野中映教授(国立音楽大)の経歴や結婚!妻が気になる!すっぴん顔と仮装ライブ(動画)が面白い!

Sponsored Links
Sponsored Links

 

2017年12月2日、夜11時からのマツコ会議では国立の国立音楽大学の大学祭に潜入!そこで、なにやら面白いメガネのおじさんが登場します。

 

マツコもビックリ!!

 

そう、ちょっと、ピンクづくめのコスチューム、頭は金髪のショートボブ、そして大きなサングラスがトレードマーク、とってもこゆーーーいキャラ。

 

こんな風に予告には書いてありました。

 

 

謎の踊る男にマツコ大注目!

さらには番組冒頭、たまたま見つけた構内で目を見張るダンスを踊る男性を巡り、 
「あの人が知りた~い!あの人~!」とマツコが大興奮。生中継中にスタッフが
もう一度会おうと大捜索をした男性の、意外な人物像とは…?

引用: https://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/articles/6x7guz927nyzv3lci.html

 

国立音楽学院の学園祭で踊って、歌ってステージにでていた、一番ハッピーな人!

 

さて、この謎のおじさんは誰なのでしょうか?調べてみました。

 

国立音楽大のダンス踊るメガネのおじさんは、暴露します。

 

野中映 (のなかえい)教授でした。おもしろおじさんの中野映(なかのえい)教授をみていきたいと思います。

 

中野映(なかのえい)のプロフィール

 

 

 

出身:神奈川県逗子

学歴:エリザベト音楽大学卒業、武蔵野音楽大学大学院修士課程修了

職名:准教授

所属:音楽文化教育学科

担当:音楽学

学位:芸術学修士

引用: http://www.kunitachi.ac.jp/faculty_list/50on/na/nonaka_ei.html

 

 

野中映 (のなかえい)教授の経歴

 

野中映教授、なかなかの面白経歴の持ち主です。

 

やっぱり?って感じですね。

 

出身は神奈川県逗子、野中映教授はもともとおぼっちゃんだったのでは?

 

芸術タイプはお金がないと専攻できないので、出身地からしてもお坊ちゃんだった感じがしますねぇ~。

 

もちろん、野中映教授も芸術系大学で、音楽を専攻してきた訳ですが、卒業したからと言って食べて行けるわけでもなく、色々とお仕事転々としている苦労人のようです。

 

まずは、横須賀米軍基地内のハンバーガーショップHAYAKU INNの店員。野中映教授はポップなミュージックのセンスはこの頃から培ってきたのでしょうか?

 

そして、ビデオレンタルショップの店員、武蔵小山商店街の「ビデオエイジ」と言う所で働いていたようですよ!

 

また、これも映像関係ですから、映画や音楽などもここで野中映教授の多才な音楽ヒストリーの一部として繋がりますね。

 

次のお仕事が凄い!バイク速急便「タックル」で専属ライダーとありました。

 

これは、野中映教授の中身よりも外見、外見のセンスがここで磨かれた感じがありますね!ライダースーツ、ピッタリ似合いそうですよねぇ~!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

そして、こんなお仕事を務めながら、パンクバンドを結成!その名はdomuda!

 

野中映教授が演奏していた、このパンクバンドdomudaはどんな活動をしていたのかは?活動の記録がないのですが、ライブ活動をしていたようですよ~!

 

解散しては再結成ライブと繰り返し・・・・山あり谷あり、色々あったんですね。そんな状態を繰り返してライブ活動を地道にしていたようです。

 

国立音楽大学で野中映教授が教鞭をとっているのは、「ポピュラー音楽研究」「音楽文化論」「音楽情報研究」「音楽文化講義」「専門ゼミ」「日本語文章術」「音楽文化講読」などの、うーーん難しそうな~!。

 

あのコスプレイメージからはかんがえられないような難しそうなクラス、もっとマジメな感じの野中映教授を見てみたく、授業を受けてみたくなりますね!

 

フリーペーパーHot Kettebaの編集サポートなどもしているようで、これも国立大学の音楽情報・社会コースで、きっと学生達が集まって機関紙のように発刊していて、先生がお手伝いしているかんじですね。

 

音楽全般が好きなら、先生も音楽ライターとして活躍できて生徒とお互いにコラボしあってる感じですね!

 

野中映 (のなかえい)教授の本

 

実は中映教授の国立音楽大学での研究テーマ・内容は

 

  • 〈敬語論史〉 明治期から昭和初期にいたる敬語論の変遷。
  • 〈ニューヨーク・パンクの背景〉ビート・ジェネレーションからブランク・ジェネレーションへの連なり。

 

と言うことで、この専門について本も出しています。 『名曲偏愛学』(時事通信社)、『音楽案内』(深夜叢書社)とこの2冊を出版していて、もともと執筆活動をしていたのでねぇ~!

