小沢征爾と妻(元モデルの嫁)の若い頃の画像や家系図が凄い!今現在の病気と状況は?


Sponsored Links



小澤征爾さんは世界的な指揮者として有名です。

 

 

そんな小澤征爾さんは1年2ヶ月ぶりにオーケストラで指揮をしたことで注目を集められています。

 

 

ここでは小澤征爾さんについて色々と調べてみたいと思います。

 

 



Sponsored Links



 

小沢征爾のプロフィール

 

 

 

 

名前:小澤 征爾(おざわ せいじ)

生年月日:1935年9月1日

誕生地:満州国、奉天市

学歴:桐朋学園短期大学

ジャンル:クラシック音楽

職業:指揮者

 

 

小沢征爾の前妻(嫁)がいた!

 

 

小澤征爾さんは1962年に三井不動産社長の娘であるピアニストの江戸京子さんと結婚していました。

 

 

二人はもともと知り合いだったようですが、その後、留学先のパリで再会したことがきっかけで結婚に至ったようです。

 

 

しかし二人の結婚は、小澤征爾さんの逆玉の輿結婚とも言われるほど、育った環境や価値観が違いすぎていたようです。

 

 

そのために、小澤征爾さんと江戸京子さんの結婚は周囲から反対されながらも一緒になってたんです!

 

 

 

引用:

 

 

夫婦となってからは、お互いに音楽家として切磋琢磨するというバランスが上手く保つことができなかったようです。

 

 

そして、やはり育った環境などの影響で気持ちのすれ違いなども増えたことで1966年に離婚しています。

 

 



Sponsored Links



 

小沢征爾の再婚の妻(元モデルの嫁)プロフィール

 

 

引用:

 

 

 

名前:入江 美樹(いりえ みき)

本名:ヴェラ・ヴィタリエヴナ・イリーナ

出生地:神奈川県横浜市

生年月日:1944年8月13日

職業:ファッションデザイナー

 

 

引用:

 

 

 



Sponsored Links



小沢征爾と妻(元モデルの嫁)の若い頃の画像と家系図!

 

 

小澤征爾さんと現在の妻である入江美樹さんは1968年に結婚されています。

 

 

二人が結婚されたときには、入江美樹さんは人気モデルであったために美女と野獣なんてことも言われていたようです!

 

 

 

 

その後、二人の間には現在、俳優として活躍されている小澤征悦さんと、エッセイストの小沢征良さんが生まれています。

 

 

入江美樹さんは小澤征爾さんと結婚する前には、人気ファッションモデルとして活躍されていました。さらに、映画にも出演されて女優としても活躍されていたようです。

 

 

しかし、結婚後はモデルとしてファッションに触れていたこともあってなのか?ファッションデザイナーとして活躍されていますね!

 

 

 

 

小澤征爾さんは現在世界的な指揮者として有名ですが、実は小澤征爾さんの家系図を見ると親戚関係で気になることが見つかっています。

 

 

まずは家系図を見てほしいと思います。

 

 

引用:

 

 

 

この家系図を見るとわかるように、小澤征爾さんの親戚の中には、シンガーソングライターとして活躍されている小沢健二さんもいたんです!

 

 

小沢健二さんは東大を卒業されていることで話題にもなっていたんで、頭のいい家系とも思えますね!

 

 



Sponsored Links



 

小沢征爾の今現在の病気と状況は?

 

 

小澤征爾さんは2018年12月5日に1年2ヶ月ぶりにオーケストラで指揮をしたことが現在話題になっています。

 

 

しかし、これまでの小澤征爾さんは病気で演奏会の降板が続いていたとも聞かれています。

 

 

View this post on Instagram

Matheuz, Ozawa, Mutter. ドイツグラムフォン120周年を記念して昨夜サントリーホールで行われたサイトウキネンオーケストラのガラコンサート。 マテウス指揮の、準備運動的なエフゲニーオネーギンのポロネーズにはじまり、その後のチャイ5でいきなり一旦の最高潮。うなる弦と突き刺す金管、そしてキレキレのティンパニと、これはサイトウキネンオーケストラのための曲なのではと思わせられる演奏を見せつけられた。 後半、ムターの弾き振りのバッハのコンチェルト。この人と、五嶋みどりの演奏もそうだと思うんだけど、曲そのものを五線譜ごと自分の好きなように歪ませているような次元。生命を吹き込まれたような音色なのです。 ベートーベンを挟んで、真打ち登場。この日の曲目はサン=サーンスの『序奏とロンド・カプリチオーソ』。8割方ムターと見つめあいながら、ソロを引き立たせるように丁寧に丁寧にオケの弱音をコントロール、時折全身でオケのエネルギーを解放させる小澤征爾のその様は、もはや預言者的でもあった。 当然のスタンディングオベーション。後半からいらっしゃていた天皇皇后両陛下も10分以上立ったまま拍手をされていたのではないだろうか。いやあ観られて、聴けてよかった。 #小澤征爾 #seijiozawa #annesophiemutter #diegomatheuz #saitokinenorchestra #deutchegrammophon120th

A post shared by Kensuke Yamamoto (@kensukey) on

 

 

実は小澤征爾さんは2010年に、人間ドックの検査で食道がんが見つかって治療をされていたんです!

 

 

小澤征爾さんは食道を全摘出する手術を受けたことで、体は痩せてしまっているんですよね。

 

 

しかし、病気を克服して音楽活動に復帰されているんです!

 

 

 

 

けれども今度は2011年に悪化した腰の手術を受けて、体力回復のために1年間指揮活動を中止されてしまっています。

 

 

そして、再度音楽活動に復帰されていたのですが、2018年3月に心臓の病気である大動脈弁狭窄症という診断を受けて治療に専念するために1ヶ月入院されています。

 

 

さらに、2018 年8月には圧迫骨折もされていたようなんです!

 

 

そのために今回のオーケストラ演奏は病気を克服して久しぶりであったことで話題になったようです。

 

 

しかし、小澤征爾さんは10分間の曲の指揮をするのに椅子に座り棒を持たない姿でした。

 

 



Sponsored Links



 

 

実は指揮者という仕事は心臓に大きな負担がかかるようなんです!

 

 

そのために椅子に座っての指揮をされたのでしょうが、小澤征爾さんは曲の高揚に合わせて何度も立ち上がるといういつもと同じ指揮者ぶりを見せたことで、現在も元気であると思われています。

 

 

 

 

しかし、現在小澤征爾さんは83歳になります。

 

 

体力は落ちている年齢なので、今後もどような指揮者としての活躍を見せてくれるのかということが注目されたように感じられますね!