雅子妃殿下の病気は適応障害?原因や現在の病状など今後の公務も予測!


Sponsored Links



 

 

今回は雅子妃を特集します。

 

 

 

 

次期皇后になる雅子妃。

 

 

 

 

 

 

これから皇后として忙しい日々が待っていそうですが、体調は大丈夫なのでしょうか?

 

 

 

 

適応障害で長い間公務をお休みになっていましたが、原因は何なのでしょうか?

 

 

 

 

現在の状態や今後の公務についても予測してみました。

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃のプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

続柄       小和田恆第一女子

 

全名       雅子

 

身位       皇太子妃・親王妃(皇太親王妃)

 

敬称       殿下

 

出生       1963129日(55歳)日本・東京都港区虎ノ門

 

配偶者    皇太子徳仁親王

 

子女       敬宮愛子内親王

 

 引用:Wikipedia

 

 

 

 

5月に皇太子徳仁親王が即位することで、雅子妃も皇后になります。

 

 

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の経歴

 

 

 

 

1963年(昭和38年)129日、小和田恆・優美子夫妻の第1子(長女)として誕生されました。

 

 

 

 

幼少期から外交官のお父様の影響で海外生活が長く、モスクワ・スイス・アメリカで生活されていたこともありました。

 

 

 

 

1972年(昭和47年)4月、世田谷区の田園調布雙葉学園・田園調布雙葉小学校に編入し卒業、その後中学・高校へ進学します。

 

 

 

 

1979年(昭和54年)より、お父様の転勤によりボストン市郊外のベルモント市にあるマサチューセッツ州立ベルモント・ハイスクールへ11年生として編入し、ハーバード大学経済学部に進学。

 

 

 

 

卒業後、帰国してから東京大学へ入学しますが、1987年に中退し外務省に入省します。

 

 

 

 

女性初の外交官として、かなり注目されていたそうです。

 

 

 

 

1986年(昭和61年)1018日に来日したスペイン国王カルロス1世の長女、エレナ王女の歓迎レセプションに出席したときに皇太子徳仁親王と知り合います。

 

 

 

 

皇太子徳仁親王から猛アプローチを受けますが、仕事に熱心だった雅子妃は約7年プロポーズを断っていました。

 

 

 

 

一度離れていたお二人ですが、1993年に結婚。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレッシャーから中々お子様に恵まれませんでしたが、2001年に愛子さまを出産されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、適応障害などで公務を欠席されることも多かったですが、現在は徐々に公務に復帰しています。

 

 



Sponsored Links



 

雅子妃の病気は適応障害?

 

 

 

 

雅子妃の病気は、適応障害と診断されています。

 

 

 

 

適応障害とは、心理的ストレスでめまいや自律神経の不調など、体調に不調が出てしまう病気です。

 

 

 

 

私の周りにも適応障害になった子がいます。

 

 

 

 

その子は職場の人間関係のストレスが原因で、体調を崩し一時寝たきり状態になってしまいました。

 

 

 

 

心は行きたい!と思っても身体が受け付けないのだそうです。

 

 

 

雅子妃も「怠けてる」「もう大丈夫なのに仮病を使っている」という声も聞こえますが、本人は行きたくても身体だどうしても…。ということがあるのかもしれません。

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の適応障害の原因や現在の病状

 

 

 

 

雅子妃の適応障害の原因は、ずばり「皇族」。

 

 

 

 

〈1〉皇太子妃という特別な立場の苦労〈2〉ご懐妊や流産をめぐる問題〈3〉公私の別がない多忙な生活などがストレスとなっていると公式に診断されています。

 

 

 

 

今までバリバリ仕事をこなしていたところから、異色の皇族に嫁いだギャップで、なおかつご子息へのプレッシャー適応障害になったのではないかと言われています。

 

 

 

 

そんな中、皇太子徳仁親王が「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったこと」という人格否定発言をして、当時かなり話題になりました。

 

 

 

 

 

家族のみならず、愛子さまの学校の問題や宮内庁とのいざこざもあったのだと思います。

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の今後の公務も予測!

 

 

 

 

そんな雅子妃ですが、徐々に公務に復帰しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で体調不良により公務欠席することも多く、まだまだアンバランスな状態のようです。

 

 

 

 

少しずつ復帰されることを願っています。

 



Sponsored Links



 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は雅子妃について調べてみました!

 

 

 

 

徐々に笑顔が増えて、現在は以前より元気があるように見えます。

 

 

 

 

無理しないでほしいですね。

error: Content is protected !!