美輪明宏は若い頃画像がハーフでイケメン過ぎる生い立ちが気になる!父親の職業や家族も調査!


Sponsored Links



 

 

 

美輪明宏(みわ あきひろ)さんが、911日に軽い脳梗塞で入院しましたが、無事退院し復帰することになりました。

 

 

 

「私は不死身です」と語り、変わらぬキャラで周囲を安心させてくれました。

 

 

 

現在84歳の美輪明宏さんですが、若い頃は大変な美男子で、「ハーフなのでは?」と思う方も少なくないようです。

 

 

 

今回は、その美輪明宏さんについてまとめてみました。

 

 

 

 

美輪明宏のプロフィール

 

 

引用:https://www.sankei.com/entertainments/news/190924/ent1909240011-n1.html

 

 

 

名前:                  丸山 明宏           (まるやま あきひろ)

生年月日:           1935515

出身地:              長崎県長崎市

職業:                  歌手、俳優、演出家、タレント

事務所:              オフィスミワ

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/美輪明宏

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

美輪明宏の経歴

 

美輪明宏さんは、長崎県長崎市で生まれます。

 

 

 

実家は長崎市内の遊郭街でカフェを経営していました。

 

 

 

10歳の時には、原子爆弾の投下で実家も街も壊滅する、という経験をし、父が営んでいた金融業が不調になり貧乏生活を強いられます。

 

 

 

その時の経験が、後の「ヨイトマケの唄」に込められていることは有名ですね。

 

 

 

オペラ歌手を夢見て音大に通うために上京しますが、家業が倒産したので中退。

 

 

 

その後はシャンソン歌手となり、人気を博し、三島由紀夫さんや寺山修司さんなどの数々の文人たちと交流を結びます。

 

 

 

その美貌から「神武以来の美少年」、「シスターボーイ」と評され一世を風靡し、寺山修司さんの「青森県のせむし男」や「毛皮のマリー」などに主演します。

 

 

 

1971年には名前を丸山明宏から美輪明宏に改名し、その頃からTBSラジオ「ラジオ身の上相談」を担当し、25年に渡る長期番組になります。

 

 

 

その後は女装をした奇抜なメイクでテレビに登場し、女言葉で話す特異なキャラとして定着。

 

 

 

映画「もののけ姫」に声優として出演するなど活躍を続け、2012年には「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしました。

 

 

 

美輪明宏さんは2019911日に軽い脳梗塞速を発症し入院しました。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

美輪明宏はハーフ?

 

美輪明宏さんは、お父さんもお母さんも日本人である、純粋な日本人です。

 

 

 

しかし若い頃の画像を見ると大変な美男子で、中性的な魅力のある顔立ちをしています。

 

 

 

そのため「ハーフなのでは?」と勘違いする人も多いようです。

 

 

 

若い頃の画像を見てみましょう。

 

 

引用:https://koimousagi.com/13599.html

 

 引用:https://koimousagi.com/33777.html

 

 

・・・美しいですね。

 

 

 

なんとなくタカラジェンヌの男役を彷彿とさせる顔立ちです。

 

 

 

俳優のピーターさんも若い頃は中性的な美少年でしたが、同じような系統の美男子ですね。

 

 

 

三島由紀夫さんや野坂昭如さん、大江健三郎さんや寺山修司さんが夢中になったのもなんとなくわかる気がします。

 

 

 

三島由紀夫さんは、美輪明宏さんの美貌を「天上界の美」と絶賛しました。

 

 

 

三島由紀夫さんといえばホモセクシュアルだったことで知られていますが、果たして美輪明宏さんと肉体関係はあったのでしょうか?

 

 

 

気になるところですね。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

美輪明宏の生い立ちや家族は?

 

美輪明宏さんの実家は長崎県長崎市。

 

 

 

その遊郭街でカフェ「世界」を営む家に生まれました。

 

 

 

お父さん丸山作一さんといいますが、戦時中ということで、「カフェなどけしからん」と言われ、金融業に鞍替えしました。

 

 

 

美輪明宏さんが10歳の時に長崎市に原爆が投下され、貸付けが返ってこなくなり、美輪明宏さんは子供の頃は貧乏な生活だったそうです。

 

 

 

美輪明宏さんの生母は美輪明宏さんが2歳の時に亡くなってしまい、お父さんが再婚を何回かしているので、異母兄弟も含めると10人くらい兄弟がいるそうです。

 

 

 

生母の名前はヌメさんといい、元々大阪の日赤病院の婦長さんだったそうです。

 

 

 

二番目のお母さんは美輪明宏さんが9歳の時に亡くなり、その後は異母兄弟の面倒を見るために、美輪明宏さんは大変な子供時代を送ったのだそうです。

 

 

 

その時の経験から、あの「ヨイトマケの唄」が生まれたことは、あまりにも有名ですね。

 

 

 

 

「ヨイトマケ」とは、お母さんが工事現場で「ロープをヨイと巻け~」ということからできた言葉です。

 

 

 

2012年の「NHK紅白歌合戦」で、メイクをせずに「ヨイトマケの唄」を歌ったことは、記憶に新しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

脳梗塞で入院していた美輪明宏さんですが、無事退院し復帰しました。

 

 

 

若い頃の画像を見ると大変な美男子ですが、これからもテレビで辛辣なコメントを発する不思議な人として、その姿を見せてほしいですね!

error: Content is protected !!