王貞治の美人の嫁(結婚相手)の顔画像や料亭の場所は?馴れ初めや経緯が話題!


Sponsored Links



 

 

 

昨年6月、「世界のホームラン王」として知られる王貞治(おう さだはる)さんが、78歳にして18歳年下の女性と再婚しました。

 

 

 

お相手は福岡・中洲の老舗料亭の娘さんです。

 

 

 

王貞治さんが病気の時も献身的に介護をしていたというこのA子さん、どのような女性なのでしょうか。

 

 

 

 



Sponsored Links



 

 

 

王貞治のプロフィール

 

 

引用:https://www.asahi.com/articles/ASL615GC6L61TIPE02B.html

 

 

 

名前:                  王 貞治              (おう さだはる)

生年月日:           1940520

出身地:              東京都墨田区

身長:                  177cm

体重:                  79kg

国籍:                  中華民国(台湾)

ポジション:       一塁手、右翼手

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/王貞治

 

 

 

 



Sponsored Links



 

王貞治の経歴

 

王貞治さんは、東京都墨田区で中華料理屋を営む台湾人の息子として生まれます。

 

 

 

早稲田実業高校に進学すると、エースで4番として活躍し、チームは甲子園に出場、王貞治さんはエースとして延長でノーヒットノーランを達成し優勝するなど活躍します。

 

 

 

その後プロに進むと、野手としてバッティングに専念、やがて有名な「一本足打法」をマスターし、ホームランを量産するようになります。

 

 

 

その後は首位打者、本塁打王、打点王のタイトルを数え切れないほど獲得し、三冠王も二度獲得、日本最強の打者として活躍し、長茂雄とともに「ON砲」と呼ばれ、読売ジャイアンツのV9に貢献します。

 

 

 

大リーグのハンク・アーロンの記録を破り、通算本塁打数868本の世界記録保持者でもあります。

 

 

 

王貞治さんは、1977年にはそれまでの功績を讃えられ第一号の国民栄誉賞を受賞します。

 

 

 

引退後は読売ジャイアンツや福岡ダイエーホークスの監督を務め、優勝を経験します。

 

 

 

その後はソフトバンク球団の最高顧問を務めたり、名球会の会長を務めたりし、文化功労者に選出されたりし、20186月には一般女性との再婚を発表しました。

 

 

 




Sponsored Links



 

 

王貞治の再婚相手の顔画像

 

王貞治さんは、前妻の死後、現在の妻と一緒にいるところが週刊誌に撮られています。

 

 

引用:https://linoo7.com/oh-tuma-9215

 

 

また結婚後の画像もあります。

 

 

 引用:https://linoo7.com/oh-tuma-9215

 

 

名前は明らかになっていませんが、年齢は王貞治さんより18歳年下の60歳だと言われています。

 

 

 



Sponsored Links
.x2502 { width: 300px; height: 250px; } @media(min-width: 340px) { .x2502 { width: 336px; height: 280px; } } //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); .x2502 { width: 300px; height: 250px; } @media(min-width: 340px) { .x2502 { width: 336px; height: 280px; } } //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

 

王貞治の再婚相手の料亭の場所

 

王貞治さんの再婚相手は、福岡市の中洲の老舗料亭の娘さんで、女将を務めていた女性でした。

 

 

 

その料亭はどこなのか調べてみると、中洲にある老舗料亭がいくつか挙がりました。

 

 

 

それは「老舗料亭博多老松」と、「博多料亭満佐」と、「日本料理てら岡」の3つです。

 

 

 

このうち最も有名な店は「博多老松」ですが、どの料亭の娘なのかはわかりませんでした。

 

 

 

中洲の中心に位置し、築150年を超えるほどの老舗料亭だったその店、けれどその料亭は、2014年に閉店したそうです。

 

 

 



Sponsored Links
.x2502 { width: 300px; height: 250px; } @media(min-width: 340px) { .x2502 { width: 336px; height: 280px; } } //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); .x2502 { width: 300px; height: 250px; } @media(min-width: 340px) { .x2502 { width: 336px; height: 280px; } } //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

王貞治の再婚までの経緯は?

 

王貞治さんの前妻の名前は恭子さんといいます。旧姓を小八重恭子さんといい、1966年に結婚しました。

 

 

 引用:https://linoo7.com/oh-tuma-9215

 

 

恭子さんは一般の方で、王貞治さんとは6年の交際の末に結婚しました。

 

 

 

35年間王貞治さんと連れ添い、2001年に57歳の若さで胃がんのために亡くなりました。

 

 

 

現在の妻であるA子さんとは、王貞治さんがダイエーホークスの監督をしている時代に知り合い、その料亭を訪れてからひいきにしていたそうです。

 

 

 

なかなかチームの結果が出なかったので落ち込む王貞治さんを、いつもA子さんが励ましていたとか。

 

 

 

2006年に王貞治さん自身が胃がんを患い、胃の全摘出手術を受けた際、王貞治さんを献身的に支えたのがA子さんだったそうです。

 

 

 

そして看病を機に友人から恋人に関係が変わり、2009年頃から福岡の王貞治さんをのマンションで同棲を始め、3年前からは六本木にマンションを借りて一緒に暮らしているそうです。

 

 

 

二人の交際について、3人の娘のうち特に王理恵さんは、最初は抵抗があったそうで、「父の財産目当てでは」と疑っていたそうですが、今では再婚について「心から嬉しく思っています」とのコメントを発表しています。

 

 

 

 





Sponsored Links



 

 

まとめ

 

 

王貞治さんの再婚相手についての話題でした。

 

 

 

78歳にして新たな女性と生活を始めることになった王貞治さん。

 

 

 

前妻の死を乗り越えて、新たな幸せを掴んでほしいですね。

error: Content is protected !!