小栗哲家は小栗旬の父親!経歴や学歴!職業は社長!母親や兄や妹は?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

師走といえば、「第九」と「くるみ割り人形」ですね。もう、そんな季節が身近に感じる季節に近づいています。そして、今日、フッとホットな話題が飛び込みました。あの、イケメン俳優の小栗旬さんが、年末恒例『サントリー1万人の第九』に出演すると言うのです!それも、あの素敵な声で、朗読パートです。

 

『サントリー1万人の第九』では、一般公募で1万人のコーラスを集いベートーベンの「第九」を合唱すると言う、一般参加型のコンサートステージで、2013年から”詩の朗読”が名物パートになっていました。

 

この”詩の朗読”パートでは芸能界で活躍の有名人が朗読を聞かせると言う、素敵なジョイントコンサートです。

 

今回は小栗旬さんがゲストで朗読パート、お父様の小栗哲家(おぐり てつや)さんが演出と親子初のコラボレーションが現実化しました!

 

気になるこの2人の関係と家族、お父様がそんなにも有名人だったとは?小栗旬さんのお父さんは芸能界に影響力を持っているとは噂にはなっていましたが、ここでハッキリと明らかになりましたね。

 

そこで、小栗哲家(おぐり てつや)さんやご家族をみてゆきたいと思います。

 

 

小栗哲家さんのプロフィール

 

 

引用: https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/18/0010654082.shtml?ph=2

 

名前小栗 哲家(おぐり てつや)
生年月日 1949年
国籍 日本
職業 舞台監督
ジャンル 舞台
活動期間 1972年 – 現在
著名な家族 小栗了(長男)
小栗旬(次男)

https://ja.wikipedia.org/wiki/小栗哲家

 

小栗哲家さんの学歴

 

残念ながら、卒業大学などが明らかにされていません。

 

しかし、オペラ演出の友達から最初に声がかかったことから、芸術系の大学で、出身も名古屋ですから、関西エリアの大学と予想します。

 

元々、クラッシックやオペラの知識があった方なので、大学で学んでいたのでは?と、あくまで推測です。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

小栗哲家さんの職業

 

小栗哲家さんは1972年から舞台監督助手としてお仕事していますが、実はいま現在は東京芸術大学大学院音楽研究科応用音楽学非常勤講師、そして兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザーを務めていて、三足のわらじの方で非常に多忙な生活だそうです。

 

実際、小栗旬さんが知るお父様の姿は、

1年間に10日も休んでないほど仕事をしている。昔からほとんど家におらず、海外にも行くなどしており、曰く「俺の2倍は忙しい人」。だが、仕事に対しての愚痴はあまり聞いたことがないそうで、尊敬できる人、あるいはライバルとして父の名前をあげている

https://ja.wikipedia.org/wiki/小栗哲家

 

なんだそうです。偉大の父を持つ小栗旬さんは、父の背中を見て育っただけに、今の小栗旬さんがあるのかもしれませんね。
みるからに、アグレッシブで負けず嫌いな感じの小栗旬さんです。

 

小栗哲家さんの経歴

 

小栗哲家さんは若い頃、名古屋の照明会社に務めていました。しかし、会社の方針に疑問を持ち2年で辞めてしまいました。当時24歳。

 

そして、お友達からオペラの公演をやるんだけど、手伝ってくれないか?と声がかかり、名古屋の市民会館で『セビリアの理髪師』を手伝うことになります。それがオベラとの出会いでした。

 

それから、「オペラをやる気があるなら東京に来ないか?」と誘われ、その当時、付き合っていた彼女(現在の奥様、小栗旬さんの現在のお母さん)が東京住まいだっため、迷うことなく、東京で仕事することに決めた小栗哲家さんです。

 

状況したのは24歳。若き小栗哲家さんは夢と希望に満ち満ちて、エネルギシュだったんですね。

 

その後、オペラ界の大御所、栗山昌良さんから「オペラの監督をやってほしい!」と声がかかり、オペラの監督として公演を手がけるようになりました。当時27歳。

 

1976年の「アルバート・ヘリング」が初監督作品、そして、「フィガロの結婚」と続きました。その当時「怖いものなどなかった!」と語る小栗哲家さん。

 

その後、ウィーン国立歌劇場をはじめ、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の公演を監督。

 

舞台監督集団「株式会社クリエイション」とやらを自ら結成。その後、プロダクション・スーパーバイザーとして、株式会社アートクリエイションを立ち上げます。

 

国内外問わず、大掛かりなクラッシックガラ・コンサートや有名オペラの公演を手がける、クラッシック界の大物演出家として活躍しています。

 

小澤征爾氏や若杉弘氏、佐渡裕氏など、クラッシック音楽の世界では知らない人はいないほどの偉大な指揮者の公演でも小栗哲家さんが縁の下の力持ちとして影で公演を支えてきました。

 

その長年のキャリアと功績が讃えられ、第27回新日鉄住金音楽賞「特別賞」を受賞しています。

 

凄すぎる小栗旬さんの父親、小栗哲家さんですが、こんなに忙しい旦那様を支える奥様や、小栗旬さん以外の兄弟姉妹をみてゆきたいと思います。

 

小栗哲家さんの妻、夫人(小栗旬さんのお母さん)の名前は小栗昇子さん

 

クラッシックバレエの先生をしているます。それ以外は情報があまり公にされていません。一般人の方なので、配慮かと思います。

 

 

小栗哲家さんの長男(小栗旬さんの兄)の名前は小栗了さん

 

小栗旬さんより6歳年上で、同じく俳優の仕事をしていましたが、今は父親の会社を継いで取締役をしています。

 

本当に仲良さそうですね!顔もとっても似ていて、やはりカッコイイ系です。

 

小栗哲家さんの長女(小栗旬さんの姉)の名前は小栗麻梨さん

 

3歳年上のお姉さんが一人いて、お名前は麻梨さんです。

 

美容学校を卒業してから、留学しているとのことです。

 

 

小栗哲家さんと小栗旬さんコラボの「サントリー1万人の第九」詳細情報

 

 

第35回「サントリー1万人の第九」

開催:  2017年12月3日(日) 15:00開演(14:00開場)
場所:  大阪城ホール

ゲスト:
朗読:小栗 旬
バイオリン: 服部百音

TV放送予定 : MBS(4ch) 関東はTBS 12月23日(火・祝) 13:55~14:52

チケット発売日: 10月21日(土)10:00~

チケット発場所:

[チケットぴあ]
初日特電(10/21 10:00~18:00) 0570-02-9580【Pコード不要】
通常電話(10/21 10:00~) 0570-02-9999【Pコード:346-847】

[ローソンチケット]
初日特電(10/21 10:00~18:00) 0570-08-4659【Lコード不要】
通常電話(10/21 10:00~) 0570-08-4005【Lコード:55234】

[イープラス]
http://eplus.jp/i-daiku/

※チケットぴあ、ローソンチケットは電話予約のみ、イープラスはWEB受付のみ
※いずれもお一人様2枚まで。

 

今回のこのコラボで小栗旬さんは

自分と同じ月日を生きてきている公演に参加させていただけることに、運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います

引用: https://www.kyodo.co.jp/entame/showbiz/2017-10-18_1702981/

 

35歳だったんですねぇ~。お父さんの小栗哲家さんも、自分の息子が朗読に出演することに驚きが隠せなかったそうですよ!

 

2人のコラボは格別な物になるに違いないと思います。小栗旬さんのファンなら必見ですね!年末の壮大なイベントで是非2017年を振り返って見て下さい。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links



芸能

Posted by wikiwiki