三笠宮信子さまの現在の激太りを昔の画像と比較!性格や彬子さまとの確執が気になる!


Sponsored Links



 

 

 

三笠宮寛仁親王妃である三笠宮信子さま。

 

 

現在、激太りしている?!と話題になっているようです。

 

 

今回は三笠宮信子さまについて調べてみました!

 

 



Sponsored Links



 

三笠宮信子さまのプロフィールは?

 

 

 

 

 

続柄:麻生太賀吉第三女子

 

全名:信子

 

身位:親王妃

 

敬称:殿下

 

お印:花桃

 

生年月日:195549日(63歳)

 

出身地:東京都渋谷区

 

配偶者    寬仁親王

 

 引用:Wikipedia

 

 

 

夫である寛仁親王は2012年に薨去されています。

 

 

 

三笠宮信子さまの父親は、麻生セメント会長の麻生太賀吉さん。

 

 

 

母は吉田茂元首相の三女、和子さん。

 

 

 

ご兄弟に内閣総理大臣を務め、現在は財務大臣の麻生太郎氏という凄い家系に生まれています!

 

 

政界にパイプがある家柄なので、皇族にはピッタリな家系ですね。

 

 

 



Sponsored Links



 

三笠宮信子さまの経歴は?

 

 

 

聖心女子学院初等科、中等科を経て、英国のロスリンハウス・カレッジ(Roselyn House College)へ入学。

 

 

 

卒業後は出身校である松濤幼稚園の英語講師をしていました。

 

 

 

夫の寛仁親王には16歳のときにプロポーズされたそうです!(早すぎか!)

 

 

当時寛仁親王は26歳でしたが、16歳は流石に若すぎですよね。汗

 

 

 

当時高校生だったこともあり一度は延期になったものの、8年後の1980年に結婚されました。

 

 

 

1981年に長女彬子女王、1983年に次女瑶子女王と女子2人を出産されました。

 

 

 

東京慈恵会総裁、日本ばら会名誉総裁、日本赤十字社名誉副総裁など公務にも積極的に参加されていました。

 

 

 

また、料理が得意で料理に関する著作もあります。

 

 

 

2004年に一過性脳虚血の発作を起こしてからは、公務を欠席していました。

 

 

 

その後も気管支喘息や体調不良で療養の日々を送ります。

 

 

 

2012年に寛仁親王が薨去されたときも、喪主は長女の彬子さまがされました。

 

 

 

2013年から徐々に公務に復帰されています。

 

 



Sponsored Links



 

三笠宮信子さまの現在の激太りを昔の画像と比較!

 

 

 

三笠宮信子さまの激太りが話題になっています。

 

 

 

昔の画像と現在を比較してみましょう!

 

 

 

元々はスタイリッシュな美人さんでした。

 

 

 

 

 

この写真を見ると麻生太郎大臣と似てますよね!

 

 

現在の写真がこちら。

 

 

 

 

 

左が三笠宮信子さま。

 

 

まあ、激太りというよりは年相応に太ったという感じがしますね。

 

 

 



Sponsored Links



 

三笠宮信子さまの性格は?

 

 

 

三笠宮信子さまの性格は小さい頃から繊細な人だったようです。

 

 

 

寬仁親王は兄の麻生太郎大臣と仲が良く、三笠宮信子さまについてもご相談されていました。

 

 

 

その際麻生太郎大臣が「妹は心身ともに障害があり弱いので、皇族に向いてない」と言っていたそうです。

 

 

何かしら生まれつき障害があったのでしょうか?(発達障害とか?)

 

 

 

また寬仁親王は長年アルコール依存症だったことで精神的に病んでしまったという噂もあり、それが理由で後年別居されていたのでは?と言われています。

 

 

 

皇族は基本的に離婚できないので、別居のかたちをとったのでは?とも言われています。

 

 

 

真相は分かりませんが寬仁親王が亡くなられた後に公務に復帰するなど元気になっている姿を見ると、あながち嘘でもなさそうです。

 



Sponsored Links



 

 

三笠宮信子さまと長女・彬子さまとの確執!

 

 

 

三笠宮信子さまと長女彬子さまは仲が悪いことは有名みたいです。

 

 

 

彬子さま自身も「私は10年ほど、母とは会っておりません」とおっしゃっています。

 

 

 

事のきっかけは寬仁親王ががんになり、闘病生活を送るようになったことだと言われています。

 

 

 

その後別居になり、一時は離婚も本格的になりそうになったとき、娘2人は父親方についたそうです。

 

 

 

普通は母親につく方が多いので、珍しいですよね。

 

 

 

何故父の味方についたのか、ある情報誌が三笠宮信子さまと2人の娘についてのスキャンダルをスクープしていた。

 

 

 

 

〈暴力は伴わないものの、娘達を立たせたまま数時間も説教したりするなど、母親としての躾・教育を逸脱した精神的虐待を日常的に繰り返していた〉

 

2人の女王殿下が成人後に初めて父親に打ち明けて知ったことだったという〉

 

引用:情報誌『インサイドライン』

 

 

 

今でいう『毒親』だったのでしょうか?

 

 

 

ともかく2人の娘と三笠宮信子さまには確執があり、それは寬仁親王が亡くなった後も続いています。

 

 

 

うーん親子の関係は難しいですね…。

 

 

 

離れていることで上手くいく親子関係もあるので、あとはときが解決してくれるのを待つしかないかもしれません。

 

 

 



Sponsored Links



 

まとめ

 

 

今回は三笠宮信子さまについて調べてみました!

 

 

麻生太郎氏の妹だとは知りませんでした!

 

 

親子問題が少しでも解決すると良いですね…。


Sponsored Links