中曽根康隆の学歴や年齢そして選挙区は?家族と結婚は?公約や政策は?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

久々の政界イケメン、しかも2世でなく、3世議員が今回出馬表明しております。いろいろ曰く付き、政界の裏での目論見付きで、なんかそこが面白くなっていくのでしょうか?それともガッカリ?となるのでしょうか?しかし、期待の星です。中曽根康隆(なかそねやすたか)さん、そう、お名前でもおわかりの通り元自民党、中曽根康弘元首相のお孫さんです。中曽根さんのイメージとくらべてプリンスに見えてしまうのは何故でしょう?

 

もちろん中曽根康隆(なかそねやすたか)さんの父親は、中曽根 弘文(なかそね ひろふみ)氏、自由民主党所属の参議院議員で、外務大臣、文部大臣、科学技術庁長官、自民党参議院議員会長と歴任しています。よって、中曽根康隆(なかそねやすたか)さんは祖父から政治家の血筋を受け継ぐサラブレッド。白馬の王子様ぐらいの見た目ですねぇ。

 

しかし、見た目だけでなく、中曽根 弘文(なかそね ひろふみ)氏の内部、プライベートから政策までをグイーーーーとえぐってみたいと思います。これぐらい、何もかも整っていると、たまにはハズした写真なんかも見たくなりますねぇ。まずは、プロフィールから。

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏のプロフィール

引用: http://yasu-nakasone.com/

 

生年月日: 1982年1月19日(35歳)
出生地:  東京都
出身校:  慶應義塾大学法学部法律学科卒業
      コロンビア大学大学院国際関係学修士号取得
前職:     JPモルガン証券株式会社社員
        参議院議員中曽根弘文私設秘書
親族 祖父: 中曽根康弘(第71・72・73代内閣総理大臣)
       父・中曽根弘文(参議院議員で元文部大臣、外務大臣)
       母・前川真理子(前川喜平・元文部科学事務次官の実妹)

引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/中曽根康隆

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏の学歴や年齢

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さん、2017年現在35歳。

 

そして、卒業大学は、 慶應義塾大学法学部法律学科卒業で学士号、そして コロンビア大学大学院国際関係学部で修士号取得です。

 

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏の経歴

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さんは、幼稚舎から大学まで慶応義塾大学(慶應義塾大学)エスカレートで進学、見た目も何もかも筋金入りのお坊ちゃま育ちです。

 

 

慶応義塾大学といえば、ジャニーズ事務所でアイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんがいますが、桜井翔さんも慶応義塾大学(慶應義塾大学)の幼稚舎~慶応義塾大学(慶應義塾大学)まで、きちんとストレートで(休学もなく)卒業。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

実は中曽根康隆(なかそねやすたか)さんと「嵐」の櫻井翔さんは慶応義塾大学(慶應義塾大学)で同期でかなりの人気者、在学中は学内で1,2を争う、イケメンボーイズだったようです。

 

今は、政治家とアイドルと言う、やはり人気商売、若干サービス業的な部分は同じでしょうか?

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さんはその後米国へ留学、コロンビア大学大学院で修士号を取得しますが、この時には、小泉元総理大臣の長男の小泉進次郎氏もいましたが、1年違いのすれ違いで、授業であったことはなかったようですね。

 

引用: http://nakasone-family.bloghive/c2301059808-4.so-net.ne.jp/arc

 

写真はコロンビア大学の大学院卒業式で学友の女性と一緒の写真です。コロンビア大学の卒業式のマントが定番の黒でなくスカイブルーで格式が高いデザインでカッコイイですね。この女性は韓国ドラマ「チャングムの誓い」にでていた女優さんだそうで、ニュースキャスターとしても活躍中。

 

ここで、ちょっと紹介したいのが、中曽根康隆(なかそねやすたか)さんがファミリーお父さんのブログに小泉進次郎氏との出会いについて書いているので、抜粋したいと思います。

 

私と彼は同じ学年。年が一緒であるだけでなく、大学院も偶然にも同じ。米国ニューヨークにあるコロンビア大学大学院で二人とも修士学号を取得している。

彼は1年プログラム、私は2年プログラム。彼が卒業すると同時に私が入学した。よってすれ違いとなりニューヨークでは一度も会った事がない。

私と彼を繋いでくれたのはコロンビア大学院のカーチス教授。日本政治学の権威である先生の授業を私も彼も違うタイミングで受けていた。

去年、カーチス教授の娘のジェニー(同じくコロンビア大学院のクラスメート)が来日した際に3人でお好み焼きを食べにいった。

========  割愛  ========   

前の投稿でもちょっと話したが、群馬を回っていると皆さんに「進次郎に似ている」と言われる。。。個人的にはただ「若い」というだけな気がするが。。。

あなたはどっち派? 

