プリマ旦那の河野良祐の嫁(妻)は元ファンってホント?経歴や出身高校そして性格も調べた!


Sponsored Links



 

 

 

M-1グランプリで上位進出を果たしたり数々の漫才賞を受賞し、現在は関西ローカルで活躍中のお笑いコンビ、プリマ旦那。

 

 

 

NHKの連続ドラマ「わろてんか」への出演も決まり、今後の活躍が期待できる二人組です。

 

 

 

そのツッコミ担当である河野良祐が、元ファンの女性と結婚しました。果たして奥さんとの馴れ初めは?

 

 

 

また最近話題の高学歴芸人ということですが、その出身大学は?

 

 

 

そのあたりについて調べてみました。

 



Sponsored Links



 

プリマ旦那の河野良祐のプロフィール

 

 

 

 

 



名前:                  河野 良祐           (こうの りょうすけ)

生年月日」           19861025

出身地:              大阪府堺市

身長:                  179cm

血液型:              A

趣味:                  マラソン、グルメ

特技:                  ボイスパーカッション

担当:                  ツッコミ

事務所:              よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

引用:                  https://ja.wikipedia.org/wiki/河野良祐



 

 

 

 



Sponsored Links



 

プリマ旦那の河野良祐の経歴

 

 

 

大阪府堺市で生まれ、地元にある公立大学の大阪府立大学経済学部に入学します。ロザンの菅広文は学部の先輩にあたります。

 

 

 

大学に通いながらNSC30期生としてNSC大阪校に通い、そこで出会った野村尚平と20082月にプリマ旦那を結成しました。

 

 

 

M-1グランプリ2009」で準決勝進出を果たすと、2011年には「第9MBS新世代漫才アワード」で準優賞します。また2013年の「第48回上方漫才大賞」では新人賞を受賞しました。

 

 

 

プリマ旦那の河野良祐の性格は?

 

 

 

河野良祐はお笑い芸人には数少ない高学歴芸人で、大阪府立大学を卒業しています。ロザンの菅広文と同じ学部ですが、菅が中退なのに対し、河野良祐はちゃんと卒業しています。真面目な性格なんでしょうね。

 

 

 

また2012年の大阪マラソンに参加して以来マラソンが趣味になり、自身のツイッターでもジム通いを度々伝えています。

 

 

 

 

名字の読み方は「こうの」ですが、初対面の人に「かわの」と呼ばれる事が多く、一時期は吉本での公式プロフィールでも「かわの」と表記されていたそうです。

 

 

 

ちなみに尻の毛が異様に濃いのだそうです。

 

 



Sponsored Links



 

プリマ旦那の河野良祐の嫁(妻)は元ファンってホント?

 

 

河野良祐は2016120日に入籍しました。相手の女性はアパレルショップに勤めている一般女性で、タレントの山本梓に似た、3歳年下の美人とのことです。

 

 

 

 

出会いのきっかけは、まだ無名だった2009年に初めて声をかけてくれたことで、その後再開し、交際に発展したそうです。

 

 

 

交際期間が6年目になった20156月に、彼女から「そろそろ形が欲しい。別れるか、結婚するか」と冗談交じりに二択を迫られ、結婚を決意したそうです。

 

 

 

6年間きちんと付き合ってから結婚を申し込むというのは、河野良祐の真面目な性格が伺えます。

 

 

 

奥さんの顔写真などは見つかりませんでしたが、河野良祐が描いた似顔絵があります。

 

 

 引用:https://nekocat-blog.com/archives/261

 

 

吉本のイベントで結婚を発表した時の画像らしいですが、なんとなく美人なのが伝わってきますね。

 

 

 

ちなみに河野良祐は巨乳好きだそうですが、奥さんはCカップだそうです。

 

 

 



Sponsored Links



まとめ

 

 

今のところ主に関西ローカルで活躍するプリマ旦那。

 

 

 

数々の漫才賞を受賞し、間もなくブレイクしそうなお笑いコンビです。

 

 

 

NHKの連続ドラマ「わろてんか」への出演も決まり、これを機に全国区へと羽ばたけるでしょうか?

 

 

 

期待しながら見守っていきましょう!