中村匠吾(マラソン)の出身中学・高校は四日市で愛用シューズは?結婚相手や兄弟を調査!


Sponsored Links



 

 

 

先日行われたマラソングランドチャンピオンシップで見事に優勝し、オリンピック代表の座を掴んだ中村匠吾(なかむら しょうご)さん。

 

 

 

マラソン初挑戦からわずか1年で代表の座を掴みましたが、果たしてどんな選手なのでしょうか。

 

 

 

ここでは中村匠吾さんの中高時代やスパイク、その他について調べてみました。

 

 

 

中村匠吾のプロフィール

 

 

引用:https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2019091602000162.html

 

 

 

名前:                  中村 匠吾           (なかむら しょうご)

生年月日:           1992916

出身地:              三重県四日市市

身長:                  172cm

体重:                  55kg

大学:                  駒沢大学

所属:                  富士通

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中村匠吾

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

中村匠吾の経歴

 

中村匠吾さんは、駒沢大学の陸上部で始めは目立った活躍がなかったものの、徐々に力をつけていき、ユニバーシアードでハーフマラソンに出場し、銅メダルを獲得します。

 

 

 

4年生の時にはチームの主将を務め、駒沢大学の全日本大学駅伝での4連覇に貢献します。

 

 

 

卒業後は富士通に入社し、20183月のびわ湖毎日マラソンでマラソン初挑戦すると、日本人でトップの成績を収めます。

 

 

 

9月にはベルリンマラソンに挑戦、日本男子トップの4位に入りました。

 

 

 

そして中村匠吾さんは、2019915日のマラソングランドチャンピオンシップに出場すると、最終盤までナイキの大迫傑さん、トヨタ自動車の服部勇馬さんと接戦を演じ、1位でゴールして2020年東京オリンピック男子マラソン日本代表の切符を獲得しました。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

中村匠吾の中高時代は?

 

中村匠吾さんは三重県四日市市の出身。

 

 

 

四日市市立内部中学校の時には、三重県中学校駅伝競走大会で区間賞を受賞しています。

 

 

 

また高校は上野工業高校に進み、高3時の沖縄インターハイで、5000m3位入賞。

 

 

 

また10月には5000m高校歴代7位となり、当初から注目される選手だったようです。

 

 

 

しかしオリンピックの代表になるとは、まさかこの頃は誰も思わなかったでしょうね。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

中村匠吾のシューズは?

 

オリンピックの代表になった中村匠吾さん、果たしてどこのシューズを履いているのでしょうか?

 

 

 

中村匠吾さんがMGCで履いていたのは、「ナイキズーム・ヴェイパーフライネクスト%」です。

 

 

 引用:https://fukusoku-sapuri.com/news-flash/nike-zoomx-vaporfly-next-percent/

 

 

ちなみにこのシューズは、3位の大迫傑さんなども履いていたそうです。

 

 

 

お値段ですが、「ナイキズーム・ヴェイパーフライネクスト%」は、一足29700円だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

中村匠吾さんの結婚相手は?

 

こうして何かスポーツで活躍すると、決まって検索されるのが「結婚相手」や「恋人」。

 

 

 

中村匠吾さんに関しては、まだそういう情報は何もわかりませんでした。

 

 

 

まあ27歳ですから付き合っている相手の一人くらいいるのでしょうが、その辺は情報がないので、何もわかりませんでした。

 

 

 

まだ独身のようですが、オリンピックまではマラソン一筋なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

中村匠吾の弟は?

 

中村匠吾さんのツイッターやインスラグラムは非公開になっているので、写真などは見られませんが、どうやら弟さんがいて、社会人2年目で陸上をされているようです。

 

 

 

噂によると、短距離ランナーだそうです。

 

 

 

双子と見間違えるほど顔がそっくりだ、という情報もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

来年の東京オリンピックに向け、見事代表を勝ち取った中村匠吾さん。

 

 

 

日本が伝統的に強い競技であるマラソンで、果たして地元Vを達成することはできるでしょうか?

 

 

 

本番は暑い日のレースになりそうですが、頑張ってほしいですね。

 

error: Content is protected !!