翁長雄志(沖縄県知事)の経歴・学歴や嫁(顔画像)を調べた!息子の翁長雄治も政治家ってホント?

Sponsored Links



「普天間基地」で2014年の沖縄県の知事選では10万票以上の差を付けて圧勝したことでも一躍有名となった翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事、残念ながら膵臓がんの為8月8日にお亡くなりになりました。

 

 

67歳だった翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事はこの7月27日には、前沖縄知事の時代に承認された埋め立ての撤回手続きを進め、普天間基地を名護市辺野古移設することを宣言していた矢先の出来事でした。

 

 

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事は知事の仕事をしながらも自らステージ2の膵臓癌であることを公にして、「翁長知事は職務復帰を目指し、懸命に頑張っておりますので、県民皆さまのご理解とご支持を賜りたい」と発表、沖縄県知事の職務は現役のまま務めていました。

 

 

ただ、翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事は意思決定などが病気の影響でできない場合などは知事の職務代理を置くことも頼んでいたようです。

 

 

 


Sponsored Links

 

 

ここの所、翁長雄志沖縄県知事が病院に緊急入院してからの間は8日〜12日までの間は謝花副知事が、13日から当面は富川盛武副知事が知事の職務を代理する予定とされていたようです。

 

 

最後まで沖縄県知事の任務を果たそうと、天命を全うした翁長雄志沖縄県知事について、経歴・学歴や家族である妻(嫁)、そして息子さんがやはり政治活動をしているようなので、調べてみました!

 

 

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事のプロフィール(経歴・学歴)

 

 

 

 




翁長 雄志(おなが たけし)Takeshi Onaga

 

生年月日 1950年10月2日

 


出生地 日本 沖縄県真和志村(現:那覇市)

 


没年月日 2018年8月8日(67歳没)

 

死没地 日本 沖縄県浦添市浦添総合病院

 

出身校 法政大学法学部


前職 那覇市長


所属政党 (自由民主党→)無所属


親族 父・翁長助静(元真和志村長)


兄・翁長助裕(元沖縄県副知事・沖縄県議会議員)

 

 

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事の政治活動任期

 

 



1985年(昭和60年)- 那覇市議会議員に初当選(1期)


1989年(平成元年)- 那覇市議会議員に再選(2期)


1992年(平成4年)- 沖縄県議会議員に初当選(1期)


1996年(平成8年)- 沖縄県議会議員に再選(2期)


2000年(平成12年)- 第28代那覇市長に就任(1期)


2004年(平成16年)- 第29代那覇市長に就任(2期)


2008年(平成20年)- 第30代那覇市長に就任(3期)


2012年(平成24年)- 第31代那覇市長に就任(4期)


2014年(平成26年)
  10月3日 – 沖縄県知事選挙立候補のため那覇市長を辞職。
  12月10日 – 沖縄県知事選挙の結果により、仲井眞弘多の任期満了をもって第7代沖縄県知事に就任。



引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/翁長雄志

 

 

1950年(昭和25年)- 那覇市(旧真和志村)大道に翁長助静の三男として生まれる。
1963年(昭和38年)- 那覇市立大道小学校卒業
1966年(昭和41年)- 那覇市立真和志中学校(18期)卒業
1969年(昭和44年)- 沖縄県立那覇高等学校(22期)卒業
1975年(昭和50年)- 法政大学法学部卒業

 


Sponsored Links

 

 

翁長雄志沖縄県知事の結婚相手の嫁(妻)の顔画像と家族は?

 

 

長い間、沖縄県で政治家として活躍していた翁長雄志沖縄県知事。

 

 

沖縄県では絶大な人気の県知事でもありました。

 

 

そんなの翁長雄志沖縄県知事がを影で支えた嫁(妻)の存在が気になりますね?

 

 

奥様の名前は、翁長樹子(みきこ)さんと言う名前で年齢は63歳で、翁長雄志沖縄県知事とは4歳違いだったんですね!

 

こちらが翁長樹子さんです。翁長翁長雄志沖縄県知事が沖縄県知事として初当選した2014年の頃。

 

引用:http://www.asahi.com/shimen/20141117/index_tokyo_list.html

 

 

翁長雄志沖縄県知事の嫁(妻)の翁長樹子(みきこ)さん、翁長雄志沖縄県知事よりもインパクトがあって、頼もしい雰囲気ですね。

 

 

翁長雄志沖縄県知事の妻の翁長樹子(みきこ)さん、オール沖縄市民集会でのスピーチが凄いんです。知事を支える肝っ玉かあさんの訴え!!知事顔負けのスピーチです。

 

用:1・12オール沖縄市民集会での翁長樹子さんの訴え

 

 


Sponsored Links

 



沖縄県知事の家内の樹子でございます。


翁長がグアムの方に出張に行っておりますので代理という事で参りました。

なにぶん素人で、マイク前にすると上がってしまって、

うまくできるか本当に自信ないんですけど頑張って務めさせてもらいますのでよろしくお願いいたします。

結婚して36年目でしょうか、政治家の女房として33年目になりましたけど、いやぁ、しかし、志位委員長と同じ壇上でご挨拶する日が来るなんて本当に夢にも思いませんで、本当に光栄に存じております。どうかよろしくお願いいたします。

3年前の知事選挙、翁長が現職の方を相手に、本当に有難いことに10万票の差を持って挑戦をさせていただきました。正直、圧倒的だったと思っております、あの差で。

ホッとしたんです、これでもう辺野古の問題は決着がつくんだと、名護市長がNOと言ってる、県知事もNOと言った人間が当選した。


何ですかこの3年間、

冗談じゃないですよね、皆さん。

政府は、しょっちゅう言う、

「何の問題もない」と。

どこにいったい民主主義があるんですか?

