小池百合子知事の実家の父は実業家はほんと?現在の自宅や年収を調査!


Sponsored Links



 

コロナウイルスの拡大で、緊急事態宣言や自粛要請の会見など、毎日のようにテレビで小池百合子知事を観ている気がします。

 

 

首都東京の知事は、コロナウイルスの拡大のために、他の県の知事とは違う選択を迫られることにもなりましたね。

 

 

今回はハートのマスクで登場で、会見の間もネット民からは、「このハートのマスクがかわいい~!!」や「どこで買ったの~?」とか、「安倍さんにもマスクを~」(爆)とか、結構、面白いコメント嘆きが飛び交っていましたねぇ?

 

ご近所の方が作ってくださったマスクの差し入れということで、ネガティブな方もいますが、前向きに捉えたいものですね?

 

きっと、大阪府や東京都のような大都市の知事ともなれば、今は寝る暇も無いくらい身体を酷使されていると思いますが、そんな中でも華やぎを忘れず、素敵な身だしなみで登場する小池知事は元[WBS]ワールドビジネスサテライトのメインキャスターでした。

 

 

 

 

今回は、小池百合子知事の実家の父親が実業家というのは本当なのか、小池百合子知事の現在の自宅や年収について調べてみました。

 

 

小池百合子知事のプロフィール

 

 

小池百合子「豊洲劇場」と、報告書を読まずにいまさら文句を言う有識者 ...

 



名前: 小池 百合子(こいけ ゆりこ)


生年月日:  1952年7月15日(67歳)


出生地:  日本の旗 日本 兵庫県芦屋市


出身校:  関西学院大学社会学部中退


学歴: カイロ大学文学部社会学科卒業


前職:  ニュースキャスター
アラビア語通訳
参議院議員
衆議院議員
現職 東京都知事
都民ファーストの会


称号:  社会学士(カイロ大学・1976年)


 

小池百合子知事の経歴

 

 

小池百合子都知事は、テレビ東京でビジネスマン?(働くおじさま族)に大人気だった『ワールドビジネスサテライト』の初代キャスターでした。

 

その当時、語学が堪能で世界の経済界、政財界の著名人と英語で直接インタビューする姿は、「おっ」と驚きを隠せない、TVのお茶の間の人々に女性の地位をあげた一人だと思います。英国のサッチャーさんぐらいの驚きでしたねぇ~。

 

小池百合子都知事の生まれは兵庫県の芦屋生まれの芦屋育ち、、甲南女子中学校、甲南女子高等学校で、この学校は、中高一貫教育で風紀も厳しい、お嬢様学校で、家庭的には素晴らしい教育の元で育った小池百合子知事なんですね。

 

羨ましい~ですよねぇ~♪

 

大学は関西学院大学の社会学部に入学するものの・・・・父親の小池勇二郎さんの仕事の都合で一家揃って東京に引っ越しします。

 

その後は父親の小池勇二郎さんのビジネスがうまく行かず・・・職業を転身。

 

なんと・・・・突然にエジプトのカイロ市へ移住し、日本食レストランを開くことになります。

 

これも、一般の普通の生活をしていた一家にとっては衝撃的ですよねぇ~。

 

小池百合子知事ももちろん、一緒にカイロへ行くことになり、最初はカイロ市のカイロ・アメリカン大学でアラビア語を学ぶことになります。
まずは語学、言葉がわからなければ困りますものねぇ~。

 

家族のサポートもするために徹底的に語学を学んだのだと思います。アメリカン大学卒業後、その後はカイロ大学に入り、卒業します。

 

小池百合子知事が海外へ渡った頃、その頃の日本の教育は英語教育もままならない(今もですが)状態の時代だったので、大学からエジプトへ移住という環境の差は、本人にとってはとっても大変なことだったと思います。


小池百合子知事が、注目されるようになったのは、1979年から1985年まで放送された「竹村健一の世相講談」で竹村健一氏と対談をするキャスターを務めていました。

 

あの、独特な雰囲気の竹村健一氏、かなり突っ込んだ話が多かったのですが、それをそよ風のようになんとも無く受け答えている当時の小池百合子知事は、女性ながら「凄い才媛」に映っていました。

 

 

そして、当時の働き盛りのサラリーマンや起業家に人気だった1988年よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』、この番組の初代メインキャスターで「百合子ファン」が急増してブレイクしましたねぇ~。

 

小池百合子知事の父親が実業家はほんと?

