琉花(るか)ハーフモデルが女優へ!プロフィールと家族

2017年8月14日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

マジョリカマジョリカのイメージキャラクターとして注目の琉花(るか)さんはハーフモデルとして生後3か月からモデルをされています。まるで、天使のように可愛いかったでしょうね。今この琉花(るか)さんの女優としての顔に注目が集まり、ファッション誌やミュージックビデオなどでかなりとりあげられています。

 
5月1日に発売された「CYANissue013」のカバーに、琉花(るか)さんが起用されました。「CYAN(シアン)issue013」ってどんな雑誌?出版社カエルムが季刊発行しているビューティー雑誌です。

 

引用: etrenne http://www.etrenne.com/

 

他にも、「装苑」「GINZA」「SPUR」等々知名度の高い雑誌に登場しています。琉花(るか)さんはミステリアスでその独特の存在に引き込まれていくような方です。

 

 

琉花(るか) プロフィール

 

引用: https://maquia.hpplus.jp

 

芸名: 琉花
芸名: 琉花(るか)
性別: 女性
生年月日: 1998/1/19
星座: やぎ座
干支: 寅年
血液型: A
出身地: 東京都
身長: 166 cm
靴のサイズ: 24.5 cm
経歴: モデルとして雑誌などで活躍。主な出演作品は、イメージモデル『資生堂 マジョリカマジョルカ』、雑誌『装苑』『Free&Easy』『commons & sense』『OCEANS(表紙)』『キッズ&ガールズ』『インテリアのルール29(エクスナレッジ)』『request-QJ(表紙)』、写真集『シャッター&ラブ-10人の女性写真家たち-』ほか。
代表作品1 イメージモデル『資生堂 マジョリカマジョルカ』
代表作品2 雑誌『OCEANS』
代表作品3 雑誌『request-QJ』
職種 モデル

引用: weblio   http://www.weblio.jp/content/

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

 

1998年1月19日生まれのやぎ座でA型で現在19歳。出身地は東京都、スリーサイズはB78、W58、H88です。身長167㎝、体重は非公開かな?素晴らしいプロポーションをお持ちなことは確かです。

オーストラリア人と日本人のハーフで、幼い頃から、モデルとして活躍されています。

琉花(るか)さんが最近話題となったキッカケは、資生堂のブランド「マジョリカマジョルカ」のカバーモデルに起用され一躍注目度が高いモデルさんになりました。

透き通るような美しさの琉花さんですが、ぷっくらした唇がとても魅力的です。

琉花(るか)さんはファッションモデルとしてだけでなく、また違ったジャンルでも活躍されていて、映画「CONINサーガ」に出演。菊池麻美(土屋アンナ)の少女時代を演じられました。女優としての道を歩み始めています。

それに、なんとキックボクシングをやってみたいそうで、好奇心旺盛な琉花(るか)さんで意外な一面も持たれています。ストレス解消でしょうか?ケガしないように楽しんでいただきたいですね。美しくしなやかな最強ボクシングも見てみたいものです。

 

 

 

琉花(るか)という名前の由来について調べてみました。

 

 

「琉」の意味は、一文字では、特定の意味はもたず、他の漢字を組み合わせて初めて意味を持つのだそうです。思いあたるのが、「球」と組み合わせた沖縄の「琉球」

「琉」は1997年11月から人の名前に使えるようになりました。比較的新しい人名漢字です。「琉」は「リュウ」の響きで男の子の名前に使われています。

女の子の名前には、「琉」より同じ意味・読みがある「瑠」が使われることが多いようで、しかし、「琉」を「ル」と読んで女の子の名前に使うこともあります。

「琉」の字は、「琉球」から沖縄の青い海、青い空、澄みきった雰囲気が感じられて、「花」のようにきれいで可憐であり、そして広い心、優しい人であるようにとの想いでしょうか。琉花(るか)さんの透明な輝きと可憐な雰囲気にピッタリですね。

 

引用: thekimonogallery.tumblr.com

 

 

 

琉花(るか)さんの家族

 

 

琉花(るか)さんはお父様が、カメラマンで、オーストラリアと日本人のハーフです。お父様がオーストラリア出身で、その姿を小さい頃から見て育ったので、中3頃から写真が好きになったようで、本格的にフィルムを使って撮影するのだそうです。暗室で薬品を使って、現像するのだとかプロ並みですね。お母様や兄弟姉妹については未だ明かされていません。

 

 

日本のハーフタレントについて

 

 

琉花(るか)さんは、神秘的で哀愁漂う、独特な雰囲気が感じられます。そこで、ちょっと視点をかえて、可愛い元気系のハーフタレントさんをご紹介します。
多くのハーフタレントさんが、活躍されていますが、上位五人に絞り込んでみました。
第5位:江尻エリカ 父:日本人 母:アルジェリア人
第4位:加藤ローサ 父:イタリア人 母:日本人
第3位:トリンドル玲奈 父:オーストラリア 母:日本人
第2位:マギー 父:カナダ人 母:日本人
第1位:ローラ 父:バングラデシュ人 母:日本人とロシア人のクオーター
以上の結果でした。

 

ハーフの人って、どうしてこうも可愛いいのでしょうね!羨ましい限りです。琉花(るか)さん、これからもさらに美しさに磨きをかけ、どんどん成長してほしいなと思います。

今後の活動について、琉花(るか)さんはこう語っています。「お芝居もやりたいし、もっといろいろなことに挑戦していきたい。写真もレベルアップしたい」と。今、毎日がワクワクで楽しい時でしょうね!素敵な大人の女性になられること、見守りながら応援していきたいですね。

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links



芸能

Posted by wikiwiki