サディオマネのプレースのスピードを動画で解説!怪我の状態と復帰はいつ?

Sponsored Links



今回は、日本と対戦するセネガル代表から。スピードあふれる驚異のアタッカー、サディオ・マネ選手を紹介します。

 

 

リヴァプールの一員として、欧州チャンピオンズリーグ決勝にも出場する注目の選手です!

 

 

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノらと肩を並べて有力選手と言われているサディオ・マネ選手、「ぼくの夢は、チャンピオンズリーグでプレイをすること」と語るサディオ・マネ選手。

 

 

前年ながら4月のローマ戦で負傷していますが、怪我の状態や復帰についても調べてみました。

 

サディオ・マネ選手のプロフィール

 

 


Sponsored Links

 

 

 

 



名前:サディオ・マネ選手

生年月日:1992410日(歳)

身長・体重:175cm 69kg

所属クラブ:ザルツブルグ→サウサンプトン→リヴァプール

国際Aマッチ:47試合14得点(20183月現在)



         

サディオ・マネ選手はオーストリアのザルツブルグでキャリアをスタートさせ、吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)を経て、現在はリヴァプールに所属しています。リーグ戦やチャンピオンズリーグで活躍。

 

フィルミーノ(ブラジル)、モハメド・サラー(エジプト)と構成する3トップは「ヨーロッパ最強」との声もあるほどです。

 

サディオ・マネ選手の怪我の状態と復帰はいつ?

 


Sponsored Links

 

リバプールでは、今シーズン負傷者が相次ぎ、大変な危機に陥っています。

 

 

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノらの有力選手と肩を並べてリバプールをけん引したサディオ・マネ選手。

 

 

今季、44試合の式戦で20ゴールを決めて、レアル移籍の噂もでている今日このごろ。

 

 

先日、残念ながらこれだけの牽引力を持つサディオ・マネ選手はチャンピオンズリーグ準決勝のローマ戦、ファースト・レグで、太腿を痛めて病院に運ばれたサディオ・マネの怪我の状態が心配されていますね!

 

 

その後、ストーク戦ではメンバー外となり、その事が、W杯は大丈夫なのだろうか?と言うファンの心配を煽りました。

 

 

それにしても、リバプールでは負傷者が相次いでいるだけに、一層の不安が不安を呼んでいます。

 

 

サディオ・マネ選手について、ユルゲン・クロップ監督が記者会見でサディオ・マネ選手の怪我の状態を公式に発表

 

 

「まだ100パーセント正確なことは言えないんだ。もちろんドクターに診てもらったし、X線も撮った。だが、膝の腫れが引かないと正確な診断はできないんだよ」

 

 

サディオ・マネ選手のの負傷は深刻ではないと発言されました。

 

 

この写真は2017年、去年負傷した時のものです。

☝️️🙏Merci Allah pour tous 🙏☝️

Sadio Maneさん(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

 

その後、ユルゲン・クロップ監督の発言では順調に回復し、5月にはコンディションはピークに達しました。

 

 

残念ながらヨーロッパチャンピオンでは、レアル・マドリッドを打ち倒すことはできませんでしたが、W杯でのサディオ・マネ選手のスピード感ある戦う姿勢をおおいに期待したい所です。

 


欧州サッカー5大リーグを見るならDAZN
年間7,500以上のスポーツ映像も楽しめる
今なら31日間無料トライアル ↓

 

 

サディオ・マネ選手のプレースタイルW杯:セネガル代表FW ) 

 

 

サディオ・マネ選手の特長は何といっても、スピード。アフリカ人選手らしく、チーターのような爆発的なスピードを持っています。

 

 

リヴァプールでは、フィルミーノ、サラーと強力な3トップを形成し、攻撃をけん引しています。

 

 

フィルミーノ(中央)がボールを受け、両サイドに爆発的なスピードのあるサラー(右)、マネ(左)のスピードを生かせるようなパスを出す。

 

 

 

引用:Sadio Mane – Liverpool FC – Skills & Goals – 2016/17 HD

 

これがリヴァプールのもっとも得意とする攻撃パターンの一つです。

 

 

スペースに出たボールを追いかけるのはもちろんサディオ・マネ選手の得意技です。

 

 

自陣の低い位置でボールを受けたとしても、細かいステップとスピードを生かしたドリブルで2人、3人とかわしていくことができます。

 

 

特に切り返しの鋭さは秀逸で、急速な方向転換は、DFに尻もちをつかせるような鋭さです。

 

 

 

サディオ・マネ選手のもう一つの武器は、左足のキック力でしょう。

 


Sponsored Links

 

引用:Sadio Mane 2018 ● Dribbling Skills, Assists & Goals ● 2017-2018 season

 

右にいくと見せかけて左へ急速に方向転換。前に行くと見せて足の裏で止めて、もう一度前へ。

 

 

サディオ・マネ選手のドリブルの特長は、このような切り返しや緩急の妙であると言えます。

 

 

スピード、ドリブルに加えて脅威なのは、左足のシュート力です。

 

 

先日のプレミアリーグのチェルシー戦では、チームは敗れたものの、サディオ・マネ選手は遠目からのシュートで相手に脅威を与えていました。

 

 

ゴールから遠くても、きっちりと低い弾道のシュートを枠にとばす。

 

 

どこにいても相手を休ませない、恐ろしいストライカーだと思います。

 

 

サディオ・マネ選手 ロシアでの注目ポイント(W杯:セネガル代表FW ) 

 


Sponsored Links

 

W杯の注目ポイントとしては、日本代表がこの選手をどう抑えるかという観点で話をしたいと思います。

 

 

まず、サディオ・マネ選手と相対するポジションには、スピードがあり一対一に強い長友(ガラタサライ)か、車屋(川崎)を起用するのがいいと思います。

 

 

サディオ・マネ選手はセネガル代表では右サイドで起用される公算が高いようです。

 

 

例えば車屋であれば、スピードを生かした守備に定評があり、センターバック経験もあるだけにカバーリング能力にも優れていますから、サディオ・マネ選手対策にはうってつけの選手だと言えます。

 

 

CBには、相手に最短の距離でアプローチにいく力のある三浦(G大阪)を配置し、左サイドバックのサポートをする必要があると言えます。ボランチには、フィジカル能力、危機察知能力に優れた山口蛍(C大阪)。

 

 

サイドバック、センターバック、ボランチで常にサディオ・マネ選手を警戒する体制を敷くのが重要と考えます。

 

 

日本の話になってしまいました() サディオ・マネ選手は、日本戦以外で、そのスピードを存分に生かして暴れてもらいましょう! 


欧州サッカー5大リーグを見るならDAZN
年間7,500以上のスポーツ映像も楽しめる
今なら31日間無料トライアル ↓

 

コロンビア代表との試合で、クアドラードとのスピード対決など面白そうですね!

 

 

セネガル代表のサディオ・マネ選手は今大会もっとも注目の一人であることは間違いありません。注目しましょう。

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています