岡田龍太郎(ジュノンボーイ)が夏ドラに出演!身長と妹を調べた。

2017年7月30日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

 

 

ジュノンボーイ準グランプリ岡田龍太郎さんが異例の2017年、夏の連ドラかけもちデビューすることになりました。

 

 

なんてさわやかな男前なの!!

 

目が合ったら秒でキュン死しそう!!

 

そんな女子の悲鳴が聞こえてきそうです。

 

というのも今回の主役は、個人的には福士蒼汰さん以来の衝撃のスウィートフェイスの持ち主、ジュノンボーイ準グランプリ岡田龍太郎さんなのです。

 

 

異例の2017夏の連ドラかけもちデビュー

 

 

岡田龍太郎さんをご存知ない方はまず写真をご覧下さい。

 

 

岡田 龍太郎‏ @RyutaroOkada  https://twitter.com/ryuryu_junon

 

いかかでしょうか。

 

好みはあるとは思いますが、昨今はクセのある男前が多い中、こんな正統派な男前は久しぶりだと思うのですが。

 

さて、こちらの岡田龍太郎さん、昨年ジュノンボーイコンテストで準グランプリをとったことが芸能界入りのきっかけだそうなのですが、このほど連ドラでの俳優デビューが決まったそうなのです。

 

それも同時に二つ。

 

この二つというのが異例で、それで話題になっているんですね。

 

それもそうですよね。

 

俳優デビューということは、まだ演技が上手いかヘタかもわからない、どんな俳優さんなのかもわからないという状態での配役なので、同時に二つ、しかも連ドラでのレギュラーが決まるという事は、よっぽど事務所のプッシュが強いということです。

 

それだけ岡田龍太郎さんの存在感がスゴイということなのでしょう。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

岡田龍太郎さんのプロフィール

 

岡田 龍太郎@ryuryu_JUNON   https://twitter.com/ryuryu_junon

 

生年月日:1993年12月27日(23歳)

出身:兵庫県西宮市

血液型:O型

身長/体重:172cm/60キロ

学歴:現在早稲田大学法学部3年生

特技:スキー、テニス

好きなアーティスト:Mr.children

所属:ケイダッシュ

家族:3兄妹の長男(妹2人)

 

岡田龍太郎さん、顔がいいだけじゃないんです。

 

早稲田大学の法学部に通う現役大学生ということで頭も良いんですね。

 

関西出身で大学は東京ということは現在は一人暮らしをされているのでしょうか。

 

彼女の有無が気になる所ですが、さすが今から売り出す俳優さんとあって情報がみつかりません。

彼女ではないですが妹さんが二人いらっしゃるということで、画像がありました。

 

ふたりともめちゃくちゃかわいいです。

 

左の方が一番下の妹さんだそうで、彼女がジュノンボーイに応募したことが芸能界入りのきっかけということで、こんなかっこいいお兄ちゃんならそんな気にもなりますよね。

 

ウチの、顔が大きすぎてフルフェイスのヘルメットが入らずバイクに乗るのをあきらめた残念な兄とは大違いです。

 

まあ、残念なのはお互い様でしょうけど(涙)。

 

それはさておき、岡田龍太郎さんです。

 

特技のスキーは国際スキー技術認定を持っていてインストラクターもできるくらいの腕前だそうで、運動神経も良いということです。

 

顔よし、頭よし、運動神経よし。

 

そして地道な努力家さんだそうです。

 

今から紹介する、夢を叶える秘訣はという質問に対する彼の言葉がそれを物語っています。

 

「やりたいことを明確にして、逆算して何が必要なのかを考え、日々行動することだと思います」

引用:モデルプレス https://mdpr.jp/interview/detail/1698426

 

こういう人を器量よしというのでしょうね。

そりゃあ事務所も売り出しに力を入れるわけです。

 

 

岡田龍太郎さんの連ドラでの役どころ

 

 

そんな岡田龍太郎さんの俳優デビュー作となるのは今月6日スタートの日本テレビ系「脳にスマホが埋められた!」と18日スタートのフジテレビ系「僕たちがやりました」の2本です。

 

 

 

「脳スマ」は人気作家の鈴木おさむさんが脚本を担当され、主演は伊藤淳史さんです。

 

岡田龍太郎さんは伊藤淳史さんとシェアハウスで同居する料理好きの男性役です。

 

料理を作るシーンでもあるのでしょうね。

 

ここでも努力家の本領を発揮して、お家で料理の練習をされているのだとか。

 

「僕やり」のほうは漫画が原作で私も読みましたが、浮かれた高校生が冗談の範囲でしたことがとんでもないことになってリアルを眼前に叩き付けられるという内容を、時にコミカルに時にシリアスに描いた作品のドラマ化です。

 

岡田龍太郎さんは不良グループの一員を演じるそうですが、こんなさわやかさんがどんなゲス演技をみせてくれるのか、今から楽しみです。

 

演技の経験のない岡田龍太郎さんにとって、まったく違うキャラを同時期に演じ分けなければいけないことは大変でしょうけれど、それだけ周囲の期待も高いということなので、ぜひ素敵な演技をみせて頂きたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links