どこにあるの?

私たちの自治権は?

人権どこにあるんですか?

それが何ともない事なの?

冗談じゃないと3年間、怒り続けて参りました。

正直苦しいです。

夫がいつも苦しい顔をしているのを見るのは辛い、女房は。

本当ですよ、あんなに明るくて、いつもいろんなことがあっても家に帰ってくるときには玄関先でそう言った苦しいのをおいて、ただいまって笑って帰ってくる人が、この3年間、笑わないんですよね。


ちょっと時間があったらすぐ部屋にこもっていろんな法律の本ひも解いたり、しょっちゅう勉強して歩くの。言ったセリフが「こんだけ学生の頃勉強していたら俺は東大だった」って(会場笑)

いやー本当に必死に勉強しているんです、それなのに政府は言うことをコレッポチも耳を傾けてくれない、こんな苦しいこと、悔しいことはないです。

でも負けるわけにはいかないですよね、皆さん。

70年前の戦争で、私たちおじいおばあたちはもう命からがら、必死の思いで何とか生き延びて、私たちに命を継いでくれたんです。

両親と私たちの時代は米軍統治を経て、人権もなくて、憲法にも守られずに苦しい時代を過ごしました。

私たちは今もフェンスの中にいる・・・

その時代を何とかくぐり抜けて、やっと復帰して、やっとこれで憲法に守ってもらえると思ったら、政府はあの方達です。聞いてもくれない。

沖縄県民には人権がないと言わんばかりの方達が、あらん限りの権力を持って押さえつけようとしてる。

じゃぁ負けて諦めるのか、

どうですか皆さん、諦められますか?

そうです。

諦められないし、必ず私たちはおじいおばあがやったように必ずこらえて押し返して、

先の子供達にはもっといい沖縄を残したい。

頑張るしかないです私たちは。

心折れないで下さいよ、

大丈夫ですか?

頑張りましょうね!(拍手)

1つ、これは選挙です。

相手候補の方と稲嶺さん比べたら、Wスコアで勝っても本当におかしくないです。

当たり前、それが。

しかし相手候補には申し訳ないけど、稲嶺さんの相手は実は相手候補ではないです。国が政府があらん限りの力でもって抑えにかかってくるんです皆さん。

簡単じゃないです、これに打ち勝つのは。


私たちの心の中にちょっとでも「まあ何とか勝つでしょう」なんて気持ちがあったら結果は厳しいです。

心に刻んで、

みんなで必ずこの選挙を勝って、

私たちのこの闘いを必ず成就して、

私たちのこの気持ちを必ず日本政府に認めさせる、

沖縄の現状を国民に知ってもらう、

それしか私たちには道がありません。

頑張りましょうね。

必ず勝利を。

頑張りましょう、

最後まで。

どうかよろしくお願いします。


引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=231&v=xAUQK5_BLjg

 

 

そして、こちらがありし日の翁長雄志沖縄県知事のスピーチです。スピーチ、わかりやすいですね!

 

引用:翁長雄志沖縄県知事演説 於:「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設! 沖縄県民大会」(主催・同実行委員会)

 

 


Sponsored Links

 


翁長雄志沖縄県知事、実は大家族で子供が4人います。丁度、2男2女と良い具合にお子さんに恵まれています。

 


長女は、沖縄県で働いていて、次女は埼玉県の大学に在学中。

 

長男の情報は、いろいろ探してみましたが、見つけることが出来ませんでした。

 

翁長雄志沖縄県知事の次男の翁長雄治(31)さんは、お父さんと同じく政治家を目指しています。

 

 

翁長雄志(沖縄県知事)の息子の翁長雄治も政治家ってホント?

 

 

翁長雄志沖縄県知事の次男の翁長雄治(31)さんは、今現在は那覇市の市議をしています。

 

その姿がこちら。

 

 

 

 

息子の翁長雄治さんは年齢も31歳、父親の翁長雄志さんのようにいつかは沖縄県知事となる日がきっとやってくるに違いないと思います。

 

しかし、今は沖縄県市議として沢山の任務を果たし、多くの経験を積むことが父の後を引き継ぐ近道ではないかと思います。

 

いつかは父親の翁長雄志さんのように沖縄県知事として壇上での力強いスピーチを聴く日もくるのでしょうね!

 

お父様の翁長雄志沖縄県知事のご冥福をお祈りしたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています