本橋麻里(マリリン)の夫や子供を調べた!勘違いと囁かれる性格の理由は?

Sponsored Links




カーリングの聖地、北海道!! そんな雪国が生んだスター、本橋麻里(もとはしまり)さんです。美しすぎるカーリング女子!


可愛いので虜になってしまうかも・・・・・

 

そんな本橋麻里(もとはしまり)さんを見てゆきたいと思います。

 

カーリングに関する記事はこちら





 

本橋麻里(もとはしまり)選手ののプロフィール

 

引用: https://www.asahi.com/articles/photo/AS20170606004639.html

 


 名前     本橋麻里(もとはし まり)
 生年月日   1986年6月10日
 出身地    北海道北見市(旧常呂郡常呂町)
 身長     160cm
 体重     56、5kg
 血液型    A型
 利き腕    右利き
 愛称     マリリン
 趣味     バトミントン

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/本橋麻里


いったいどうやって雪国のスターが生まれたのでしょうか?

 

 

本橋麻里(もとはしまり)選手の大学

 


Sponsored Links

 

本橋麻里選手はプライベートで、2005年に青森明の星短期大学に入学しましたが、2008年に日本体育大学体育学部にも入学し、しっかりと卒業しています。


二つの大学を卒業するなんて、誰もが真似できることではありませんね!!
体育学部とは、やはり「なにかスポーツを極めよう」とする人が通る道なのでしょうか・・・


文武両道とは、とても素晴らしいですね!!
そんなデキる女性にはいったい支えてくれる男性がいるのでしょうか!?

 

 

本橋麻里(もとはしまり)選手の経歴

 

本橋麻里選手がカーリングを始めたきっかけは12歳の時に常呂カーリング協会初代会長の小栗裕司氏に出会ったことがきっかけだそうです。

 

小栗裕司氏にカーリングに誘われて、それからカーリングの世界へ入ることになります。

 

そして、本橋麻里選手が15歳の時、第9回北海道ジュニアカーリング大会で3位という成績を残し、そして、その翌年、河西建設女子に所属しマリリンズとして活動します。

 


本橋麻里選手が河西建設女子のマリリンズには3年所属している間、最高成績はパシフィックカーリング選手権《日本、中国、韓国、チャイニーズタイペイ、ニュージーランド、オーストラリア、カザフスタン、香港の8つの国と国と地域が出場する大会》で優勝という成績を飾り、目覚ましい成長をします。


8つの国と地域での大会で優勝するなんて素晴らしいですね!!

 


そんな功績を収め、2005年に「チーム青森」に加入。

 


6年間在籍し、トリノ冬季オリンピックとバンクーバー冬季オリンピックにも出場し7位入賞や8位入賞の成績を残します。


2005年には日本カーリング選手権では優勝できなかったものの、翌年2006年から日本カーリング選手権5連覇!!と敵なしでした。

 

なんだか、凄まじい凄さですねぇ〜!もともと、カーリングの才能があったとしか思えないほどです。


しかし、2011年LS北見(ロコ・ソラーレ)に移籍します。
これには、ある事情があったのです・・・

 

本橋麻里(もとはしまり)選手の夫

 


Sponsored Links

 

本橋麻里選手のファンの方、ごめんなさ〜い。
実は本橋麻里選手は結婚しています。

 

入籍したのは2012年の5月だそうで、同じ出身地の一般の方と言うことしかわかりませんでした。

 

その他の旦那様の詳細は公表していないようです。

 

本橋麻里(もとはしまり)選手の子供

 



出産が2015年10月19日
                 

引用:http://life-watcher.com/6365.html


今現在2017年ですが、もう出産して2年あまり経過していますね・・・

 

引用: http://blog.goo.ne.jp/marimotohashi/e/811884e75f2a718a046bb0b8f17d8821


本橋麻里選手は大変可愛くて綺麗な人なので、お子さんはどちら似かわかりませんが、可愛く育っていそうですね!!

 

本橋麻里選手は出産後は、カーリングで投げるポジションが控えになっていったようです。


その影響でしょうか?LS北見は2016年まで優勝に見舞われませんでした。
ですが、LS北見には強みがありました・・・


本橋麻里選手はLS北見に移籍した理由を、

『チームに【和】がなかったため』と話しました。


カーリングは4〜5人数で戦うスポーツなので、チームのコミュニケーションや一緒に目標をもつことも大事だと、思ったのだと推測します。

 


チーム青森でバンクーバー五輪に出場し、敗戦後記者会見で、


チームに【和】はなかった

 

と答えた本橋麻里選手。


この【和】をチームに求め続けた結果、本橋麻里選手は、2016年世界女子カーリング選手権大会準優勝という功績を残します。

 

 

 

本橋麻里(もとはしまり)選手が勘違いと囁かれる性格の理由は

 

本橋麻里選手は顔も美人、そしてなかなかの苦労人のように私には思えるのです。

 

それゆえ、発言がハッキリとしっかりしているせいか?ネットでいろいろとネガティブな噂もたっているようです。

 

そのネガティブな噂と言うのが、「勘違い」と言うキーワードになります。

 

何の「勘違い」なのか?書き込みなどを見ると、バラエティ番組での発言などを言われているようです。

 

バラエティー番組での発言が気に入らない厳しい意見が多いです。スポーツだけをやってたらいいのに・・・・・と。

 

でもスポーツ選手の多くはバラエティーに出演する機会は多いと思うのですが、本橋麻里選手だけが何故?と思うのです。

 

その背景には、やはりまだオリンピックを目指す現役の選手がグラビアDVDなどを発売したり、タレント化している様子が、好ましくないように思われている気がします。

 

発言については、LS北見(ロコ・ソラーレ)を立ち上げただけに、それだけ真剣な取り組みがあって、チームを牽引する元となった自覚もあるので、インタビューを見ていると、それなりにしっかりとした発言をしていて当然かなぁ〜?と思います。

 

引用: LS北見、平昌代表決定!妄想スーさん

 

さまざまな方面でオリンピックを目指すとなると、スポーツ精神にのっとて・・・・・では、ありませんが、精神的な面で「爽やかさ」や「清らかさ」が求められる世界のようなので、グラビアやTV出演がキッカケでちょっとした、やっかみもあるのかもしれません。

 

すでにオリンピックを引退した選手でしたら、ここまで言われないのかもしれませんねぇ〜!

 

 


この、努力が2018年平昌五輪につながることに期待したいですね!本橋麻里選手の活躍に期待しましょう!!

 

 

カーリングに関する記事はこちら





 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています