岡崎慎司選手の筋肉と美人の嫁が話題!オーバーヘッド動画やプレースタイルを紹介!

Sponsored Links




ベテランの域に来ていますが、海外でも活躍していて今の日本人選手のなかではいちばん期待のできる岡崎慎司選手。

 

 

敵のあたりが強くても倒れない強さがあるところやシュートの多さ、得点率の高さはとくに魅力的な岡崎慎司選手はその鍛え抜かれたフィジカル(肉体)でパワフルなプレーをする選手です。

 

 

それには鍛え抜かれた筋肉や食生活などで、陰で支える美人の嫁(妻)の力が大きいようですね!

 

 

そんな岡崎慎司選手のプロフィールやプレースタイル、はたまたかっこいい、オーバーヘッドゴールの画像を紹介します。

 

 

岡崎慎司選手のプロフィール!

 

 


Sponsored Links

 

 

 

 



名前:岡崎 慎司


愛称: ザキオカ、岡ちゃん、ドッペルシンジ、オカ


カタカナ: オカザキ シンジ


ラテン文字 : OKAZAKI Shinji


国籍: 日本


生年月日: 1986年4月16日(32歳)


出身地 : 兵庫県宝塚市


身長 : 174cm


体重 : 76kg


在籍チーム: イングランドの旗 レスター・シティFC


ポジション: FW(CF, ST) / MF(SH)


背番号: 20


利き足: 右足


ユース: 2002-2004 滝川第二高校


クラブ: 年 クラブ 出場 (得点)
2005-2010 清水エスパルス 121 (42)
2011-2013 シュトゥットガルト 63 (10)
2013-2015 マインツ 65 (27)
2015- レスター・シティ 87 (14)

https://ja.wikipedia.org/wiki/岡崎慎司

 

岡崎慎司選手の海外の反応は?

 

 


Sponsored Links

 

どんな試合であっても、常にハードワークを厭わないところが魅力的です。

 

 

最前線の選手でありながら、守備への貢献も大きく、チャンスメイクに関与することも多くあります。

 


フォアードなのでいつでも得点を狙っているという姿勢が印象的ですが、同時にチームが勝つためにその時時で何をしなければならないかを考えながらプレーするクレバーさにも注目しています。

 

 

ピッチの中のプレーで自分を表現していくサムライスタイルが、同じ日本人として誇りに思えます。

 

 


A代表での得点が多いことで目立っていますが、常にディフェンスラインの裏を狙い続けるゴールハンターとしての嗅覚があってこそのことだと思います。

 

 

 

岡崎慎司選手の筋肉が凄い?

 

 


Sponsored Links

 

こちらの写真をご覧ください。かなりの筋トレしていますね!太ももの太さがかなり違います!!

 

 

 

 

岡崎慎司選手の美人の嫁(妻)が話題!

 


Sponsored Links

 

岡崎慎司選手は2008年7月に結婚をしています。奥様、妻となった方の名前は夢美さんと言う名前ですが、凄い美人です!

 

引用:http://manabu-job.com/wp-content/uploads/2014/10/yumemisensei.jpg

 

二人の出会いは2007年にお互いの友達の紹介と言うことで、きっと岡崎慎司選手の一目惚れかもしれませんね?

 

 

知り合った2007年の11月からお付き合い。

 

 

そして、交際期間8か月で、結婚。結婚した時は「できちゃった婚」で、嫁の夢美さんはすでに妊娠5か月だったそう。

 

 

しかし、岡崎慎司選手自身も子供がほしいという願望を持っていたようなので、二人はハッピーと言うことですね。

 

 

今現在、二人の男の子にも恵まれ、として幸せな岡崎慎司選手です。

 

 

岡崎慎司選手のプレースタイルや特徴(強み、弱み)は?

 

 


Sponsored Links

 

岡崎慎司選手のプレースタイルは、常にディフェンスラインとの駆け引きをしながら、時には献身的にディフェンスに走り回る、チームへの貢献度が非常に高いところがポイントでしょうね。

 

 


身長はそれほど高くない印象ですが、スピードがあり、とにかく野性的でがむしゃらなプレーが印象的で、 泥臭く確実に一点を取りに行く印象があります。

 

 

身体を投げ出しながらゴールへ迫力をもって迫っていく姿勢は、相手ディフェンダーにとっては脅威におもうでしょうね!

 


岡崎慎司選手の強みは、豊富な運動量とポジショニング、裏へ抜けるタイミングの良さと言えるところがあります。

 


一方でウィークポイントは、不器用さでしょう。プレーに手を抜くことが出来ない真面目すぎるところや、決して小技に長けていないところが特徴的な部分ですねぇ~。

 

 

あたりのつよさや、倒れないつよさ、フィジカル的なつよさも岡崎選手の強みで、運動量も豊富で、なかなかばてないところも岡崎選手の強みだと思います。

 

 


サッカーとはとくに関係ないかもしれませんが、年々髪の毛が薄くなっていっているように見えます。
そこだけが弱み?気になる部分です。

 

 

サッカー見たい放題!

今回、ライブを見逃してしまった方!
U-NEXTがお勧めです。

日本戦が決勝トーナメントへ進み、まだまだ期待が!

・人気の映画をいつでも見放題!
・放送中の韓国、日本ドラマの見逃し配信も!
・毎月のポイントプレゼントや雑誌・コミックも読み放題!
スマホで電車の中でもどこでも楽しむことができます

ロシアワールドカップの感動をもう一度!!
    ↓  ↓  ↓

 

31日間の無料お試しはこちら

 

2018FIFAワールドカップも
NHKオンディマンドで海外スポーツも!

そして、これから期待の日本戦、
まだまだ決勝へ進むチャンスが!
今なら無料で見ることができます!

2018FIFAワールドカップも
NHKオンディマンドもスポーツも!
スマートフォンで見れるU-NEXT!
一人契約で家族4人が見放題!

今なら無料で見ることができます!
     ↓  ↓  ↓

 

 

 

岡崎慎司選手のオーバーヘッド動画!

 

引用:【伝説サッカー史に残るゴール】 ヘアレス岡崎慎司バイシクルゴール

 

引用:岡崎慎司 スーパーゴール!オーバーヘッドで今季5得点目 【レスターVSニューカッスル】

 

 

岡崎慎司選手の注目すべきところは?

 

 


Sponsored Links

 

 

西野監督になってとりあえずは代表に招集されることになりましたが、実際に試合に出場することができるかどうかが最大の関心事です。

 


代表選手としての実績は十分だと思いますが、今シーズンのプレミアリーグでの活躍度合いが決して高いレベルではなかったことで、ワールドカップの試合で活躍することのできる状態が保たれているかどうかが気になります。

 


もしも試合に出場することが出来た場合にも、周りの選手たちとのコンビネーションがどれほど高められるかも懸案事項です。

 

 

最近の代表戦には招集されてこなかったことを考えると、短期間でどれほどチームに馴染めるかも注目しなければなりません。

 

 

なにが何でもとにかくシュートを決めるところが注目です!なんだかんだ言ってもサッカーは点をとらないと意味がないことは、誰でも分かっていることなのです。

 

 

しかし、大きなことはいくらでも言えますが、日本のサッカーは外国にくらべるとはるかに劣っていることも事実ですねぇ~。

 

 
その中で戦うことをしっかりと自覚して、前向きな気持ちでプレーしてほしいですねぇ~!

 

 
岡崎選手は今も海外でも活躍している貴重な選手なので、メンタル面でも期待できるかと思います。

 


勝手なイメージですが、チームのムードメーカー的存在としてもチームをひっぱっていってくれることを期待します。

 

 


野性的でがむしゃらなプレーをW杯で見せてくれることに期待しています。

 

2018サッカーワールドカップ、注目のまとめ!

 


Sponsored Links

 

ハリルホジッチ監督の解任には納得できていません。日本協会の姿勢と、技術委員だった西野現監督の責任はしっかりと追求されるべきでしょう。

 


日本の活躍は望み薄だと感じています。

 


スペインやドイツがどれほどの戦績をあげることができるかは楽しみです。

 

サッカー見たい放題!

今回、ライブを見逃してしまった方!
U-NEXTがお勧めです。

決勝トーナメントへの戦い!まだまだ期待が!
スマートフォンやタブレットで
外出先からも
見れるU-NEXT!
一人契約で家族4人が見放題!

ロシアワールドカップの感動をもう一度!!
    ↓  ↓  ↓

 

31日間の無料お試しはこちら

 

2018FIFAワールドカップも
NHKオンディマンドもスポーツも!

・人気の海外映画がいつでも見放題!
・放送中の韓国、日本ドラマの見逃し配信
・毎月のポイントプレゼントや雑誌・コミックも読み放題!
iphoneなどのスマホでどこでも楽しむことができます

今なら無料で見ることができます!
     ↓  ↓  ↓

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています