野口啓代(のぐちあきよ)クライマー女王の経歴と実家!身長・体重や体脂肪は?


Sponsored Links



 

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手が11月4日土曜日の夜7時~放送、TBS炎の体育会TVに出演します。「東京五輪候補クライミング美女」対決、2020年の東京オリンピックのスポーツクライミング候補の美女クライマー三人の一人、クライミングの女王と評判の、野口啓代(のぐち あきよ)選手がどれだけ鍛え抜かれた腹筋や圧力での力強いクライミングを見せてくれるか?楽しみですね!

 

 

最近、徐々に人気を高めてきているボルダリング、まだ馴染みの無い響きですが、クライマーと言う呼び方の方がシックリくる感じでしょうか?

 

クライマーと言うと、何もない岩肌をモクモクと登る過酷なイメージがありますよねぇ。いずれにしてもこの壁の斜面を登るスポーツをクライミングやボルダリングと呼ぶようになり、とても人気がでてきています。

 

この過酷なスポーツが室内でできるということで、室内のボルダリング施設も都市部ではスポーツジムと同じように、ダイエット効果があると言うことで、増えてきていますね~。

 

壁にある、さまざまな突起を手がかりに、壁をよじ登るスポーツクライミングが2020年度オリンピックに正式種目として加わったそうです!

 

クライミング種目について少し見てみたいと思います。

 

クライミング競技の種類と内容

 

これから2020年の東京オリンピックで新種目としてスポーツクライミング競技を目にすることになりますが、その種目は3種類があります。

 

スピード 1対1で「速さ」を競い、トーナメント制で戦います。
ボルダリング 命綱無しで5mの壁にコースが作られ、どこまで登ることができるか競います。
リード 命綱をつけて、おおよそ15mの壁を時間内にどこまで登れるかを競います。

 

スポーツクライミングと言っても、このように内容の違う競技を競い合うことになるんですねぇ~

 

女性のクライマーが人気と言うことで、その中でも最も人気の野口啓代(のぐち あきよ)選手を見ていきたいと思います。

 

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手のプロフィール

 

引用: http://www.jma-climbing.org/athlete/2016/

 

生年月日: 1989年5月30日
出身地:  茨城県龍ヶ崎市
血液型:  B型
身 長:  165㎝
体 重:  49㎏
高 校:  東洋大学付属牛久高等学校
大 学:  東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科中退
コーチ:   千葉和宏
トレーナー: 加藤勝行

引用: http://akiyonoguchi.com/about/

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手、大学は1年の9月で中退。その理由はヨーロッパ遠征で3カ月の間、授業にほとんど出席できなかったと言う理由。

 

 


Sponsored Links



 

 

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手の経歴

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手がボルダリングを始めたきっかけは、家族旅行ででかけたグアムでのこと。

 

通りかかったゲームセンターにフリークライミングがあり、そこでやってみたのが、野口啓代(のぐち あきよ)選手にとってのクライミング体験でした。

 

帰国後もクライミングの事が忘れられず、そのころ住んでいた茨城県つくば市にあった、クライミングジムに通い始めたそうです!

 

子供心にたのしかったんでしょうねぇ~?そして、きっと縁があったんですねぇ~。

 

日本に帰国して、すぐ近所にクライミングができる施設があったなんて!本当に縁は繋がる時はつながるんですね~!

 

小学校を卒業した(小学校6年生)春休みのこと、野口啓代(のぐち あきよ)選手は全日本ユース選手に出場。中高生を凌いで、見事に優勝を飾ってしまいました!!!

 

そして、その時にはクライミングの天才少女!とまで呼ばれ!!この業界で大きな話題となったようです。

 

もしかしたら、小さい女の子がクライミングする姿はモンキーみたいで、可愛かったのかもしれませんねぇ?

 

2005年には、世界ユース選手権3位入賞をしています。

 

そして、2007年にはボルダリング・ワールドカップ、ブルガリア大会2位入賞。ちゃくちゃくと入賞順位をあげて、クライミングの大会に出場していました。

 

2008年のボルダリング・ワールドカップ、フランス大会で見事、優勝!この年は世界ユース選手権(シドニー)でも優勝と優勝の扉が開いた年でした。

 

それから、2017年まで、ほぼ10年の間、世界の大会では毎年のように優勝が続き、優勝できなくても、4位までには入賞と言う、快挙を成し遂げている野口啓代(のぐち あきよ)選手。クライミングにかけては右に出る者はいないぐらいの強さを誇っています。

 

そこが、クライマー女王と呼ばれる由縁ですねぇ~!

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手の実家

 

気になる、女王クライマー、野口啓代(のぐち あきよ)選手のご実家ですが、お父様(父親)が茨城県龍ケ崎市で牧場を営まれているそうです。

そして、牧場ないは・・・・・ある雑誌の記事によると、

 

牧場の敷地内にあるプライベートジムでトレーニング。7年前にお父さま自らが工具を握って建てたという「私のための“虎の穴”」は、横3m、縦8mほど。天井は3m弱と高さはないが、角度のある壁面全面に千個以上のホルダーが取り付けてある。

岸壁のフジツボを連想していると、「こんなにも充実したプライベートジムを持ってるのは、日本では啓代だけでしょうね。

引用: http://number.bunshun.jp/articles/-/17523

 

娘の才能をいち早く見つけて、自宅に作られたトレーニング施設は、野口啓代(のぐち あきよ)選手にとって、女王クライマーとしての記録を打ち出す、最高の施設だったんですねぇ~!

 

引用: 東京五輪の壁面目指す プロフリークライマー野口啓代さん  ibarakishimbun1

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手の身長・体重

 

経歴からもわかるように、野口啓代(のぐち あきよ)選手、公式発表では、身長が165cm,体重が49kg

 

普通の日本人女性の体格ぐらい?大体、背が160前後ですが、最近の女性は大きくなってきていますので、平均的な野口啓代(のぐち あきよ)選手ではないでしょうか?

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手の体脂肪率

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手は見るからに、筋肉がついていて、クライミングの動画を見ると、筋肉が浮き出るので、きちんと鍛えていることが良くわかります。

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手は素晴らしい筋肉トレーニングをしています。

 

家のトレーニングルームでは3、4時間ほど登り、その後、
クライミング以外では懸垂、キャンパシング、腹筋、腕立てなどクライミング向けの筋トレにジョギング。ジョギングは1日30分ぐらいやっている。

 

その後、お父様(父親)の併走で家の近所を走っているそうですよ!!

 

足に重りを巻き付けてぶら下がる加重トレ
引用: http://powernavi.erde.co.jp/athletes/akiyo/noguchi06.html

 

これがご実家でのトレーニング施設でのトレーニングの様子。片足1.5kgの重りをつけて、両足で3kgの重りだそうです。

引用: ボルダリング野口啓代と伊藤ふたばが合宿。  ペペロン先生

 

このままぶら下がって、懸垂したりとかなりハードなトレーニングですねぇ!腹筋も鍛えられ、何と言っても指の力が鍛えられるので、このトレーニングが女王クライマーの座を握る鍵なんですねぇ~

 

凄いです。やはり世界を目指す人って!!

 

ついでにオンワードの動画もご参考まで。2014年のものですが、素敵です。

 

引用: 「OWN THE ROAD -第3回-」ゲスト:野口 啓代 (プロフリークライマー) – オンデーズ OWNDAYS

 

こういったトレーニングを每日つづけることにより、毎年10ほどの間、連勝し続けることができる体になるんですね。

 

まさにクライマー女王の体格を創り、維持し続けることの大切さが良くわかりますねぇ~。

 

そんな、野口啓代(のぐち あきよ)選手でも高校生時代は今よりも、8kgも太っていて、体脂肪率も20%ほどだったそうです。

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手は、今では、筋力トレーニングで世界を目指したお陰で、-8kg減で体脂肪率は12%とマラソン選手並の体脂肪率の低さを誇っています。

 

その秘訣も、ちゃんと食事を取って、ストレッチと筋トレに時間をかけてることが、今のBodyづくりに効果的と語っています。

 

野口啓代(のぐち あきよ)選手でも、昔は甘いものばかりのダメ食生活だった頃があったようで、見習えば、だれでも綺麗な整ったBodyが目指せると言うことですねぇ~

 

 

いかがでしたでしょうか?後、3年で東京オリンピックです。スポーツクライミングと言う新しい種目が加わったことで、日本にも山々をたくましく登ったり、街のトレーニングで壁をサルのように登る、美人クライマーが沢山いるって知って、本当に目を楽しませてくれるなぁ~って思いました。

 

過酷なスポーツではあるものの、美人クライマー達の素敵な姿をもっともっと世界へアピールしてほしいものですね~!更なる飛躍をお祈りしたいです!

 

 

関連するクライマー記事はこちらから
[st-card id=7944] [st-card id=7947]

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!