両角公佑(カーリング)はイケメンだけど結婚が気になる!身長や大学を調べた!

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

冬季五輪として2018年3月に開催する平昌五輪!!

 

今回はそんな平昌五輪に日本代表候補に決まったSC軽井沢クラブの両角公佑選手について紹介します。

 

両角公佑選手のプロフィール

 

引用: http://www.imgrum.org/media/1226052371531272483_885342403

 

 

名前:  両角公佑(もろずみこうすけ)

生年月日:1988年7月27日(28才)

出身:      長野県

出身中学校:軽井沢中学校(長野県)

出身高校: 岩村田高校(長野県)

出身大学: 国際武道大学

 

 

1988年7月27日生まれの29歳で出身は長野県軽井沢町出身です。

 

所属チームは、2016年4月に行われた男子世界選手権で日本代表のSC軽井沢クラブ。(SCはスポーツコミュニティーの略です。)

 

SC軽井沢クラブは、NPO法人が運営するスポーツクラブです。

 

このチームに所属する選手たちはプロのアスリートではなく、会社員として働いています。

 

勤務時間は8時から17時までで、その後は練習になるようです。

 

スポーツクラブとしてはカーリングとフットサルのチーム運営を主たる活動として。また各種スポーツ教室の展開もしています。

 

両角公佑選手の身長

 

両角公佑選手の身長は165cm、68kg、そんなに大柄な選手ではありませんねぇ〜。

カーリングはあまり身長は関係ないスポーツのように思えますので、普通の人と同じぐらいの体格と言ったところでしょう。

 

両角公佑選手の高校と大学は?

 

両角公佑選手は中学・高校と長野県の学校を卒業。高校は岩村田高校。兄の両角公佑選手さんも同じ高校を卒業しています。。

 

 

千葉県勝浦市の国際武道大学を卒業、母校からの招待で講演などもしているみたいですね!

 

やっぱり、イケメンですね!

 

国際武道大学では、

 

国際武道大学は、学術力(研究力に基づく教育力)を備えた大学として、人間存在の基軸となる人間精神・人間身体の「道理」を究め教授することで、専門性と先見性に優れた真のリーダーを育成し、より良い未来社会を構築してまいります。

 

引用: http://www.budo-u.ac.jp/outline/mission.html 
 
 
このような人間育成をめざしているそうです!

 

 

両角公佑選手の経歴

 

カーリングの選手として活躍中の両角公佑選手!!

 

カーリングという競技は、1998年に行われた長野オリンピックで日本中に知れ渡ることになりました!!

 

当時、兄の友佑さんは中学1年生、小学3年生だった両角公佑選手はカーリングを観て心が動かされたようです・・・

 

ですが、公佑さんがカーリングを始めたのは小学6年生になってからで中学のときにはバレー部に所属していました。

 

そして本格的にカーリングを選んだのは、高校1年生の夏合宿でした。

 

2005年には日本ジュニアカーリング選手権に優勝しています。

 

高校生になった翌年の2006年には全国高校カーリング選手権にて優勝!!

 

 

2007年にも優勝します。

 

それから数々の大会で優勝という成績を残した両角公佑選手。

 

 

2008年、2009年、2013年〜2015年にはパシフィック・アジアカーリング選手権という大舞台で準優勝という成績をおさめました。

 

現在所属しているSC軽井沢クラブは2017年2月に行われた日本選手権で、5年連続8度目の優勝を誇っています。

 

両角公佑選手のチームメイトの兄

 

そんなSC軽井沢クラブには、4学年上のお兄さんがいます。

 

チームのキャプテンをして司令塔として活躍しており、カーリングの司令塔のことを“スキップ”と呼びます!!

 

両角公佑選手は“リード”を担当しています。

 

プレーをする際は、弟の両角公佑選手から始まり、兄である両角友佑選手が試合を決めるというスタイルのようです。

 

この流れは他の競技では滅多に見られるものではなさそうですね!!

 

兄弟そろってオリンピックに出場することを二人はどう思っているのでしょうか!?

 

両角公佑選手はイケメンだけど結婚は?

 

両角公佑選手、これだけカッコイイので、結婚の相手について調べてみました。彼女やまたは、交際している相手がいるのか?気になるところです。

 

しかし、噂がないことから、今現在はそういった存在はいないようです。

 

オリンピックも間近ですから、今はオリンピックまっしぐら!なのかもしれません。

 

両角公佑選手のオリンピックに向けての意気込み

 

 

自分たちは日本男子のカーリングを有名にして、次の世代がやりやすい環境にする仕事がある 

 

引用:https://mainichi.jp/articles/20170413/k00/00m/050/127000c

 

兄である友佑さんと弟、公佑さんが影響を受けたオリンピックという夢の舞台!!今度は夢を与える側に回るなんてとても素敵なことですね!!

 

 

そんな両角公佑選手率いるSC軽井沢クラブに注目です!!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Links
Sponsored Links