2025年大阪万博の開催期間はいつでチケットの値段は?開催地夢洲の場所とアクセスやイベント内容は?


Sponsored Links



現在は、東京オリンピックに向けての動きが高まっていますね。

 

 

そんな中で、2025年に大阪万博が開催される事が決まりました。

 

 

日本の大都市での大きなイベントの開催に、今後の動きが気になります。

 

 

2025年大阪万博の開催期間はいつ

 

 

 

 

大阪で万博の開催は7年後の2025年であることが決まっています。

 

 

また、大阪での開催は今回が初めてではなく、1970年にも一度開催されていたんです!

 

 

そのために今回の万博は55年ぶり2回目の開催であること言うことでも注目されているんです。

 

 

 

 

2025年の大阪万博の開催期間は、現段階では53日から113日までと言われています。

 

 

1970年の大阪万博の際には、315日から913日までの183日間であったので、季節などは少しずれていますね。

 

 

今回の開催期間を見ると、暑い時期で長く開催されると思われますね。

 

 

2025年大阪万博のチケットの値段は

 

 

大阪万博が決まったことで、早くもチケットに付いての話も聞かれていますね!

 

 

一番最近の日本で開催された万博は愛知万博になりますが、その時は開催の1年前くらいにチケットが販売されていたそうです。

 

 

そのために今回の大阪万博のチケット販売時期も1年前の2024年春頃ではないか?とも思われているようです。

 

 

 

 

チケットの金額は現段階では4800円と言われているようです。この値段は、愛知万博の頃よりも200円値上がりしているんです!

 

 

また、万博のチケットは色々な種類が用意されることも想定されているので、種類によっても値段が変わると思われるので、開催が近づいてきたらはっきりとした情報がわかると思えます。

 

 

2025年大阪万博の開催地夢洲(ゆめしま)の場所のとアクセスは?

 

 

大阪万博が2025年に開催されるにあたり、大都市大阪での開催場所も気になりますね。

 

 

現在、大阪万博の開催場所は夢洲と言われています。

 

 

 

 

夢洲は大阪湾の埋め立てられた人工島になります。夢洲の他にも、同じ人工島の咲洲、舞洲もあります。

 

 

現在までには、同じ人工島である咲洲には、大阪メトロ中央線が通っていますが、舞洲と夢洲には地下鉄などは通っていない状態でアクセスが悪い状態です。

 

 

そのために、大阪万博が開幕される前までに大阪メトロ中央線が延伸させるのではないか?という声が聞かれています。

 

 

さらに、延伸工事は2019年に実施設計をされて、2020年には着工する方針で2024年完成という声も聞かれているようなんです。

 

 

 

 

しかし、地下鉄が延伸されたとしても、万博の際には、大阪メトロ中央線のアクセス以外に、大阪市内の主要駅からのシャトルバスも運行してアクセス出来る場を増やす計画もあるようです。

 

 

2025年大阪万博のイベント内容は?

 

 

大阪万博開催が決まったことで、今回は前回とは違いどのようなイベント内容で盛り上げてくれるのかということも注目されているようです。

 

 

前回の大阪万博では、携帯電話の元になったといわれている、アンテナを伸ばして使うワイヤレステレホンや電気自動車で注目されていました。

 

 

現在では普通にあるものが1970年にはすでに基盤ができていたんですね。

 

 

また、開場では現在では普通のことですが、缶コーヒーが爆発的に売れたということも聞かれているんです。

 

 

 

 

今回の大阪万博では夢洲にカジノを含む統合型リゾートの開業を目指しているという計画は聞かれています。

 

 

その他にも、2025年の大阪万博のテーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」といわれています。

 

 

そのために、健康や医療などの焦点を置いた人工知能やロボット技術などの最新テクノロジーを使って示すのではないか?とも言われているようです。

 

 

けれども、まだ大阪万博が開催されることが決定しただけなので、具体的なイベントの内容はもう少ししてくるとはっきりしてくるように思えますね。