パパのお弁当は世界一は実話?モデルと母親の現在は?

2017年8月14日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

「パパのお弁当は世界一」ある女子高生のつぶやきが感動を呼び映画化。予告編が6月10日から1週間限定でヒューマントラストシネマ渋谷で劇場で公開。この映画、現代社会をフィューチャーしていますが、果たして実話なのでしょうか?そしてモデルとなった家族の母親について、映画とともに探ってみたいと思います。

 

お弁当。それはたった1つのお弁当から始まり、每日の愛情の積み重ねがお弁当に添えられた手紙で親子の愛情の深まりが感動を呼びました。そして映画となりました。

 

 

映画「パパのお弁当は世界一」ストーリー

 

 

お弁当を開けるとそこには手紙が。。。。。
みどりさんのお弁当は高校の3年間、パパの手作りでした。

 

最近では家事をする男性も増えて来たとはいっても、娘のお弁当をパパが作るというのはあまり聞いた事がありません。だいたいは母親の手によるものが多いでしょう。

 

みどりさんのお家は「ママがいなくなった」そうなのです。
母親がいないとなれば娘のお昼ご飯の選択肢はそんなにたくさんありません。

 

 

学食などがない学校であればパンなどを買って持って行くか娘が自分でつくるかパパがつくるか、そんなところです。

 

ちなみにみどりさんのパパ、お料理が苦手だったそうなんですね。だけどパパが選んだのは自分がお弁当をつくることでした。

 

高校生活最後のお弁当の日、お弁当を開けるとそこにはパパからの手紙と一枚の写真が添えられていました。パパがはじめてつくったお弁当の写真です。

 

パパの初めてのお弁当

 

よく、お肉ばっかりのお弁当を「茶色いお弁当」なんて言ってちゃかしたりしますが、まさにこれがそうですね。

 

パパご自身の評価は「気持ち悪いね(笑)」ですが、私なんかは涙が出るほどジーンときます。

 

お料理苦手なのにわざわざ作ってくれたお弁当ですよ。お料理苦手感がめちゃめちゃでています。きっとこれだけ作るのにもずいぶん時間かかったんだろうな、とか思ってパパが愛おしくなってしまいます。

 

主人公であるみどりさんはこんなお弁当が恥ずかしかった時もあったとも?

 

ええそりゃそうですとも。16歳っていったら自意識の極地にいるようなものです。はた目が気にならないわけがない。

 

でもみどりさんが素晴らしのは、「つくってくれてるパパに失礼だから残さずに食べた」というところです。

 

高校生ぐらいで、こどもが親に対してこんな目線なかなか持てませんよ。

 

お料理苦手なのに毎日娘を想ってお弁当を作るパパ、そんなパパをみてつくってくれてると思える娘。

 

お弁当を通して、お二人は気持ちのやりとりをなさっていたんですね。最後のお弁当はきらきらしていました。

 

そして肝心の高校最後のお弁当は”いつかパパがこんなの作れたらねっていってたインスタのお洒落なお弁当よりぜんぜんきらきらしてた”

 

パパの最後のお弁当

 

そうです・・・・・・・・・。     パパにしたら感無量ですね。こんな言葉を娘から聞けたら。

実際本当にきれいで美味しそうなお弁当です。パパのみどりさんにたいする深い深い愛情が伝わってきます。

 

そんな感動の物語の「パパのお弁当は世界一」の映画化ですが、このストーリーは実話なのでしょうか?そして映画のモデルは?

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

 

「パパのお弁当は世界一」は実話?モデルとなった娘と父は?

 

 

この心温まる話のモデルとなった親子ですが、ちゃんと実際にいらっしゃいます。映画のプロモーションの為の話が飛び交っているわけではありません。高校生のみどりさんもそのままの実名です。

 

 

 

引用:twitterみどり https://twitter.com/pikatiro3

 

この3月に高校を卒業されたユーザー名「みどり」さんが投稿した、3年間お弁当を作ってくれたパパに感謝を伝える言葉と高校最後となる、本物のお弁当の写真が「みどり」さんのTwitterに掲載されています。

 

それは作る側にとっては愛情表現の場であり、作ってもらう側にとっては、意識されることはあまりありませんが愛情をうけとる場であるのです。最近twitterでの投稿で、8万人がリツイート、26万人からの「いいね」を集めたのもこの画面で確認ができますね。

 

 

気になる「みどり」さんのお母さんの現在は?

 

 

残念ながら、みどりさんのお母さんは、みどりさんが中学2年生の時に別居して、家を出ていっています。

 

そして、お父さんの取り計らいで、2016年12月29日に、みどりさんは髪を切った後、突然のサプライズでお母さんと感動的な再会をしています。

 

 

引用:twitterみどり https://twitter.com/pikatiro3

 

 

やはり、お父さんのお弁当も感動ですが、お母さんとの再会も泪・泪・泪ですよねぇ~!!とても純真なみどりさんの様子が、垣間見ることができます。それに、お母様、とっても美しい、上品そうなステキな方ですねぇ~!

 

 

最後に・・・・・

 

お弁当ってすごいですね。言葉に愛をこめるよりも、愛情込めてつくったお弁当の方が、何倍も相手に伝わるということをあらためて知りました。

 

親子の会話がなくとも、愛のこもった手作りのお弁当さえあれば、こどもはまっすぐに育つのかもしれません。このみどりさんのように。

 

そんなパパと娘の心あたたまるやりとりが垣間見えるエピソードに、「パパのお弁当は世界一」という言葉でしめくくられたその投稿に、たくさんの人が感動したのですよね。

 

それぞれの家庭の縮図でもあります。たくさんの人の感動を呼び5月16日予告公開です。

 

 

引用:映画「パパのお弁当は世界一」予告 by ponycanyon https://www.youtube.com

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links