雅子妃の英語のスピーチ画像と実力が凄い!元外務省官僚の父親を調査!


Sponsored Links



今回は雅子妃について特集します。

 

 

 

 

もうすぐ平成も終わり…。

 

 

 

 

2019年は皇族にとっても何かと賑やかな一年になりそうです。

 

 

 

 

新しい皇后となる雅子妃。

 

 

 

 

英語のスピーチが凄い!と話題みたいです。

 

 

 

 

また、元外務省官僚の父親についても調べてみました!

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃のプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

続柄       小和田恆第一女子

 

全名       雅子

 

身位       皇太子妃・親王妃(皇太親王妃)

 

敬称       殿下

 

出生       1963129日(55歳)日本・東京都港区虎ノ門

 

配偶者    皇太子徳仁親王

 

子女       敬宮愛子内親王

 

 引用:Wikipedia

 

 

 

 

5月に皇太子徳仁親王が即位することで、雅子妃も皇后になります。

 

 



Sponsored Links



 

雅子妃の経歴

 

 

 

 

1963年(昭和38年)129日、小和田恆・優美子夫妻の第1子(長女)として誕生されました。

 

 

 

 

幼少期から外交官のお父様の影響で海外生活が長く、モスクワ・スイス・アメリカで生活されていたこともありました。

 

 

 

 

1972年(昭和47年)4月、世田谷区の田園調布雙葉学園・田園調布雙葉小学校に編入し卒業、その後中学・高校へ進学します。

 

 

 

 

1979年(昭和54年)より、お父様の転勤によりボストン市郊外のベルモント市にあるマサチューセッツ州立ベルモント・ハイスクールへ11年生として編入し、ハーバード大学経済学部に進学。

 

 

 

 

卒業後、帰国してから東京大学へ入学しますが、1987年に中退し外務省に入省します。

 

 

 

 

女性初の外交官として、かなり注目されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1986年(昭和61年)1018日に来日したスペイン国王カルロス1世の長女、エレナ王女の歓迎レセプションに出席したときに皇太子徳仁親王と知り合います。

 

 

 

 

皇太子徳仁親王から猛アプローチを受けますが、仕事に熱心だった雅子妃は約7年プロポーズを断っていました。

 

 

 

 

一度離れていたお二人ですが、1993年に結婚。

 

 

 

 

https://twitter.com/sodachizakari_/status/1108981045070749696

 

 

 

 

プレッシャーから中々お子様に恵まれませんでしたが、2001年に愛子さまを出産されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、適応障害などで公務を欠席されることも多かったですが、現在は徐々に公務に復帰しています。

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の英語のスピーチ画像と実力が凄い!

 

 

 

 

雅子妃は海外生活が長く、語学が堪能だと有名です。

 

 

 

 

では、実際の実力はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

スピーチしている動画を見つけました。

 

 

 

 

 引用:雅子様 英語スピーチ2 The Voice of Crown Princess Masako

 

 

 

 

とても綺麗な英語を話されていますね!

 

 

 

 

ペラペラですし、発音が綺麗です。

 

 

 

 

年齢を重ねた現在も、英語の実力は健在です。

 

 

 

 

 引用:雅子様 英語スピーチ The Voice of Crown Princess Masako

 

 

 

 

会話だからでしょうか?若いときよりはちょっと下手になっている気がしますが。汗

 

 

 

 

これからもその語学を活かしてほしいですね!

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の元外務省官僚の父親を調査!

 

 

 

 

雅子妃の父親は小和田恆さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

外務省のエリート官僚として活躍していました。

 

 

 

 

・第22代国際司法裁判所(ICJ)所長

 

 

 

 

・国連大使、国際司法裁判所判事、外務事務次官、外務審議官、外務大臣官房長などを歴任

 

 

 

 

という凄い肩書きを沢山持っています。

 

 

 

 

他にもハーバード大学教授や、数々の名門大学の博士号なども取得。

 

 

 

 

また、1976年(昭和51年)に 第67代福田赳夫内閣総理大臣秘書官に就任し日中平和友好条約の作成にも参加しています。

 

 

 

 

それ以外にも様々な外交問題に関与しています。

 

 

 

 

通称「カミソリ小和田」と呼ばれており、部下は有能すぎて下で働くのが嫌だったそうです。そりゃそうだ。笑

 

 

 

 

雅子妃も父親の影響を強く受け、外交官になりたいと思ったそうです。

 

 



Sponsored Links



 

まとめ

 

 

 

 

今回は雅子妃についても調べてみました!

 

 

 

 

英語のスピーチはとても美しくて、気品がありましたね~。

 

 

 

 

体調の件もありまだ外国の公務は少ないですが、これから徐々に復帰して活躍してほしいですね!

error: Content is protected !!