深山英世(レオパレス)の家系図や自宅を調査!卒業大学や娘と韓国へ逃亡の噂が気になる!


Sponsored Links



 

 

 

施工不良問題で世間を騒がせているレオパレス21

 

 

 

その取締役だった深山英世(みやま えいせい)社長が、ついに取締役を退任することになりました。

 

 

 

年商5200億円を上げる大企業でありながら、法令遵守や品質を重視しない企業体質が明らかになってしまったレオパレス21。その責任者だった深山英世さん、娘と韓国へ逃亡したという噂も・・・。

 

 

 

一体どんな家系に生まれたのでしょうか。

 

 

 

引用:https://kigyoka-shacho.com/2018/06/20/miyamaeisei-wiki-son/

 

 

深山英世のプロフィール

 

名前:                  深山 英世           (みやま えいせい)

生年月日:           19571113

出身地:              長崎県壱岐市

 

 

 

 

深山英世の経歴

 

深山英世さんは、長崎県立壱岐高校卒業後、大学に進学しますが中退し、叔父である深山祐助さんの創業した株式会社ミヤマ(レオパレス21の前身)に入社し、不動産売買の仲介営業を始めます。

 

 

 

賃貸事業本部長、経営企画本部長、専務などを経て、200912月に副社長に、201022日に代表取締役社長に就任します。

 

 

 

叔父の作った会社を引き継ぐ形で社長になったわけですね。

 

 

 

ビジネスジャーナル誌は、レオパレス21が建築基準法違反の疑いで株価が急落した点を踏まえ、深山英世さんを「お騒がせ企業のトップも1億円プレーヤー」と評して「役員報酬は年12500万円(20183月期)」と紹介しています。

 

 

 

レオパレス21は施工不良の問題で世間を騒がせていますが、自身は凄い高給取りで私腹を肥やしていたんですね。

 

 

 

深山英世の家系図は?

 

レオパレス(の前身)は、1975年に現在74歳の深山祐助さんが興した会社です。

 

 

 

深山英世さんはこの祐助さんの甥に当たります。

 

 

 

またレオパレスの取締役副社長執行役員に、深山忠広さんがいます。60代くらいの方のようです。

 

 

 

そして2008年に設立された株式会社MDIには、深山将史さんという人物が経営に携わっています。まだ3040代と若く、おそらく祐助さんか永世さんの息子ではないでしょうか。

 

 

 

ここまで出てきた名前をまとめると、

 

 

 

・深山祐助さん(74歳)

・深山英世さん(62歳)

・深山忠広さん(60代?)

・深山将史さん(3040代?)

 

 

 

となります。

 

 

 

典型的な親族企業のようですね。

 

 

 

深山英世の自宅はいかほど?

 

年収1億を超える深山英世さんなので、自宅もさぞかし立派なのではと思われますが、自宅の場所は特定できませんでした。

 

 

 

しかし叔父である深山祐助さんの自宅は発見できました。

 

 

 

まるで要塞のような豪邸です。東京都目黒区の高級住宅地に建っているそうです。

 

 

 

 

深山英世さんのご自宅も、おそらく負けず劣らず立派なのではないかと思われます。

 

 

 

深山英世の出身大学は?

 

深山英世さんの卒業した大学はどこなのでしょうか?

 

 

 

高校は、長崎県立壱岐高校だと判明していますが、大学については情報が出てきません。

 

 

 

大学には進学しましたが、途中で中退してしまったようです。

 

 

 

けれどおそらく、叔父の会社を継いでいるため、ビジネスを大学で学ぶ意志があったものと思われます。であれば、どこかの商学部か経済学部か経営学部ではないでしょうか?

 

 

 

東京であれば一橋大学や青山学院大学や中央大学、それに早稲田大学などにありますね。関西であれば神戸大学や同志社大学にあります。

 

 

 

このあたりの大学のどこかで、ビジネスを学んでいたのではないか・・・と勝手に予想します。

 

 

 

深山英世は娘と一緒に韓国へ逃亡?

 

深山英世さんの娘や妻について検索をされている方がたくさんいるようですが、全く情報は出てきません。

 

 

 

まあ一般人なので当然でしょうが。

 

 

 

一説によると、深山英世さんは娘と一緒に韓国へ逃亡したのでは?という噂が立っています。

 

 

 

しかし深山英世さんは、レオパレスオーナーからの批判に対し、次のようにコメントしています。

 

 

 

「機会があれば。私は別に逃げてるわけじゃございませんので」

 

 

 

このコメントが、オーナーたちからは「反省の色が見えていない」と、逆に非難轟々になる結果を生んでしまいました・・・。

 

 

 

深山英世さん、一体今はどこにいるのでしょうか。

 

 

 

施工不良問題で14千人以上の入居者に退去の可能性が出てきたわけですから、一日も早い誠実な対応が求められますね。

 

 

 

 

まとめ

 

年商5200億円を売り上げる大企業でありながら、その実態はずさんな施工不良物件を多数建てていたことが明らかになったレオパレス21

 

 

 

この問題は企業が責任を取ればいいだけでなく、入居者の退去問題も絡んできているので、一筋縄にはいかなそうです。

 

 

 

果たして深山英世さん、社長は退任しましたが、それだけで済むような問題なのでしょうか・・・。

error: Content is protected !!