松本零士の嫁(妻の顔画像)も有名漫画家でや子供は?若い頃の過去作品を調べてみた!


Sponsored Links



 

 

 

かつて7080年代に「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などでブームを巻き起こした、漫画家の松本零士(まつもと れいじ)さん。

 

 

 

先日訪れていたイタリアのトリノで、脳卒中のために緊急入院しました。

 

 

 

命に別状はなかったそうです。

 

 

 

今回は、その松本零士さんの妻や、過去作品などについて調べてみました。

 

 

 

 

松本零士のプロフィール

 

 

引用:https://article.auone.jp/detail/1/2/4/17_9_r_20191116_1573894401848080

 

 

 

名前:                  松本 晟              (まつもと あきら)

生年月日:           1938125

出身地:              福岡県久留米市

血液型:              B

職業:                  漫画家

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/松本零士

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

松本零士の経歴

 

松本零士さんは、お父さんが日本帝国陸軍のパイロットで、お母さんが教師という家庭に生まれます。

 

 

 

お父さんが戦後自衛隊に入らなかったので、貧しい生活を強いられますが、松本零士さんはお父さんを大変尊敬していたそうです。

 

 

 

戦時中にアメリカ軍の戦闘機を多数見たことや、自身の生い立ちが、後の作品に影響を与えたそうです。

 

 

 

小学校の頃に手塚治虫の漫画を読んだことで漫画家を志し、最初はSF漫画を描いていて打ち切りが多かったものの、「男おいどん」のヒットで人気作家になります。

 

 

 

1974年からテレビで放送された「宇宙戦艦ヤマト」が大ヒットし、劇場アニメ公開で社会現象になると、松本零士ブームが到来。

 

 

 

「宇宙海賊キャプテンハーロック」や「銀河鉄道999」などが大ヒットし、数々の松本零士アニメが作られました。

 

 

 

その影響は海外でも大きく、ダフト・パンクの2001年のアルバム「ディスカバリー」では、松本零士さんのイラストがジャケットに使われたこともあります。

 

 

 

松本零士さんは、現在は大学の教員などを務め、また勲章も授与されています。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

松本零士の妻も漫画家

 

松本零士さんは、妻も有名な漫画家として知られています。

 

 

 

名前は「牧美也子」さんといい、少女漫画家です。

 

 

 引用:https://natalie.mu/comic/news/313301

 

 

1935年生まれの84歳で、兵庫県神戸市の出身。

 

 

 

1961年に松友零士さんと結婚しました。

 

 

 

元々銀行員でしたが、実家の家業を手伝うようになり、その後漫画に興味を持って漫画家になった、という経歴の持ち主です。

 

 

 

元々「りぼん」や「マーガレット」や「少女フレンド」などで少女漫画を描いていましたが、後にレディースコミックに転向し、女性週刊誌や青年誌などに官能的な漫画を描くようになりました。

 

 

 

ドラマ化された作品もあります。

 

 

 

また、タカラの着せかえ人形「リカちゃん」の初代イラストも描いていました。

 

 

 

ちなみに松本零士さんと牧美也子さんの間に子供がいるかどうかですが、不思議なことに情報はありませんでした。

 

 

 

もう二人とも80歳を超える高齢ですから、子供どころか孫か曾孫のいる年齢ですが、長く結婚生活が続いていることを考えると、おそらくお子さんやお孫さんはいるのではないでしょうか。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

松本零士の代表作

 

松本零士さんといえば、代表作は「四畳半もの」「戦記もの」「SFもの」の3ジャンルに分かれるかと思います。

 

 

 

「四畳半もの」の代表作は、やはり「男おいどん」でしょう。

 

 

 引用:http://blog.livedoor.jp/narabamasaru/archives/51928002.html

 

 

これは週刊少年マガジンに連載され、松本零士さんの出世作になった作品です。

 

 

 

また戦記ものでは、「ザ・コクピット」が挙げられます。

 

 

引用:https://honto.jp/netstore/pd-book_02602658.html

 

 

これは90年代にOVAが制作され、好評を博しました。

 

 

 

戦場や軍隊で日の当たらなかった兵士を描いた、戦記ものの傑作です。

 

 

 

また松本零士ワールドの真骨頂であるSFものでは、やはり「宇宙戦艦ヤマト」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「銀河鉄道999」が代表作ではないでしょうか。

 

 

 

 

松本零士さんの作品は、異なる作品間のキャラクターがクロスオーバー的に各作品に登場するというのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

トリノで緊急入院した松本零士さんですが、命に別状はなかったそうです。

 

 

 

今でも海外には熱烈なファンが多く、イベントなどで海外を訪問する機会も多い松本零士さんですが、一日も早く元気を取り戻してほしいものですね。

error: Content is protected !!