室井麻希の経歴と大学!年収は?旦那(夫)はイケメンモデル!


Sponsored Links



 

 

 

H&MのPRコミュニケーションマネージャーであり、前職はピーチ・ジョンのPRマネージャーであった室井麻希(むろいまき) さん、ファッション界をリードする売れっ子ブランドをここまでの仕上げてきた室井麻希(むろいまき)さんは子育て中のキャリアウーマン。

 

美しい笑顔に隠された、経営理念や仕事とプライベートのバランス、妻としての顔、母として顔を探ってみたいですね!!

 

 

さて、今回スポットをあてるのは、あの大人気ブランド、H&MのPRマネージャーをしている室井麻希さんです。

 

私事ですが、10年ほど前、まだ日本にH&Mが入ってきていなかった時、ポーランドを旅行していてたまたまワルシャワのH&Mに立ち寄った際、日本のファッションを扱う店との違いにかなりびっくりしたのを良く憶えています。

 

同じデザインの洋服が、色違い、サイズ違いでハンガーにたくさん吊るされ、それがものすごい広い店内に見やすく配置されていますね。

 

値段はポーランドの通貨のズウォティだったので、そんなに安い! とピンときたわけではありませんが……,

 

 

例えば現地での食事代やお土産代と比較して、日本での洋服の値段と比べてそうとう安いなとテンションがあがってしまい、持ってきたスーツケースの容量も考えずにたくさん買ってしまいました。

 

お店の雰囲気は洋服のスーパーマーケットのようなんですが、扱っている商品がどれもオシャレでかわいかったからです。

 

当時の日本ではユニクロが近い存在ではありましたが、ユニクロの商品はどちらかというとおとなしめ!

 

というか、無難でユニセックスなデザインのイメージがあって、誰かとかぶるのがイヤな私は敬遠していたのですが、ユニクロのように安くて大量生産だけどファッショナブルで、たくさんのデザインがあるから個性も出せるという、いわゆるファストファッションといわれるこのお店が、私にはとても魅力的に映りました。

 

なので日本で地元にH&Mができるというニュースが飛び交うとそれはもう心待ちにし、オープンして数週間後、お客さんの数が落ち着いてきた頃を見計らって行きました。

 

予想どおり、楽しくお買い物ができて大満足でした。

 

こんな風に、H&Mが日本にあることを嬉しく思っている方、私以外にもけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなH&Mの日本でのPR部門の責任者を任されているのが室井麻希さんなのです。

 

元モデルで現在プライベートでは一児の母でもあるという、とても気になる経歴の持ち主である室井麻希さんについて調べてみましたよ。

 

 

 

室井麻希(むろいまき)さんプロフィール

 

 

引用: https://voguegirl.jp/2016/07/

 

生年月日:1979年12月26日生まれ(37歳)

出身地:東北

学歴:国際基督教大学(ICU)卒業

家族:夫/U-ya Kudo-(モデル)と息子(2歳)

経歴:外資系広告代理店勤務→香港でモデル→ピーチ・ジョンのPRマネージャ→H&M PRマネージャー

 

 

 

室井麻希(むろいまき)さん経歴

 

 

学生時代はファッションより勉強が好きで、将来は国連に入りたかったという室井麻希さん。

 

学級委員タイプだったそうです。

 

国連に入りやすいからという理由で大学もICUを選び政治を学ばれますが、国連に入るには大学院に行かなければならず、それを考えた時、大学院に興味がなかったことからもっと外の世界を知りたいと方向転換。

 

外資系の広告代理店に就職しました。

 

3年ほど戦略プランニングという部署で働いて、「どうしてもアジアの国に住んでみたい」という理由から仕事を辞め香港に渡ります。

 

香港ではモデルの仕事をされたということで、写真のとおり、上品な顔立ちにすらっとした手足を持つ美人さんです。

 

モデルの仕事をしながら、香港以外にもシンガポールや台湾にも住んでいたらしいのですが、だからでしょうか?少しコスモポリタンのような雰囲気がありますね!

 

室井麻希さんという方は、自分の欲求にとても素直というか、常に自分が何を望んでいるのかということに耳をかたむけ、それを実現する行動力を持っている「自分の人生を生きる力」を持っている方だなあという印象です。

 

特に日本人は型にはまった行動をしがちというか、自分がどうしたいということよりも、どうすべきということに重きをおいて行動を決めがちです。

 

なので個性や主張がないと言われていますが、室井麻希さんさんは真逆な感じですね。

 

とてもステキです。

 

 


Sponsored Links



 

 

室井麻希(むろいまき)さんの年収

 

室井麻希さんがモデルの仕事の後、舞い降りてきたピーチ・ジョンのPRマネージャーの仕事、そしてその後、H&MのPRコミュニケーションマネージャーに就任します。

 

さて、気になる実はすでにファッションブランドのマネージャー職は2度めと言う敏腕な室井麻希さんなんですね。

 

気になる年収です。「エン転職」と言うサイトにフロアマネージャーの求人がでていました。

 

エイチ・アンド・エム へネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社の転職・求人情報

【事業内容】
衣料品等の卸及び販売  レディース・メンズの洋服、及び雑貨の販売 
◎H&Mはヨーロッパを中心に、北米・中東・アジアと世界中に展開。
現在、世界68市場に約4500店舗を出店、世界中に約15万名の従業員を抱える、
グローバルブランドです。 ※H&M社の日本法人

< フロアマネージャー<希望や適性に応じて、さまざまなキャリアステップが可能! >
担当売場のスタッフマネジメント業務、接客販売や商品ディスプレイといった運営全般業務。正社員
【仕事内容】
◆売場での接客
◆チームメンバーのスキル育成・研修・評価
◆スタッフのモチベーション管理
◆キャンペーンやイベント企画 など

給与: 年俸制 280万円以上(1/12を毎月支給します)※前職の給与を考慮の上、決定します。

引用: https://employment.en-japan.com/desc_475837/

 

フロアマネージャーで280万円の年俸は、かなり低いですね~!

ただ、前職の給与を考慮となっていますので、経験があれば、280万より上乗せあり!と言うことでしょうね?

 

他のヨーロッパなどのラグジュアリーブランド(高級ブランド)のコミュニケーションマネージャーでおおよそ700万円以上でした。

 

H&Mはどちらかと言うとカジュアルブランドの部類にはいりますので、もう少し低めかと?

 

室井さんの場合、H&MのPRコミュニケーションマネージャー、いわゆる広報部のマネージャーさんと言うことですし、経験値も外資のピーチジョンで経験をしていますので、500万円~1000万円の間と言ったところではないでしょうか?

 

 

室井麻希(むろいまき)さんの旦那(夫)

 

そんな室井麻希さんは香港で、今の旦那様である3歳年上のU-yaさんと出会います。

 

この旦那様、職業がモデルさんだけあって、目の覚めるようなハンサムガイなのです。

 

 

Unexpected shooting by @sakisugai 📸 #hmstudioaw17 #hmmen #ゆーやくん #パンツかっちょよいね👖

A post shared by MAKI MUROI 室井麻希 (@lovelymakirin) on

 

インスタのコメントに「うん、うん」と頷いてしまって何にも言えないほど、カッコイイ!

目線がもう、普通の人とちがいますねぇ~。こんな目線でいつも側にいられたらソワソワしますよねぇ~。

 

これが家族写真・・・・・本物のモデルよりもカッコイイお二人ですね!!

 

美男美女ということで、香港で撮った結婚写真は百貨店で展示されたとか。

 

しかも無断で!そりゃそうですねぇ~。モデル写真よりも素敵ですものね!愛に満ちていて!

 

確かにモデルさん同士の結婚写真、絵にならないはずがありませんよね。

 

無断はよくないですが、飾っておきたくなる気持ちは良くわかります。

 

室井麻希(むろいまき)さんの転機は野口美佳さんとの出会い

 

そして香港時代にもう一人、ピーチジョンの社長である野口美佳さんと出会ったことからモデルを辞めてピーチジョンのPR担当として働きだします。

 

より深くファッションのことを学びたいと思うようになり、今の仕事場であるH&Mに転職されたというのが今までの経緯ということになります。

 

H&MではPRコミュニケーション部門の責任者を任され、海外に住んで身につけた語学力と多角的な視点で精力的に活躍なさっています。

 

その華やかな人柄にファッション業界にファンも多いのだそう。

 

室井麻希(むろいまき)さんの子育てと仕事のバランス、そしてキャリア

 

ご結婚は2010年の3月、室井麻希さん30歳の時でした。

 

現在は二歳になる息子さんがいらっしゃるということでプライベートも充実している様子ですね!

 

 

 

働きながらの子育てはとてもたいへんでしょうけれど、H&Mという会社はとてもワークライフバランスが進んでいる会社らしく、社長でご自身も二児の母であるクリスティン・エドマンさんが18時になると社員に早く帰るようオフィスをパトロールしながら促すんだそうです。

 

すばらしい会社ですよね。

 

 

そうやってプライベートと仕事をきっちりわけることで、仕事をする時はより効率的に動くよう意識できるそうです。

 

ご自身の仕事を通して日本の女性を盛り上げていきたいという思いを持っていらっしゃるそうで、これからの活躍にも期待しちゃいますね。

 

こんな風に気負いなく志の高いことを言える方はそういないと思います。

 

自分の想いを実現することが自然なことだった室井麻希さんだからこそなのでしょうね。

 

本当に魅力的な方です。

 

私も見習って、今一度、自分が何をしたいか、どんなふうになりたいか、ビジョンを描いてみることから真似してみようと思いました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!