 

 

小池百合子知事の父親の名前は、小池勇二郎さんです。

 

 

軍隊から復員後に、石油会社を4つも経営していたそうです。

 

 

医療関連の貿易会社を経営していましたが、選挙に立候補をして落選してしまいました。

 

 

政治活動に没頭しすぎたため、経営していた貿易会社の業績が悪化してしまい、会社は倒産してしまいました。

 

引用:https://smart-flash.jp/sociopolitics/17415

 

 

そのときは、債権者が家に押し寄せて、芦屋の邸宅にも住んでいられなくなり、当時、石原慎太郎さんの後援者だった人たちの手を借りて、東京の六本木に引っ越しをしました。

 

 

東京の六本木の住まいは、アパートだったそうです。

 

 

家族は当時、地獄の生活だったそうです。

 

 

ですが、小池百合子知事がカイロに留学すると、父親の小池勇二郎さんもカイロに渡り、日本料理店「なにわ」をはじめました。

 

 

小池百合子知事がカイロに留学したので、娘のことが心配でそばにいたくて、カイロで日本料理店をはじめたとも言われています。

 

 

小池百合子知事は3人兄妹で、兄が2人の末っ子で唯一の女の子だったため、忙しくてあまり家にはいなかった小池勇二郎さんですが、小池百合子知事のことをとてもかわいがっていたそうです。

 

 

小池百合子知事の父親、小池勇二郎さんは石油会社、医療関連の貿易会社、日本料理店などを営み実業家であったことは間違いありませんね!

 

小池百合子知事の現在の自宅の場所は?

 

小池百合子知事の現在の自宅住所とどんな家に住んでいるのかを調べてみました。

 

 

住所は、東京都練馬区桜台、最寄りの桜台駅から徒歩5分のところに住んでいます。

 

 

商店街を抜けて、閑静な住宅街に建っている洋風の一軒家で、注文住宅だということです。

 

 

東京の23区で、最寄り駅まで徒歩5分に一軒家とはとてもいい場所に住んでいますね。

 

 

私も、桜台ではありませんが練馬区に住んでいたことがあるのですが、最寄り駅まで徒歩5分位でも静かな環境の住宅街がある場所はそれなりにあると思います。

 

 

その一軒家は、環境大臣をやっていたときからこういう家を建てたいと思っていたと、小池百合子知事のこだわりがつまった住宅です。

 

 

家の中は、照明はすべてLEDを使用していて、窓は二重の窓ガラス、スクリーンで夏の暑さを軽減できるようにしているようです。

 

 

小池百合子知事は、その一軒家のことを「エコハウス」と自分で呼んでいるそうですよ!

 

こちらが、小池百合子知事の自宅になります!


引用:https://www.freetimeslog.com/2016/07/blog-post_23.html

 

 

独身の、小池百合子知事ですが母親が亡くなるまでは、母親と一緒に住んでいたのですが、今は、いとこで小池百合子知事の秘書をつとめる男性と、その奥さんと二人のお子さん、そして、14年くらい家政婦として住み込みで勤めている女性の6人で住んでいるようです。

 

 

いとこで秘書の男性のお子さんたちをとても可愛がっています。

 

 

「子供たちの声を聞くと、とても幸せになる。」と自宅訪問のインタビューで答えていました。

 

 

6人の他に、愛犬のヨークシャテリアも飼っていて、名前は総ちゃんというそうです。

 

 

お子さん2人に愛犬と、賑やかそうですね!

 

小池百合子知事の年収を調査しました!

 


最後に、小池百合子知事の収入を調べてみました。

 

 

小池百合子知事は、2016年9月に東京都知事になってからすぐ、自分の都知事としての給与を半額にすると、定例会見で発表しました。

 

 

当時の都知事の年収は、2896万円でしたが、スパッと半分にするということで、1448万円になります。

 

 

これについては、記者から「正当な額をもらってもいいのではないか。」など、否定的な質問も出ましたが、
小池百合子知事は「身を切る改革の姿勢を示す。」とお話ししていました。

 

 

小池百合子知事は、都知事選挙の時から選挙公約に、自分が都知事になったら都知事の年収を半減すると言っていましたよね!

 

引用:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59975

2016年10月11日に、小池百合子知事が提出していた、都知事の給与を半減する条例案が、東京都議会総務委員会にて、全会一致で可決されました。

 

 

10月13日の、本会議でも可決されました。

 

 

それによって、小池百合子知事の年収は、1448万円になりました。

 

 

ちなみに、この年収は全国の知事の中で最低額です。

 

 

まとめ

 

 

世界のニュースを発信する為のスピーキング能力を当時より評価されて、才色兼備を兼ね合わせた小池知事がキャスターとして活躍していた時代が懐かしいです。

 

女性でありながら、ここまで頑張っている小池知事にちょっと政府は冷たすぎるのでは?良いとこどりして、政府の法案を打ち出す能力が無いから、後の責任は知事まかせ・・・・と押し付けているような日本男児らしくない姿を見せつけられている気もいたします。

 

Youtuberとのコラボで「コロナをわかりやすく、若者への警鐘を柔らかくお伝えしている姿もキャスターだった小池知事だからこそ・・・と思います。

 

こちらのhikakin&百合子の対談、とってもわかり易いですねぇ~♪

 

 

このコロナの一見で、一人一人の政治家の本来の姿が浮き彫りにされていますね?

 

 

error: Content is protected !!