ハカ(ダンス)の意味や伝説のハカを調べてみた!各国のハカバトル(合戦)などを動画で紹介!


Sponsored Links



 

 

 

ラグビーの試合の前に、オセアニア地区のチームが行う戦いの前の踊りがハカです。

 

 

 

「ガンバッテ、ガンバッテ、ゴー」というニュージーランドのハカが特に有名ですが、他にもオセアニアのチームには独自のハカがあります。

 

 

 

今年の秋の日本で行われるラグビーのワールドカップでも、各チームが特色のあるハカを見せてくれるでしょう。

 

 

 

ここではそのハカについてまとめてみました。

 

 

 

 

ハカの意味やいわれ

 

 

 

ハカとは元々、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族が、戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示して、相手を威嚇するための舞踏です。

 

 

 

英語で「WAR CRY」と呼ばれ、これは「戦いの雄叫び」、日本語では「鬨(とき)の声」と呼ばれます。マオリ族のWAR CRYを「ハカ(HAKA)」と呼ぶわけです。

 

 

 

ニュージーランドでは一般的な民族舞踏であり、現在では相手に対して経緯や感謝の意を表するための舞として披露されます。

 

 

 

そのため、結婚式や卒業式、開会式や歓迎式典、また葬儀などのあらゆる場面で目にします。

 

 

 

 



Sponsored Links



 

ラグビーの試合でのハカの起源

 

 

 

ラグビーの試合でハカを初めて踊ったのはニュージーランド代表つまりオールブラックスで、1905年のイギリス遠征の際に始まったと言われています。

 

 

 

この時に戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後オールブラックスのトレードマークになりました。

 

 

 

試合の前にハカを舞う意味は、オールブラックスがこの対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意味が込められています。

 

 

 

ハカを声で先導するリード役は、マオリの血を引いた選手が担当するのが慣例となっています。

 

 

 

現在のオールブラックスでは、TJ・ペレナラ選手が務めることが多いです。

 

 

 

オールブラックスのハカには「カマテ(Ka Mate)」と「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の二種類あり、元々カマテを踊っていましたが、2005年頃に新たにカパオパンゴが作られました。

 

 

 

 

よくハカを「ガンバッテ、ガンバッテ」と聞こえるといいますが、これは「カマテ」と言っています。意味は「私は死ぬ!」というものです。

 

 



Sponsored Links



 

 

他の競技でのハカは?

 

 

 

ニュージーランド代表チームは、ラグビーだけでなく、いろいろなスポーツでハカを踊っています。

 

 

 

野球のニュージーランド代表は、は国際大会デビュー戦となる2013ワールド・ベースボール・クラシック予選の初戦でハカを踊りました。

 

 

 

またサッカーニュージーランド代表、ホッケーニュージーランド代表、アイスホッケーニュージーランド代表、バスケットボールニュージーランド代表も、試合前にハカを舞うことがあります。

 

 

 

 

 

各国のハカバトル

 

 

 

ニュージーランド代表だけでなく、オセアニア地区のラグビー代表チームは、それぞれ独自のハカを持っています。

 

 

 

まずサモア代表のハカ、「シヴァタウ(Siva Tau)」です。

 

 

 

 

なんとなくリズミカルでダンサブルな印象ですね。

 

 

 

「ダンス」という感じがします。

 

 

 

また、フィジー代表のハカ、「シビ(Ci bi)」です。

 

 

 

 

これは戦いの時に槍を持っていて、それを肩の上に掲げているようなポーズで踊っていますね。

 

 



Sponsored Links



 

 

いかにも戦いの前に行う舞踏という感じです。

 

 

 

そしてトンガ代表のハカ、「シピ・タウ(Sipi Tau)」です。

 

 

 

 

これは雄叫びを高い声で上げていて、ダンスも上下に激しい動きですね。

 

 

 

なんとなく日本のヒーロー物の変身ポーズのようなダンスです。

 

 

 

・・・と、このように、各国にはそれぞれのハカがあります。

 

 

 

ラグビー世界選手権ではオセアニア地区チーム同士の対戦ももちろんありますから、ハカバトルも繰り広げられることになります。

 

 

 

試合前にそれを見るのも楽しみですね。

 

 

 



Sponsored Links



 

 

 

まとめ

 

 

 

今回はラグビーのハカについての話題でした。

 

 

 

試合前に観衆を楽しませてくれるハカ、各国のそれぞれの違いを比べるのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

 

2019年秋のラグビーワールドカップが楽しみですね!

error: Content is protected !!