雅子妃殿下の元彼との昔の画像や検証!妹の離婚の噂や義弟の電撃再婚が話題!


Sponsored Links



何かと話題がつきない次期天皇皇太子殿下の妻、雅子妃殿下。

 

現在の体調などはどうなのでしょうか?

 

今回は雅子妃殿下について調べてみました!

 

 


Sponsored Links



 

雅子妃殿下のプロフィールは?

 

   

引用:http://www.worldtimes.co.jp/imperialhousehold/53753.html

 

 

続柄:小和田恆第一女子

 

全名:雅子

 

身位:皇太子妃・親王妃(皇太親王妃)

 

敬称:殿下

 

お印:ハマナス

 

生年月日:1963129日(54歳)

 

配偶者:皇太子徳仁親王

 

子女:敬宮愛子内親王

 

父親:小和田恆

 

母親:小和田優美子

 

役職:日本赤十字社名誉副総裁

 

 

皇太子妃として、その美しさは婚約時から今でも注目されています。

 

結婚式のお写真とか、特に美しくて好きです!

 

 

ロイヤルウエディングという感じがしますよね!

 

 



Sponsored Links



 

雅子妃殿下の経歴は?

 

 

 

1963年、外務省職員の小和田恆・優美子夫妻の長女として誕生。

 

 

 

父の仕事で幼少期はソビエト連邦・スイス連邦、アメリカなどで過ごしていました。

 

 

 

一時帰国した際は様々な学校を経て田園調布雙葉学園・田園調布雙葉小学校に編入し、卒業。

 

 

 

同校の中学校も卒業しました。

 

 

 

19791985年まで父の都合でアメリカ・ボストンに移住。

 

 

 

ボストン市郊外のベルモント・ハイスクールに転入学し、アメリカ政府が米国全体の上位5%の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティー」National Honor Society(NHS)を受賞するほど優秀な学生でした。

 

 

 

卒業後はハーバード大学経済学部に入学。国際経済学を専攻していました。ここでも成績が優秀な生徒でした。

 

 

 

帰国後東京大学法学部に外部入学しましたが、中退して外務省に勤務します。

 

 

 

女性初のスーパーキャリア官僚として注目されていました。

 

 



Sponsored Links



雅子妃殿下と皇太子殿下の出会いは?

 

 

 

そんな雅子妃殿下が皇太子殿下とはじめて会ったのは、1986年に出席したスペインのカルロス1世の長女、エレナ王女の歓迎レセプション。

 

 

 

その後は皇太子妃候補として皇室に呼ばれたり、お茶に参加したりされたようです。

 

その頃の雅子妃殿下はキャリア官僚として仕事に生きたいと思っていたほどだったので、当時はかなり拒絶していたようです。

 

 

 

しかし、皇太子殿下や周囲のサポートもあり、結婚されることを決められました。

 

 

 

娘である愛子(内親王)を出産された後は適応障害や帯状疱疹のためあまり公に姿を見せられることがありませんでしたが、最近少しずつ公務にも復帰されています。

 

 

 

 

健康に気をつけて、いつまでも日本に笑顔を届けてほしいですね。

 

 



Sponsored Links



 

雅子妃殿下の昔の画像は?

 

引用:伏見顕正の政経塾と四柱推命

 

引用:Lost and Found

 

 

どちらも仕事に多忙なキャリアウーマンという印象です。

 

 

結婚されてからの雅子妃殿下です。

 

 

上品でおしとやかな女性になっていますね。

 



Sponsored Links



 

雅子妃殿下の妹の離婚を検証!

 

 

 

雅子妃殿下の妹、節子さんが夫の渋谷健司さんと2017年に離婚していたことが分かりました。

 

 

 

 

99年に結婚して、結婚生活は19年目。

 

 

渋谷さんは東大出身で、2人はハーバード大学で出会ったそうです。

 

 

 

噂によれば節子さんは渋谷さんからDVや罵声を受けており、離婚後は心身喪失状態で実家にいるらしいです。

 

 

 

とても心苦しいですね…。

 



Sponsored Links



 

雅子妃殿下の義弟の電撃再婚の噂を検証!

 

 

 

一方、渋谷さんは離婚してすぐ20183月にフリーアナウンサーの舟橋明恵さん(40)と結婚したそうです。

 

 

 

Facebookにも結婚しましたと書いているらしく、再婚はほぼ間違いないと思います。

 

 

 

渋谷さんは週刊誌などの質問にも「プライベートなので」と沈黙を守っていました。

 

 

 

もしかしたら不倫の末の略奪愛だったのかもしれません…汗

 

 

まとめ

 

 

今回は雅子妃殿下について調べてみました!

 

 

雅子妃殿下は最初は好意的な意見が多かったですが、「適応障害がうそなんじゃないか?」とか「愛子(内親王)をひいきしすぎでは?」など、否定的な意見もよく見るようになりました。

 

 

来年は皇太子殿下の天皇即位もありますので、是非体調に気をつけていただき、頑張ってほしいです。