雅子さまの愛用(ご用達)の衣装ブランドとドレスはどこ?ファッション画像も紹介!


Sponsored Links



 

 

 

今年5月から正皇后になられた雅子妃。

 

 

 

若い頃からのファッションをここでは見てみましょう。

 

 

 

ご公務の際にはどのような服装を着ることが多いのでしょうか。

 

 

 

またそのブランドはどこのものを愛用しているのでしょうか。

 

 

 

画像とともに見てみましょう。

 

 



Sponsored Links



 

 

雅子皇后の経歴

 

 

 引用:https://www.news-postseven.com/archives/20190408_1347807.html

 

 

 

雅子皇后は1963年に、小和田恒と優美子夫妻の長女として誕生します。

 

 

 

外交官だった父親の仕事の関係で、幼少時から海外生活を送り、ソ連やスイスやアメリカで暮らします。

 

 

 

小学校から高校まで田園調布雙葉学園に通っていましたが、高校時途中からボストンの高校に編入し、その後1981年にハーバード大学に入学します。

 

 

 

卒業後は1986年に東京大学法学部に学士入学し、在学中に外交官試験に合格します。大学を中退し1987年に外務省に入省すると、経済局や北米局などで任に就きます。

 

 

 

その後皇太子徳仁との婚姻話が持ち上がり、当初は断ったものの、熱心な説得により承諾。19931月に皇室会議にて徳仁親王妃に内定します。

 

 

 

617日に皇太子雅子として皇統譜に登録されました。

 

 

 

その後2001121日に第一女子である敬宮愛子内親王が誕生します。

 

 

 

しかしその後は皇室での生活で精神的に病状を抱えるようになり、2004年には適応障害の診断を受け、病気療養に入ります。

 

 

 

201951日に皇太子徳仁親王が即位すると、これに伴い新たな皇后になりました。

 

 

https://twitter.com/kanna4190125/status/1132870747284594688

 

 



Sponsored Links



 

 

雅子妃の愛用する衣装ブランドやドレスは?

 

 

 

雅子妃の着ている服装でお好みのデザインは、外務省で勤務されていた時代に着ていたようなキャリアウーマン風のものだと言われています。

 

 

 

特に「チャイナボタン」がお好みのようで、様々なジャケットに取り入れられています。

 

 

 

服の色は、ボルドーやロイヤルブルー、白や黒などがお好みのようです。

 

 

 

一時は娘の愛子様と同じ色調の服を着てばかりいる、とも言われていましたが、最近では明るい色調の服を着ることも増えてきたようです。

 

 

 

また公務の時に着るドレスを見てみましょう。

 

 

 

 

ピンクのドレスを着ることもあります。

 

 

 

 

雅子妃は、外務省勤務の頃などは、シャネルやエルメスなどの海外ブランドを愛用されていました。

 

 

 

 

しかしご成婚の際に着ていたドレスは、「ハナエ・モリ」ブランドのドレスでした。

 

 



Sponsored Links



 

 

 

雅子妃は「ハナエ・モリ」ブランドの服を三割引で購入していると言われています。

 

 

 

ある皇族の御婦人が言うところによると、「自由に百貨店に出かけることができないので、カタログを外商が持参してくるの。通常、百貨店の販売価格は皇室の場合は2割引き、ものによっては3割引きなの」だそうです。

 

 

 

ちなみに雅子妃はドレスを着回ししていると言われています。

 

 

 

 

美智子さまは芦田淳氏、植田いつ子さんが専属デザイナーだったことは知られていますが、雅子妃はシャネル、エルメスなどの海外ブランドをご愛用していました。

 

 

 

これについて、皇族の方々からは「なぜ、日本人のデザイナーではないの」と指摘する声もあがっていました。

 

 

 

そのため、最近ではハナエ・モリの服装を着るようになったと言われています。

 

 

 引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00010002-friday-soci

 

 



Sponsored Links



 

まとめ

 

 

 

若い頃の美しさは溜息が出るほどだった雅子妃。

 

 

 

お歳を召してもファッションにはこだわっているようですね。

 

 

 

今後はどのような衣装で皆の前に現れるのでしょうか。

error: Content is protected !!