森昌子の次男の森内智寛(画像)の現在の仕事や学歴を調査!結婚相手が気になる!


Sponsored Links



 

 

 

先日、60歳である今年の年末までに引退することを発表した森昌子。

 

 

 

前夫である森進一との間に三人の子供をもうけています。

 

 

 

今回は、その次男である森内智寛についての情報です。

 

 

 



Sponsored Links



 

 

森昌子のプロフィール

 

 

 

 

引用:https://jisin.jp/entertainment/interview/1722796/

 

 



名前:                  森田 昌子           (もりた まさこ)

 

生年月日:           19581013

 

出身地:              栃木県宇都宮市

 

職業:                  演歌歌手、女優

 

レーベル:           キングレコード

 

事務所:              おんがく工房

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/森田昌子


 

 

 

 

森昌子の経歴

 

 

親が音楽好きで、厳しく歌唱を教えられ、宇都宮の小学校から東京の学校に転校し、堀越学園高校を卒業します。

 

 

 

1971年の日本テレビ「スター誕生」に13歳で出場し、初代グランドチャンピオンになります。

 

 

 

1972年に「せんせい」で歌手デビュー。当時のキャッチフレーズは「あなたのクラスメート」でした。

 

 

 

 

その翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれました。

 

 

 

1977年の「なみだの桟橋」以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始めます。1983年「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞します。この他テレビドラマにも出演し、女優としても活躍しました。

 

 

 

1986年に同じく歌手の森進一と結婚します。

 

 

 

 

20052月、自宅で過呼吸の発作を起こし、意識を失って倒れ緊急入院しました。これで様々な憶測を呼び、ワイドショーや週刊誌に不仲説が取り上げられて、後の離婚騒動に発展します。同年4月に森進一と離婚します。

 

 

 

20063月に歌手として復帰することを発表し、この年の紅白歌合戦にも出場します。

 

 

 

2019325日、年内限りでの引退を発表しました。

 



Sponsored Links



 

森内智寛の学歴や仕事は?

 

 

 

森進一と森昌子の次男である森内智寛(もりうち ともひろ)ですが、兄と弟はジャニーズに入って芸能界入りしましたが、本人は芸能界に入ることもなく、一般人として生活しています。

 

 

 

なんでも幼稚舎から慶應に入って、そのままエスカレーターで小中高と慶應の附属に進み、大学も慶應大学なのだそうです。

 

 

 

そして卒業後は、テレビ東京の社員になりADとして働いているそうです。

 

 

 

顔画像はこちら。

 

 

 引用:https://芸能人の息子まとめ.com/mori-masako-musuko/

 

 

ちょっとふっくらしていますが、ワンオクのTakaになんとなく似ていますね。

 

 

 

テレ東の社員であればなるのは大変難しいですが、ADというのはどうなんでしょうね。普通ADというのはこき使われて、非常な激務だと言われています。

 

 

 

もしディレクターになれればいいですが、「AD」というのは「アシスタントディレクター」の略なのですが、実情は「明日も奴隷」の略だと自嘲気味に言われたりします。

 

 

 

慶應大学をエスカレーターで卒業するなど、完全にお坊ちゃんだった森内智寛が、ADでどのような仕事をしているのか、他のADと同じくやはりこき使われているのか、興味ありますね。

 

 

 

ちなみにある番組でADをしていた時に、とんねるずにお茶を出したそうです。そこで「おふくろさん」を歌ってくれとイジられたそうです。

 

 

 

明らかにとんねるずは森進一の息子だとわかってのイジりだったのでしょうね。

 

 



Sponsored Links



 

森内智寛の結婚相手は?

 

 

 

森内智寛は結婚していますが、結婚相手の情報は何もわかりませんでした。

 

 

 

一般人なので、何も公表していないようです。

 

 

 

森内智寛のテレ東就職は森進一のおかげ?

 

 

 

父親である森進一は、自分に学歴がないことを少々悔しく思っていて、その分子どもたちの教育には熱心だったようです。

 

 

 

長男も次男も慶応幼稚舎に入れていますので、かなりの教育パパだったことが伺えます。

 

 

 

次男がサラリーマン向きだというのを活かし、優良企業に入れたいと思い、テレ東は「演歌の花道」などで森進一と関係が深く、上層部とパイプもあったために、次男をテレ東に入れたのだそうです。

 

 

 

まあ本当に教育熱心な親であれば子供は国立大学に進ませるでしょうが、慶応幼稚舎に入れるあたり、森進一がかなり自分に学歴がないことを気にしていたことが伺えますね。

 

 

 

 

 



Sponsored Links



まとめ

 

森進一と森昌子の次男である森内智寛。

 

 

 

現在はADとしてテレ東の裏方として頑張っているようです。

 

 

 

いつかテレ東に両親が出演した時、子供さんとしてテレビに登場するかもしれませんね。

error: Content is protected !!