中村匠吾がイケメン!フォームや愛用シューズを調査!弟も陸上選手で大学や所属はどこ?


Sponsored Links



2019マラソングランドチャンピオンシップ優勝し、東京オリンピックで日本人メダルの最有力候補の1人年て注目される中村匠吾選手。

 

マラソン界ではイケメンともてはやされていますが・・・・

 

そのフォームや愛用シューズが気になるところです。なんと、弟さんも陸上選手と言うことですが、大学や所属はどこなのでしょうか?調べてみました!

 

 


今回は彼の強さの秘密やプロフィールを調査しました。

 



Sponsored Links



 

中村匠吾のプロフィール

 

 

 

引用:https://twitter.com/FujitsuOfficial/

 

本名:中村 匠吾

出身地:三重県四日市市

生年月日:1992年9月16日(27歳)

身長:172cm

体重:55kg

所属:富士通

出身大学:駒澤大学

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中村匠吾

 

家族構成は両親と弟が1人です。中学時代の中村匠吾選手は、当時、かなりモテたそうです。

 

この当時から、イケメンランナーとして注目されていた模様です。

 

そして、かなりの偏食であったと当時の恩師がインタビューで語っていました。

 

しかし、本人は「食が細かっただけ」と語っています。

 

 

 



Sponsored Links



 

中村匠吾の経歴は?

 

 


高校3年時の2010年沖縄インターハイ5000mで3位入賞(日本人2位)し頭角を現し始めます。

 


同年10月には5000m高校歴代7位(当時)となる13分50秒38を記録し、5000mで同世代の最高記録保持者となり注目を集めます。

 


その後、駒澤大学に入学し3年の時に開かれた2013年関東インカレでは2部10000mで優勝します。

 


さらに同年の日本選手権でも10000mに出場し5位入賞を果たした。また、同年のユニバーシアードにハーフマラソン代表選手として出場し、銅メダルを獲得します。

 


そして駅伝においても大学三大駅伝のうちの2つ、出雲駅伝と全日本大学駅伝では、ともに1区を走り区間賞獲得の活躍を果たします。

 

4年生の時には、箱根駅伝でも1区をはしり、区間賞を奪取します。これで、大学三大駅伝の全てで区間賞を獲得したことになります。

 

大学卒業後に富士通駅伝部所属となり、2018年9月のベルリンマラソンでは、2時間8分16秒と自己記録を2分35秒更新し、日本男子トップの4位に入りオリンピック出場が期待される様になりました。

 

そして、2019年9月15日のマラソングランドチャンピオンシップに出場し1位でゴール入選を果たし、ついに東京オリンピックの出場切符を手にしたのです。

 



Sponsored Links



 

中村匠吾のフォームや愛用シューズの特徴は?

 

 

中村匠吾選手のフォームの特徴としては、“リアフット(かかと着地)走法”が挙げられます。

 

 

多くの選手が“フォアフット(つま先着地)”の中で異彩を放つそのフォームですが、今回ののマラソングランドチャンピオンシップ優勝を経て、改めて注目を集めそうです。

 

そのフォームについて旭化成陸上部総監督の宗猛氏がこう語っています。

 


「中村選手は終始、集団の中で淡々と走っていたし、40キロ前後での勝負をイメージしていたはずです。こんしんのスパートで揺さぶりをかけ、本人が想定していたレースができました。


彼の良さはフォームに力みがないことです。爆発的な感じはありませんが、リズムで押していくタイプ。スッ、スッ、スッと走る感じで、効率のいい走りができるのです。」

引用:https://www.daily.co.jp/general/2019/09/16/0012704420.shtml


 

 

そしてもう一つ中村匠吾選手を支えているのが愛用のナイキの厚底シューズです。

 

1時は、世界陸連がシューズに関する新ルールを発表し、規制される可能性があるとも報じられたが、今後も使用できるようになりました。

 

この件に関して、中村匠吾選手は

 

「ルールでしっかり使用できることになった。今のシューズは非常に合っている。引き続き使っていけたら。」

 

と語っています。

(引用:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202002040000321.html)

 

 

 



Sponsored Links



中村匠吾の弟も陸上選手で、大学や所属はどこ?

 

 

中村匠吾選手の弟は、中村晋也選手でこちらも陸上選手です。

 

三重県の皇學館大学を卒業後、400m選手として、三重県の「ULTIMATE」に所属しています。

 

兄と同じく、ナイキのシューズを愛用している模様です。

 

自身のTwitterで兄のオリンピック出場を祝うなど、兄弟の仲の良さが見て取れます。

 

error: Content is protected !!