 

 

 

中映教授の『音楽案内』にっいてのレビューがなかなかおもしろかったので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

野中氏は、知る人ぞ知る優れた音楽評論家。いまは国立音大の先生をしているらしい。
氏が1992年に上梓した最初の単著『名曲偏愛学』(時事通信社)は、私がこれまでに読んだクラシック系のエッセイ/評論集(あまりたくさん読んではいないが)の中で、群を抜いて面白いものだった。「クラシックについて、こんなに笑える文章で批評できる人がいたのか」とビックリしたものだ。

引用: http://mmaehara.blog.fc2.com/blog-entry-1998.html

 

宗教音楽からパンクミュージックまで幅広い音楽を愛する中映教授の音楽エッセンスが詰まった本のようですね!

 

野中映 (のなかえい)教授の仮装ライブ動画

 

それでは、今までマツコ会議のTVの様子と違う野中映教授を垣間見たのですが、今度は野中映教授のお人柄がたっぷり味わえる仮装の様子とライブをみてゆきたいと思います。

 

可愛いですよ!

 

 

「くにみゅ」というイベントが今度の木曜日に開催されます。みなさん、おいでください! これは国立音大の音楽情報系、音楽学系の専修生&コース生がミュージカルの魅力をお伝えするイベントです。 ゲスト陣がすごい! 先日の芸祭でその実力を見せつけてくれたAbsolute Dearsのメンバー、そして国音の至宝、おなじみNew Tide Jazz Orchestraのメンバーら強力なラインナップによるコンボ演奏がたっぷりご堪能いただけます。 さらに、芸祭では例年、整理券をゲットするのに長蛇の列ができるミュージカル部MANSHAが、今年の公演で大成功をおさめた『マンマ・ミーア!』をひっさげてのオリジナル・ステージを披露してくれます。 これだけのゲストが友情出演してくれて、学生たちが一生懸命に準備して、それで客席がパラパラだとあまりにも可哀そうです。 どうかみなさん、見に来てやってください。卒業生の方々、学外の方々も大歓迎です。ちょうど図書館も、めちゃ素敵にリニューアル・オープンされました。 雑用係の私は、こんな感じのロリィタ・ファッションでみなさんのお越しをお待ちしております。終演後の写真撮影ももちろんOKです。ラバやキャピバラと一緒の写真よりもレア写真になること間違いなしですよ。 当然ながら入場無料。途中の入退場も自由です。 もうこれは、行くっきゃないね!

A post shared by 野中 映 (@ei_nonaka) on

 

 

野中映 (のなかえい)教授のすっぴん画像

 

野中映教授のかなり衝撃的なすっぴんです。

 

そして、野中映教授は自分のすっぴんを「オヤジのコスプレ」なんて!言ってます(笑)

 

ユニークな大らかなな方ですね~!生徒も一緒に野中映先生のコスプレを楽しんでるのが印象的ですね!

 

 

野中映(のなかえい)教授は妻はいるの?結婚しているの?

 

気になる野中映教授の結婚歴や妻についてですが、SNSを調べる限り、それらしき話しがでてきませんねぇ。

 

 

枕もとの友達が増えました。本名はメイちゃんですがエイちゃんと間違えやすいので「なのちゃん」と名づけました。「のなかなの」です。左のコは9年前に立川けやきモールのブルーブルーエで出会い、以来ずっと枕もとにいてくれる「このこちゃん」。ゆりりんに「このコ、なんて名前なの?」って訊かれて「このコ? えーと、このこちゃん」て答えたので「このこちゃん」になりました。手前のヨーキーは「ぐりちゃん」。夜はいつも私の足もとで丸くなって寝てますが、朝になると胸元あたりに移動しています。大きなヒスの抱き枕は、夜中ぐりちゃんがベッドと壁の間に脚を踏み外さないように置いてあります。

A post shared by 野中 映 (@ei_nonaka) on

 

もっぱら、自宅での話題はペットの話しが殆どで、一緒に寝るのもワンちゃん達みたいですね!

 

家族は居るようなのですが、それが親兄弟なのか?自分の伴侶もしくはパートナーなのかが、明らかにされていませんでした。

 

しかし、Twitterやインスタで先生の愛嬌ぶりに私もファンになってしまいました。一人一人の人を大事にして、面白おかしい会話に生徒も教授の垣根を超えて、人間的な愛を感じるのではないでしょうか?

 

こんな素敵な先生の授業を受けられる生徒は幸せですね!

 

一度、野中映教授のライブも見てみたいものです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links



人物

Posted by wikiwiki