引用: http://web.archive.org/web/20100716021646/http://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp:80/2010-04-28-2

 

 小泉進次郎氏とも同じ大学卒と言うことで、日本でご縁があり、たまにお酒を飲むぐらいの仲にみえますねぇ。

 

米国のコロンビア大学卒業後、2008年に金融の名門であるJPモルガン証券に就職、債券宮業本部に在籍、金融法人相当営業だということをブログで明らかにされています。

 

その後、2013年から、父親の中曽根弘文参院議員の秘書として政治家の地盤を築いてきました。

 

しかし、今年2017年8月末で、父親のに中曽根弘文氏の私設秘書辞任し、選挙への出馬宣言に合わせて、準備に入る意向を示しました。

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏の選挙区

 

2017年9月21日、第48回衆議院議員総選挙で群馬1区から立候補する意向を正式表明した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/中曽根康隆

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さん、出馬表明をしてから、どこの選挙区からなのか?メディアがさまざまな予想や憶測を語っていました。父親の関係や、自民党がらみの関係から、ご自身の立ち位置を探し求めていて、やっと、公式にHPやフェイスブックでご自身の出馬地区を決めて、将来の目標について、語っています。失礼ながら中曽根康隆(なかそねやすたか)さんのHPのご挨拶文を引用いたします。

 

新聞等でも報道されましたが、この度、4年間勤めた中曽根弘文事務所を退職し、今後は独立した1人の35歳として自身の政治活動に精進していく事を決意致しました。

この4年間、秘書として群馬県内をひたすら廻る中で、世代を超えて本当に沢山の方々と出会い、それぞれの本音の言葉や想いを聞かせて頂きました。

これからの世代として自分自身に何が出来るか、この皆さんの声を無駄にしない為に何をするべきか。

私の群馬、日本への想いは以前にも増して強くなっています。50年先まで責任をもって発言、行動できる35歳という年齢。先輩方には育てて頂き、同世代とは共に未来へ挑戦していく強い決意でおります。

肩書きのない、1人の若者となりましたが、志だけは強くあります。これからも皆様の益々のご指導を何卒宜しくお願い致します。

https://ameblo.jp/yasutaka-nakasone/day-20170923.html

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏の政策と公約

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さんの政策は5本柱です。中曽根康隆(なかそねやすたか)さんのHPより抜粋です。

1.景気回復:地方の活力が日本を元気にする。地方が実感できる景気回復を。
  ただ単に国からの予算を頼るのではなく、それぞれの良さを活かした自立した地域を作り、
  地域の景気を、地域で支えられる仕組みをつくる必要があります。

2.財政再建: 次世代の為にも財政再建に真っ向勝負。
  状況改善の為には歳出削減も必要ではありますが、民間企業の活力をアップさせて税収を増やすことや、
  海外からの企業・人の誘致を積極的に行う事も大切です。

3.外交・安全保障: 日本の主権・平和を守るために、強い外交・安全保障政策を。
  諸外国と渡り合える外交を展開する必要があります。
  戦後から維持してきた「日米安保路線」を継続し、日米同盟を基軸として、アメリカとの協力関係をより強いものにしていくことが大前提です

4.教育: 
  資源の少ない日本で、「人」は最大の財産です。
  知識から“知恵”を得るためのプロセスを学ぶことができるようなシステムを構築する必要があります。

5.農業: 稼げる農業、魅力ある農業を。
  農業従事者の高齢化、そして後継者不足は年々深刻化していますが、「稼げる農業」、
  「仕事として魅力ある農業」をいかにして創り出していくかが鍵になると考えます。 

引用: 中曽根康隆公式HP http://yasu-nakasone.com/?page_id=19080

 

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)家族と結婚は?

 

中曽根康隆(なかそねやすたか)さんのご家族。

 

祖父の元総理大臣、中曽根康弘氏もご健在でお元気のようです。そして、中曽根康隆(なかそねやすたか)さんの妹さんは文子さんと言う名前で、実業家、日本交通株式会社代表取締役会長の川鍋一朗氏と結婚して、お子さんも生まれて、今や元総理大臣、中曽根康弘さんもひ孫さんを抱いて幸せな日々を送られています。

 

引用: http://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304243945-6

引用: http://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304243945-6

 

 

こんなにイケメンでなにもかも整っている中曽根康隆(なかそねやすたか)さん、ご結婚の方は?といろいろ調べてみましたが、まだ、中曽根康隆(なかそねやすたか)さんのおメガネに叶う方がいらっしゃらないようで、花の独身です。

 

また、出馬表明もしたこともあり、今は選挙に当選することが一番の目標でしょうね!そして、公約を守ることが次へのステップとなりますので、その実力が証明される頃、政治家の妻をめとるのでは?と思われます。

 

政界のニュースターで、これから小泉進次郎氏と同じく、2世、3世政治家として注目されることは間違いないですね。これからの選挙運動もどのような演説をするのか、とても興味深いです。また、新しい情報が入り次第、こちらでもアップしてゆきたいと思います!!

 

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links



人物

Posted by wikiwiki