栗田誠矢(くりたせいや)東大生のオセロ王者日本一の経歴や実力!

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

10月23日放送 夜7時から放送の「天才キッズ大集合」ではオセロと暗算の特集です。

 

今回注目されているのは、2017年全日本選手権」優勝の栗田 誠矢(くりた せいや)さん20歳と、対する「2016年世界選手権」ユースの部優勝した和田真幹さん13歳の対決です。

 

13歳の天才キッズと対決する、栗田 誠矢(くりた せいや)さんについて、どんな方なのか見てみたいと思います。

 

栗田 誠矢(くりた せいや)さんのプロフィール

 

 

引用: http://www.othello.gr.jp/special/9514

 

名前 栗田 誠矢(くりた せいや)

年齢 20歳

出身地 群馬県高崎市中泉町

学歴 東京大学在学中(2017年現在)

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

栗田 誠矢(くりた せいや)さんの経歴

 

栗田 誠矢(くりた せいや)さんも実は天才キッズの一人でした。

 

2012年、出身地の群馬県の県立中央中等教育学校4年生の時、栗田 誠矢さんは当時15歳、国内三大メジャー大会の「第7期王座戦」で全勝し、見事、王者日本一に輝いています。

 

15歳のお年で、国内のメジャー大会に出るほどですから、すでに、オセロは小さいっころから誰かに教わって、ゲームとして楽しんでいたのでしょうね。

 

2009年には準決勝で当時の世界王者である高梨祐介さんを倒しています。2009年、栗田 誠矢さんの歳は12歳と、その頃から天才キッズぶりはオセロの世界でも有名だったのでは?と推測します。

 

そして、今年の2017年7月には、第45回 全日本選手権の無差別の部門で優勝しました。栗田 誠矢さんはオセロで七段と言う称号を取得しています。

 

オセロと囲碁の違いは?

 

日本で良く見かける、オセロに似たゲーム、囲碁も白と黒のマーブルチョコレートのような丸い駒を使って碁盤の目でゲームを展開します。

 

さて、いったい、囲碁とオセロはどう違うのでしょうか?

 

それは勝負の決め方にあるようです。

 

囲碁は白と黒の石で境界線を作って打ち、より多くの陣地を囲い込んだ方に軍配があがります。

 

そして、オセロは、相手の石を自分の石ではさみ、挟まれた方は石を裏返すことにより相手の色になります。最終的に白の石とくろの石の合計が多い方に勝負はきまります。

 

 

最近の将棋ブームといい、オセロや囲碁など簡単そうでありながら、幾つもの責め方を研究し続けるゲームの特徴は、やはり、子供の頃からゲームで頭を鍛えていると言うことでしょうか?

 

武器を持って闘うアニメ・ゲームがすでに当然のようになっている現代で、昔から親しまれてきたゲームを見直す、良い機会に思えてならないです。

 

 

栗田 誠矢七段の天才小学生とのオセロ勝負を楽しみにしたいですね!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。