坂手淳史の中学・高校や結婚相手の(嫁や彼女)が話題!両親もバレー選手はほんと?


Sponsored Links



 

 

現在行われているラグビーワールドカップで、日本代表のフッカーとして活躍中の坂手淳史(さかて あつし)さん。

 

 

 

中学時代から選抜に選ばれ、高校で日本代表、大学では選手権7連覇という輝かしい実績を持っていますが、どのような選手なのでしょうか?

 

 

 

出身学校や奥さんのこと、また両親のことなどについて調べてみました。

 

 

 

坂手淳史さんの話題です。

 

 

 

 

ラグビーに関するその他の記事はこちら

 

坂手淳史のプロフィール

 

 

引用:https://panasonic.co.jp/sports/rugby/member/sakate_atsushi/

 

 

 

名前:                  坂手 淳史           (さかて あつし)

生年月日:           1993621

出身地:              京都府

身長:                  180cm

体重:                  104kg

大学:                  帝京大学

ポジション:       フッカー

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/坂手淳史

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

坂手淳史の経歴

 

 

 

坂手淳史さんは、中学からラグビーを始めます。

 

 

 

京都成章高等学校時代には、高校日本代表に選ばれました。

 

 

 

2012年に帝京大学に入学すると、2015年には主将になり、全国大学選手権7連覇に貢献しました。

 

 

 

2016年にパナソニックワイルドナイツに加入すると、その年には日本代表初キャップを獲得します。

 

 

 

2017年にはサンウルブズのスコッドに招集されます。

 

 

 

20198月には、ラグビーワールドカップの日本代表に選ばれました。

 

 

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

坂手淳史の出身校は?

 

 

 

坂手淳史さんの出身中学は、京都市立神川中学校です。

 

 

 

家族がバレーボール一家ということで、坂手淳史さんも元々はバレー少年だったそうですが、この中学校にはバレー部がなかったので、ラグビーを始めることになりました。

 

 

 

そしてラグビーに本格的に打ち込むために、高校は京都の京都成章高等学校に進学しています。

 

 

 

この学校はラグビーの名門校として知られており、監督の湯浅泰正さんに「歴史を変えよう」と言われてスカウトされたことで、この学校に進むことを決めたそうです。

 

 

 

高校時代にも活躍を続け、在学中に二回、全国大会である花園に出場しています。

 

 

 

また坂手淳史さんは高校時代に、高校日本代表に選ばれています。

 

 

 

当時から高校ラグビー会では名前が知られた選手だったようです。

 

 

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

坂手淳史の結婚相手は?

 

 

 

坂手淳史さんは既婚者で、奥さんがいます。

 

 

 

現在26歳の坂手淳史さんですが、奥さんはどのような人なのでしょうか?

 

 

 

奥さんは一般女性で、ツイッターやインスタグラムを調べてみても、どのような人なのかは出てきませんでした。

 

 

しかし・・・インスタにこんなお二人の写真が??この接近加減は普通ではありませんねぇ?
ファンでもないし、姉妹か奥さんか?知り合いか?顔が似ていることから姉妹かもしれませんが・・・・

嫁、妻の可能性もありです。

 

 

 

 

 

 

しかしツイッターに、友達のお子さんを抱っこしている写真が掲載されています。

 

 

 

 

友達の子供さんと一緒に写っているので、まだ本人のお子さんはいないのかもしれませんね。

 

 

 

坂手淳史さんはまだ26歳と若いので、これから可愛いお子さんを作るのではないでしょうか。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

坂手淳史の両親はバレー選手

 

 

 

 

坂手淳史さんのお父さんは仁史さんといい、お母さんは真弓さんといいます。

 

 

 

二人とも実業団の経験のあるバレーボール選手だったそうです。

 

 

 

その影響で、坂手淳史さんも中学校に入るまではバレーボールをしていたそうです。

 

 

 

けれど入学した中学校にバレーボール部がなく、幼馴染である南藤辰馬さんが「ラグビー部に入ろう」と誘ったことで、二人一緒にラグビー部に入ったのだそうです。

 

 

 

両親がスポーツ選手だったということで、生まれ持った運動神経には高いものがあったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のラグビーワールドカップでは、日本はすでに3勝を挙げ、初の予選リーグ突破も見えてきました。

 

 

 

その日本代表のフッカーとして活躍する坂手淳史さん、どのような活躍を見せてくれるでしょうか?

 

 

 

楽しみですね!

 

 

ラグビーに関するその他の記事はこちら

 

 

 

error: Content is protected !!