徳仁親王(浩宮)が天皇に即位後の皇太子は誰?皇位継承順位や次の天皇は誰?


Sponsored Links



皇太子徳仁親王は今上天皇の第一子なので、必然的に皇位継承順位は1位、皇太子となりました。

 

 

 

 

では皇太子徳仁親王が即位後の皇太子は誰なのでしょうか?

 

 

 

 

皇位継承問題が本格的に浮き彫りになってきそうですね。

 

 

 

 

皇位継承順位や、次の天皇は誰なのか?について調べてみました。

 



Sponsored Links



 

 

徳仁親王のプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続柄       今上天皇第一皇子

 

称号       浩宮(ひろのみや)

 

全名       徳仁

 

身位       皇太子・親王

 

敬称       殿下

 

出生       1960223日(59歳)

 

配偶者    親王妃雅子(小和田雅子)

 

子女       敬宮愛子内親王

 

父親       今上天皇

 

母親       皇后美智子

 

役職       日本赤十字社名誉副総裁 等

 

 引用:Wikipedia

 

 

 

 

皇太子徳仁親王は、今上天皇と皇后美智子さまの第一子として誕生されました。

 

 

 

 

「川」の研究のためオックスフォード大学に留学経験もあります。

 

 



Sponsored Links



 

皇太子徳仁親王の経歴

 

 

 

 

https://twitter.com/Dan_dE_l_iOn/status/1099181088138653700

 

 

 

 

皇太子徳仁親王は1960223日に誕生され、229日に命名の儀において祖父・昭和天皇が浩宮徳仁(ひろのみや なるひと)と命名されました。

 

 

 

 

戦後初の皇族誕生、なおかつ従来通りの皇居宮殿内の御産殿で出産を行わないなど、誕生前から注目されていました。

 

 

 

 

皇后美智子さまは専任の養育係をおかず、皇太子徳仁親王子育てをされたことも皇族では異例のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族揃って微笑ましく会話や遊ばれている姿が放映され、「国民的家庭」として当時は話題になっていました!

 

 

 

 

学習院高等科時代には、御所におけるご進講の形で「歴代天皇の御事跡」や古事記、日本書紀、万葉集、平家物語から比較神話学、文化史、文化人類学、時事問題などを幅広く学ばれました。

 

 

 

 

「帝王学」の一環と考えられ、既に天皇になる心構えをされていたようです。

 

 

 

 

1982年に学習院大学文学部史学科を卒業。

 

 

 

 

アメリカに留学されながら、公務にも出席されていました。

 

 

 

 

1989年に祖父の昭和天皇が崩御された後は、皇位継承順位が1位となり、皇太子徳仁親王は皇太子に即位されました。

 

 

 

 

1993年に雅子さまとご結婚され、2001年に愛子さまが誕生され、父親にもなりました。

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

皇太子徳仁親王が即位後の皇位継承順位や次の天皇は誰?

 

 

 

 

皇太子徳仁親王が即位すると、次の皇位継承順位第一位は弟の秋篠宮文仁親王になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の皇族継承は認められていませんが、兄弟継承は正式に認められています。

 

 

 

 

今後予想される皇位継承順位をまとめてみました。

 

 

 

 

第一位  秋篠宮文仁親王

 

 

 

第二位  悠仁親王

 

 

 

第三位  常陸宮正仁親王(今上天皇の弟)

 

 

 

第四位  三笠宮崇仁親王(昭和天皇の弟・今上天皇の叔父)

 

 

 

 

皇族問題が落ち着くまでは、秋篠宮文仁親王が次期天皇の可能性が高いと思われます。

 



Sponsored Links



 

 

皇太子徳仁親王が即位後の皇太子は誰?

 

 

 

 

皇太子徳仁親王が即位後の皇太子は、誰なのでしょうか?

 

 

 

 

基本的に皇太子=次期天皇なので、秋篠宮文仁親王かと言われていますが、悠仁親王が皇太子になるという噂もあります。

 

 

 

 

https://twitter.com/HickeyBlog/status/1106468904199573504

 

 

 

 

ちなみに皇太子の定義ですが、

 

 

 

 

 

一般的には君主国において、日本の皇室における天皇位ならびに海外の王室における君主位(国王など)の法定推定相続人の称号として使われる。法定推定相続人である女子にも用いられる。

 

 引用:Wikipedia

 

 

 

 

だそうです。だから、皇太子なら愛子さまも可能性があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、基本的に次の天皇(男性)がなるとされているので、有力なのは悠仁親王だとされています。

 

 

 

 

皇太子徳仁親王に息子がおらず、愛子さまが誕生してから女性の皇位継承については様々な議論がされていますが、未だに結論は出ていません。

 

 

 

 

近い将来、本格的に女性の皇位継承について議論が活発になると思われます。

 

 



Sponsored Links



 

まとめ

 

 

 

 

今回は皇太子徳仁親王について調べてみました。

 

 

 

 

皇位継承はとても難しい問題ですね…。

 

 

 

 

悠仁親王が誕生してからは、悠仁親王が有力になっているようです。

 

 

 

私たちも一度考えてみる必要がありますね。

error: Content is protected !!