大口病院連続中毒死(西川惣蔵さん事件)の元看護師の名前や顔画像は?

Sponsored Links



横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月に入院中の二人の患者が中毒死した事件は、一時は大騒ぎになったもののそのまま沈静化し、迷宮入りの様子を見せていましてね。

 

ここへ来て、元看護師だった女性(31歳)が身柄を拘束されて、ほぼ7月7日に逮捕との報道です。あれから、おおよそ2年近くが経過して今回の逮捕に至りました。

 

この容疑者の女性実名は久保木愛弓(くぼきあゆみ)31歳とわかりました。

 

 

また、この事件が起こった経緯なども、すでに記憶の片隅となってしまっている方も多いと思いますので、追ってみたいと思います。

 

引用:元看護師の逮捕状請求 横浜・点滴異物混入事件(18/07/07)

逮捕の内容と事件の経緯、事件の手口は?

 

 


Sponsored Links

 

 

事件が起こったのは2016年9月18日、現在容疑者である看護師が入院中の西川惣蔵さん(横浜市青葉区在住)に点滴を通して体内に消毒液を混入して殺害をしたと言うことで、ほぼこの容疑を認めているとの報道です。

 

 

続いて、18日 西川惣蔵さん死亡後の2日後、20日に、同じく入院していた八巻信雄さん(横浜市港北区在住)が亡くなり、そこで、他の看護師点滴が泡立っていることに気づき、通報。

 

 

翌日の21日に、八巻信雄さんの司法解剖で、八巻信雄さんの体内から消毒液の「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤が検出されて中毒死と判明。八巻信雄さんに投与されていた点滴にも同じ成分が混入されていたことが判明しました。

 

お亡くなりになったのは、横浜市在住のお二人です。

 

西川惣蔵さん(16年9月18日):横浜市青葉区在住

 

八巻信雄さん(16年9月20日):横浜市港北区在住

 

事件のタイムライン

 



<2016年>

 

4~8月 院内で看護師の服が切り裂かれる、飲み物に異物が混入されるなどのトラブル。横浜市に情報提供のメールが届く

 

9月13日 西川惣蔵さん(当時88)が入院し、4階の病室へ

 

  14日 八巻信雄さん(当時88)が入院し、4階の病室へ

 

  17日午前 17~19日分の点滴を1階の薬剤部から4階のナースステーションに搬入

 

  18日 西川さんが死亡

 

  20日 八巻さんが死亡。点滴が泡立っていることに看護師が気づく。
      病院が神奈川県警に「点滴に異物混入の可能性」と通報

 

  21日 司法解剖で八巻さんの体内から界面活性剤の成分を検出、中毒死と判断

  23日 八巻さんについて県警が点滴への異物混入による殺人事件と断定

  26日 県警が西川さんも中毒死だったと発表


  https://www.asahi.com/articles/ASL772VP9L77ULOB001.html


 

 

現在の大口病院は「横浜はじめ病院」と名称変更

 

 


Sponsored Links

 

 

 

事件があってから1年経過後、大口病院は名称を変更し、2017年12月1日から「横浜はじめ病院」としてスタートしています。

 

 

引用:https://www.sankei.com/affairs/photos/180217/afr1802170006-p1.html

 

名称: 医療法人社団 慈啓会 横浜はじめ病院

所在地: 〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130

電話: 045-402-3333

 

 

大口病院では末期患者を受け入れてケアするのが通常で、末期の患者が突然に亡くなることも、多くあった現象で病院側としては不思議な事ではなかったようです。

 

 

ただ、西川惣蔵さんと八巻信雄さんの殺害事件前には看護師スタッフによる「エプロン切り裂き事件」「カルテ紛失事件」が発覚。

 

 

そして、7月~8月には病院患者750名が亡くなっていて、当時のメディアでも衝撃が走った出来事でした。

 

 

犯人の久保木愛弓(くぼきあゆみ)の素性や人物像、顔写真は?

 

 


Sponsored Links

 

 

 

実は今回、容疑者の名前はあげられていあませんが久保木愛弓(くぼきあゆみ)31歳と言うことがわかりました。

 

 

残念ながら、公式発表されていないため、犯人と言われている久保木愛弓(くぼきあゆみ)31歳の顔写真が明らかにされました。

 

 

なんとなく・・・・・え?って思うような?ちょっと違うイメージですね!

 

もっと可愛いイメージを描いてました! → 【画像】

 

やはり、看護師でありながら主婦って感じですね。

 

 

もう、31歳の割に老けて、苦労している感じの顔です。

 

 

素性、人物像は、未だに明らかにされていませんが・・・・・。

 

 

しかし、去年の12月にたまたま朝日新聞社が、事件が起こった病院で働く、一看護師へのインタビューとして、記録が残っていました。

 

 

以下の通りです。

 

 



久保木容疑者は昨年12月、朝日新聞の取材に応じていた。主なやりとりは次の通り。

 

看護師を殺人容疑で逮捕 横浜・大口病院の連続中毒死
 ――事件が起きたフロアで当時働いていたが、事件についてどう思うか。

 

 療養病棟で、患者さんを心を安らかにおみとりするということを努力してやってきたので、こういったことが病院の内部で起こってとてもショックでした。

 

 ――看護師として亡くなられた2人に対してどういう思いを抱いているか。

 

 当時病院で看護師として働いていた者として、2人とも自然じゃない亡くなり方をさせてしまったことに対し、申し訳なく思います。


https://www.asahi.com/articles/ASL77554KL77UTIL01N.html

 

このインタビューの質疑応答を読んでいる限り、無難な質疑応答している感じで、もう、全く罪悪感が無い感じですね!

 

 

もっと詳細な人物像については、分かり次第、お知らせしたいと思います。

 

 

 

 

久保木愛弓を逮捕、大口病院の殺人事件、街の声!!

 

 

 


Sponsored Links

 

 

 

 

 

動機については、まだ分かっておりませんが・・・・・何故にこんなにも大量の、それも、すでに末期の患者さんなので、時期に旅立たれる人々を・・・・殺めてしまったのでしょうか?

 

 

看護の世界で人の命を救う、素晴らしい天職を得ていながら、相反する行為をしてしまう心理には、何か計り知れないものがあるようにも思えます。

 

 

今後も久保木愛弓の動機など追ってみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています