深山英世(レオパレス社長)の顔画像や家系図が話題!韓国籍の噂や自宅や資産なども調査


Sponsored Links



 

 

 

不正建築問題で世間を賑わせているレオパレス21

 

 

 

建築基準法に合わないアパートを施工した問題で、世間のバッシングを浴びています。

 

 

 

その社長の深山英世社長とは、どんな人物でしょうか?

 

 

 

その家系図や資産、噂などについて調べてみました。

 

 

 

 



Sponsored Links



 

深山英世のプロフィール

 

名前:                  深山 英世           (みやま えいせい)

生年月日:           19571113

出身地:              長崎県壱岐市

 

 

 

 

深山英世の経歴

 

長崎県立壱岐高校卒業後、大学に進学しますが中退し、おじの深山祐助の創業した株式会社ミヤマ(レオパレス21の前身)に入社し、不動産売買の仲介営業を始めます。

 

 

 

 

賃貸事業本部長、経営企画本部長、専務などを経て、200912月に副社長に、201022日に代表取締役社長に就任します。

 

 

 

ビジネスジャーナル誌は、レオパレス21が建築基準法違反の疑いで株価が急落した点を踏まえ、深山英世氏を「お騒がせ企業のトップも1億円プレーヤー」と評して「役員報酬は年12500万円(20183月期)」と紹介しています。

 



Sponsored Links



 

深山英世の家系図

 

 

 

レオパレス21の会社癌用を見ていると、深山さんがたくさん出てきます。

 

 

 

そこで、レオパレス21の歴史と一緒に家系図を見てみましょう。

 

 

 

レオパレス(の前身)は、1975年に深山祐助氏が興した会社です。深山祐助氏は2019年現在74歳のようです。

 

 

 

深山英世氏はこの深山祐助氏の甥に当たります。

 

 

 

そしてレオパレスの取締役 副社長執行役員に、深山忠広(みやまただひろ)氏がいます。60代くらいでしょうか?

 

 

 

 

そして2008年に設立された株式会社MDIには、深山将史氏という人物が経営に携わっています。

 



Sponsored Links



 

まだ若く、年齢は3040代くらいのようなので、もしかすると深山英世氏か深山祐助氏の息子でしょうか?

 

 

 

ツイッターにこんな書き込みをした人がいます。

 

 

 

 

・・・というわけで、これまでに出てきた人物をまとめると、

 

 

 

深山祐助前社長(74歳)

深山将史さん(30,40代)息子()

深山英世社長(61歳)

深山忠広副社長(53歳)

 

 

 

となります。

 

 

 

典型的な親族企業のようですね。

 

 



Sponsored Links



 

深山英世は韓国籍?

 

こういう事件があると、バカの一つ覚えのように「社長は韓国籍では?」という根も葉もない噂が立ちますが、一体何故深山英世氏が韓国籍だと言われるのか、その理由を考えてみました。

 

 

 

まず、苗字が「ミヤマ」だからです。「キムチの美山」というのはテレビのCMでも流れていますが、その「ミヤマ」と同じ発音なので、通名の苗字なのでは、と思われたようです。

 

 

 

もう一つは、2012年にレオパレスが韓国に合弁会社を設立したからです。韓国の住宅管理会社のウリ管理との合弁会社「ウリレオPMC」を、韓国の安養市に設立しています。

 

 

 

けれど韓国に企業進出するのはよくある話ですし、はっきり言って何の根拠にもなりません。

 

 

 

それと、社名に「21」と入っているからです。よく言われることですが、ハングルで「21」は「トンイル」と読み、「統一」という意味があることから、韓国人が好んで使う数字なのだそうです。

 

 

 

けれどこれも根拠としては薄弱ですね。

 

 

 

あとは・・・長崎県壱岐市の出身だからでしょうか。壱岐島や対馬は朝鮮半島に近く、在日韓国人が多くいると言われているからのようです。

 

 

 

しかしどれもこれも、根拠としてはあまり有力な説とは言えないようです。まああくまでも噂に過ぎない・・・ということで。

 

 

 



Sponsored Links



深山英世の自宅や資産は?

 

 

 

深山英世氏は、あの日本フォーブス誌の2007年版の「日本富豪ランキング」で、35位となっています。

 

 

 

なんとその総資産は、当時のレートで、不動産7.8億ドル(936億円)です。もちろん日本の資産だけではなく、海外不動産や国債などにも投資しているでしょうが、すごい金額ですね。

 

 

 

そして気になるのが、一体どんな邸宅に住んでいるのか、ということですが、これは調べてもわかりませんでした。

 

 

 

けれど上に述べたおじの深山祐助氏の自宅が、東京都目黒区の高級住宅街に建っていることがわかっています。

 

 

 

 

ものすごい豪邸ですね。

 

 

 

深山英世氏も同ランクの家に住んでいると思われるので、推して知るべしでしょうか・・・。

 

 

 



Sponsored Links



まとめ

 

 

不正建築問題で何かと話題のレオパレス21

 

 

 

社長は私腹を肥やしていたようですが、果たして入居者への保証などはちゃんとなされるのでしょうか・・・。

 

 

 

今後の展開を待ちましょう。

error: Content is protected !!