようで、2歳の時にはすでにジャガイモキャラクターを生み出していたとか。

 

じゃがいもに手足があるイラスト。夢がありますねぇ~子供の発想って。

 

現在は、その才能が認められて、「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載中~!

 

「ほぼ日刊イトイ新聞」に登場する「くまお」は3歳の頃から描いているキャラクター。

 

とてもかわいいですよ!

 

あーちゃんのイラストは書籍化もされているそうで、中学生といえども、もうりっぱなイラストレーターなんです。

 

「くまお」の連載の他にも本の表紙などの依頼も受けていて、描いています。

 

やっぱりお母さんである桜林直子さんがきっかけ作りをしていて、「ほぼ日マンガ大賞2012」に応募して、そこで入選したことだそうです。

 

お母さんとして、娘であるあーちんのことをしっかり観察してきたからこそ、娘さんの”好き”をこういう形で引き出せたのでしょうね。

 

桜林直子さんは、「自分が何をしたいのか、自分自身がよく分かっていること」をあーちんにはいつも考えるよう育ててきたと語っていました。

 

なぜかというと・・・・・、

 

そうやって自分のことをよく知っていれば、あーちゃんが大きくなっていろんな人と関わる時がかならずやってきますよねぇ。

 

自分と違う考えの人と出会っても、それを自然と受け入れることができるし、自分の考えを大事にできると相手の考えも尊重することができる、そう考えてのことだそうで・・・・。

 

とってもすてきな感覚です。

 

お母様の桜林直子さんが人と人とのコミュニケーションで大事にしているそのものをあーちゃんにさりげなく伝えているんですねぇ。

 

そしてあーちゃんは今、しっかり自分というものを捉え、それをイラストやマンガという形で表現しています。

 

見ていると、自分な好きな事を持って、その才能がどこかで認められて、自然と人がひきよせられてくる、それを理解して作品を書いている、子供ながらにもう大人の感覚なんですね!

 

娘のあーちゃんとコラボのクッキーと値段

 

SAC about cookiesの図案はお嬢さん(娘)のあーちゃんが描いています。だからクッキーの1つ1つが本当に昔のアメリカのカントリー風なんです。

 

あーちゃんの図案で焼き上げたクッキーに綺麗色でアイシング。素朴ながら本当にこんなのあったらいいなぁ~なんですね!

 

オシャレなボックスにも入っていて、ギフトにピッタリですね。

 

いくつか紹介します。

 

こちらのクリスマスのクッキーギフトクッキーはボックスに入って、販売価格:2,100円(税込2,268円)です。

 

こちらのSACクッキーセット(おうち箱)は販売価格: 1,450円(税込1,566円)です。

 

ハロウィンのクッキーもかわいいですね~。毎年10月に買えるので、お楽しみにぃ~!

 

レモンクッキーは 販売価格: 1,800円(税込1,944円)

 

渋谷にあるお店には、アイシングクッキーを中心にハロウィンやクリスマスのデコレーションなど、かわいらしいクッキーが並びます。

 

ギフト用のオリジナルの箱もあってプレゼントにも喜ばれること請け合いです。

 

オンラインショップでも買うことができますよ。

 

お値段はリーズナブルです!

 

サイトに行くともう少し種類はあるので、ご覧くださいね!

 

http://sac-about-cookies.com

 

SAC about cookies

 

店舗情報

営業時間:11:00~19:00

定休日:日曜日、第2・第3月曜日

〒151-0063

渋谷区富ヶ谷2‐17‐12 1F

TEL/FAX 03-6804-7924

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Sponsored Links
Sponsored Links