織田信成の兄弟や母親も元スケート選手はほんと?父親の職業や大学も気になる!


Sponsored Links



 

 

 

バンクーバーオリンピックで入賞したスケート選手の織田信成(おだ のぶなり)さんが、コーチからモラハラを受けたとして提訴しました。

 

 

 

今回は、その織田信成さんの兄弟や、お父さんやお母さんのことについて調べてみました。

 

 

 

実家はかなりのお金持ちだということですが、何をしている家なのでしょう?

 

 

 

織田信成さんの話題です。

 

 

 

織田信成のプロフィール

 

 

引用:https://ja.wikipedia.org/

 

 

 

名前:                  織田 信成           (おだ のぶなり)

生年月日:           1987325

出身地:              大阪府高槻市

身長:                  164cm

体重:                  52kg

所属クラブ:       トラロックエンタテインメント

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信成_(フィギュアスケート選手)

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

織田信成の経歴

 

織田信成さんは、母親が元スケート選手で、兄弟もスケートをしていたので、7歳からスケートを始めます。

 

 

 

しかしスケートはお金がかかるので、子供の頃はやめたいと思っていたそうです。

 

 

 

しかしカナダ留学などで実力をつけ、2005年の世界ジュニア選手権では優勝を飾ります。

 

 

 

その後は2006年に四大陸選手権で優勝、2008年に全日本選手権で優勝するなど、実績を重ねます。

 

 

 

2006年の世界選手権は4位、2009年と2010年のGPファイナルでは2位と、世界の舞台でも活躍しますが、2010年のバンクーバーオリンピックでは、演技の途中に靴紐が切れるというアクシデントに見舞われ、7位に終わりました。

 

 

 

引退後は、解説者やタレントとして活躍し、「泣き虫キャラ」で人気を博します。

 

 

 

2017年からは母校である関西大学の監督に就任しますが、2019年に退任しました。

 

 

 

理由としては、コーチによるモラハラがあったと語り、損害賠償請求を求めて大阪地裁に提訴しました。

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

織田信成の兄弟は?

 

織田信成さんは、兄と姉がいる三人兄弟です。

 

 

 

お兄さんの名前は信治さんというようです。

 

 

 

かつてはお兄さんとお姉さんもスケートをしていたそうです。

 

 

 

スケートをしている人というのは、兄弟揃ってやっているケースが多いようですが、織田信成さんもその例に漏れなかったようですね。

 

 

 

けれど兄弟揃ってスケートをやっているので、スケートは大変お金がかかることから、織田信成さんは小学生の頃は「もうやめたい」と思っていたのだそうです。

 

 

 

ちなみに、織田信成さんのお兄さんの名前にも「信」と付き、お父さんの名前にも付きますが、これは自身が織田信長の子孫だと言われているので、それにあやかった名前のようですね。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

織田信成の母は?

 

織田信成さんのお母さんは、憲子さんといいます。

 

 

 

憲子さんも元スケート選手でした。

 

 

 

1947年の生まれで、大阪女学院高等学校に在学中にインターハイに出場するなど、フィギュアスケート選手として活躍しました。

 

 

 

大学は追手門学院大学に進み、卒業後はバレエ講師になり、その後結婚してからはスケートクラブのコーチをしていました。

 

 

 

織田信成さんがスケートを始めたのは、お母さんがスケート選手だったことも影響しています。

 

 

 

もちろん、織田信成さんが子供の頃は、お母さんも指導にあたっていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

織田信成の父は?

 

織田信成さんのお父さんは信義さんといいます。

 

 

 

職業は会社経営者で、大阪通管工業所という会社の社長をしています。

 

 

 

かなりのお金持ちだと言われています。

 

 

 

スケート選手の実家はお金持ちのことが多いようですね。

 

 

 

これはなぜかと言うと、スケートをするのには非常にお金がかかり、あの荒川静香さんが「オリンピックで金メダルを獲るまでに2億円かかった」と語っている通り、相当なお金持ちでないと子供にスケートをさせられないからです。

 

 

 

年間に練習代や衣装代や遠征費などで2千万円はかかるとも言われる世界です。

 

 

 

織田信成さんは兄弟3人ともスケートをしていましたから、実家も会社経営者で相当なお金持ちであるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は織田信成さんについての記事でした。

 

 

 

モラハラでコーチを提訴するという事態になりましたが、果たして今後どうなるのでしょうか。

 

 

 

スケート界の発展のためにも、問題は早く解決してほしいものですね。

error: Content is protected !!