南郷中ソフトテニス部の顧問の顔画像や名前は?校舎周囲80周の理由と被害者生徒の後遺症は?

Sponsored Links



大津市の南郷中学校でソフトテニス部の部活動中にサーブミスのペナルティと言うことで、顧問の男性教諭(31)から「校舎周囲を80周走ってこい」という罰を課せられた男子ソフトテニス部所属の中学2年の男子生徒(14)が熱中症で倒れて、搬送されました。

 

この事件について、南郷中ソフトテニス部の顧問の先生は誰?顔画像や名前、そして校舎周囲80周を走らせた理由やこの顧問の先生について調べてみたいと思います!!

 

 

南郷中ソフトテニス部ペナルティで生徒が熱中症で倒れる概要

 

 

この事件についての全容です。

 

 

部活顧問「校舎の周り80周走れ」 男子生徒が熱中症に

 

大津市教育委員会は14日、同市赤尾町の市立南郷中学校(木塚聡明校長)で、男子ソフトテニス部所属の中学2年の男子生徒(14)が同部顧問の男性教諭(31)に「校舎の周囲を80周走れ」と指示され、脱水症状を起こして救急搬送されたと発表した。

 

木塚校長は「一歩間違えば生死に関わる理不尽な指導だった。心からおわび申し上げたい」と話した。

 

 市教委によると、12日午後の部活動の練習中、サーブミスが目立ったペナルティーとして、教諭が1周約230メートルの校舎の周りを走るよう指示。

 

教諭が「何周走るんだ」と尋ね、生徒は「4周」と答えたが、「それではあかん。80周走れ」と指導したという。

 

 

生徒は午後4時半ごろから走り始め、9周目に敷地内で倒れた。工事業者が見つけ救急搬送された。

 

 

https://article.auone.jp/detail/1/2/2/16_2_r_20180714_1531538782891447

 

 

南郷中ソフトテニス部の所在地は?

 

 


Sponsored Links

 

 

大津市立南郷中学校
〒520-0864 滋賀県大津市赤尾町57−1

 

 

引用:https://omoide.sijisuru.com/img/uploads/1/6329

 

 

南郷中学校のソフトテニス部は男子と女子があり、男子のソフトテニス部は1年生19人、2年生12人、3年生2人で合計33人の部員が在籍しています。

 

今回、南郷中学校のソフトテニス部の顧問が指示をした、「校舎80周」ですが、校舎は1周は約230メートルあり、80周走ると約18キロの距離になるとのことです。

 

 

 

 

ソフトテニス部の熱中症で倒れてしまった男子部員は9周目で倒れたと言うことで、2070メートルで倒れたと言うことになりますね!

 

 

この日の大津市は気温30度以上・・・・。かなり暑かったことは確かです。

 

 

南郷中ソフトテニス部の顧問は誰?

 


Sponsored Links

 

 

12日午後5時の気象庁の天気予報によると、大津市の気温は30・1度でした。

 

 

30度も超えると真夏日、かなり暑かったはずですよね~?

 

 

そんなことも気にせずに「80周走れ」と指示したソフトテニス部の南郷中ソフトテニス部の顧問の先生、

 

 

色々調べてみましたが、名前、顔画像などは、今現在公にはされていません。

 

 

年齢が31歳の男性教諭と言うことだけは分かっていますが、その他の詳細は分かっておりません。

 

 

学校側の説明や謝罪は?

 

 

 

南郷中は今回のソフトテニス部の行き過ぎた、ペナルティ罰に対して生徒が熱中症で倒れてしまった件に関して13日の夜に保護者説明会を開きました。

 

 

 

経緯の説明をした上で平松靖之教頭が「行き過ぎた不適切な指導で、保護者におわびする。すでに顧問を指導した。今後は、安心した学校生活が送れるよう努めていく」と話したようです

 

 

 

そして、今現在、ソフトテニス部の顧問は自宅謹慎中と言うことです。

 

 

南郷中ソフトテニス部の被害者生徒の後遺症は?

 

 


Sponsored Links

 

ソフトテニス部の部員で、今回、「校舎80周を走れ」と指示を受けた生徒ですが、走っている途中で倒れて、午後5時10分ごろ校内で作業中の工事の作業員が生徒を見つけて、救急へ連絡。

 

 

生徒は搬送されて病院で処置を受け、13日は学校を一日休んで療養に当てたとの報道です。

 

 

しかし、8年前に兵庫・龍野高校で同じようなケースがあり、テニス部の女子生徒が部活中に熱中症で倒れて、重い障害が残ってしまい、訴訟にまで発展したいます。

 

この重度の後遺症が残ってしまった女子生徒の家族は、部活動の最中に長時間の練習を強制したことで熱中症で倒れたと訴え、学校の監督不行き届きと言うことで大阪高裁では、学校側の過失と言う判決となりました。

 

 

この時の賠償金額は2億4000万円と言うことで、見ていてかわいそうなほどの重度の障害が残っています。

 

 

引用: 兵庫・龍野高校 部活中の事故 最高裁に署名提出 家族の会見→1:28 2015/10/13

 

 

今回の男子生徒も数日の療養で治る程度だと良いのですが・・・・熱中症は障害が残ると言うことも、今回の事件で初めて知りました。

 

 

いくら生徒を鍛えるためとは言え、あまりに酷いペナルティと罰。そこまでしてまで鍛えるスポーツとは?スポーツのあり方を考えてします事件ですね!

 

 

南郷中ソフトテニス部の熱中症事件に対して世論の声は?

 

 


Sponsored Links

 

 

大津市立南郷中学校は、けさ電話が通じましたが担当者不在。
重ねてFAXにて抗議文書を送った。
男子中学生の気持ち、親御さんの気持ち、さらにこれまで誤った指導のもと熱中症で亡くなった子どものために、この教諭を野放しにはしない。 pic.twitter.com/SsV2N7MRTv

 

https://twitter.com/ODORU_NIKU_AMZ6/status/1018129068963737601

 

 

それにしても、学校の先生による生徒への罰、最近はこういった事例が続きすぎている気がしてならないですね。

 

 

生徒も純粋が故、大人のイジメと気づかず従って、自分を痛めてしまう・・・・・いつになったら無くなるのだろうか?

 

 

考えさせられる今日このごろです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています