キム・ジフン(KNK クナクン)のリーダーのプロフィール!性格や趣味は?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

先日9月9日に、東京・青海のお台場ヴィーナスフォートで無事に本日本デビュー記念イベントを行った、グループ結成してまだ1年と少しの今話題の韓国男性アイドルグループ「KNK クナクン」。

 

今回はリーダーであるキム・ジフンさん、振り付け担当で、ダンスは芸能界に入ってから学んだそうで、短期で習得したその才能は持って生まれた才能とも言えますね!その「KNK クナクンについて調査してみました。

 

 

キム・ジフンさん(KNK クナクン) プロフィール

 

引用:  https://es.pinterest.com/pin/472807660861209477

 

 

名前:キム・ジフン

ハングル、英語 表記: 김지훈, Kim JiHun 

ニックネーム:キムチ

生年月日:1995年2月20日生まれ

血液型:A型

身長:186㎝

体重:73㎏

足のサイズ:27.0㎝

家族構成:父・母・姉

担当:リーダー、サブ・ボーカル

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/キム・ジフン

 

キム・ジフンさん(KNK クナクン)の経歴

 

 

キム・ジフンさんの担当はリーダーであり、サブ・ボーカルとダンス担当。

 

普段のキム・ジフンさん、ダンスの振り付け時以外では「メンバーはみんな同等」という考えの元に、特にリーダーらしい振る舞いや態度は少ないとの評判です。

 

 

特技は8歳~15歳までの7年間の間、武道のテコンドーを習っていたそうです。

 

 

キム・ジフンさんはNEGAネットワークで練習生を過ごした後、YNBエンターテインメントへ移籍。やはり、K-POPのアイドル達は何らかの形で練習生の時期と言うものを過ごしているんですね。

 

 

キム・ジフンさんは一見、人見知りだと言うことですが、実は印象とは違い、かなり明るい性格らしいです。

 

 

それと、触れておきたいのが、キム・ジフンさんのニックネームです…(笑)

 

“キムチ”と言うニックネームだそうで、この由来はどこからなのでしょうか??キム・ジフンのキムからなのか、ただキムチが好物だからなのか…?

 

不明ですが・・・・・・・、メンバー内やファンの間での呼び名なのでしょうね。

 

 

キム・ジフンさん(KNK クナクン)ってどんな人? 性格は?

 

 

平均身長を上回る高身長の持ち主のキム・ジフンさん♫

 

実はキム・ジフンさんの年齢はメンバーの中で2番目に若いまだ22歳。

 

キム・ジフンさんについて調査していくにつれて、だまだどこか少年らしさが残っているようなそんな一面も発見できました!

 

 

普段カメラの前では物静かなタイプですが、実は猫や動物の鳴き声のモノマネなども得意だそうです。

 

キム・ジフンさんは、初対面で出会ってから打ち解けるまで時間がかかりそうなタイプだということですが、リーダーも任されて、振り付け担当とのことなので、メンバーからはきっと頼られている存在でしょうね。

 

 

キム・ジフンさん、訳あって長年学んできたテコンドーを辞めてしまい、そんな時、キム・ジフンさんの父親が冗談半分で歌の世界を勧めてきたことが、今現在のこのK-POPの世界を夢見るきっかけになったそうです。

 

 

もともと、音楽鑑賞や歌うことが好きだったのですが、控えめなタイプな為まさか今こうして人前に立って、しかもリーダーや振り付け担当までするなんて想像してなかったんでしょうね!!

 

 

一方、キム・ジフンさんの母親は芸能界に入ることを強く反対し続けていたそうで、SMアカデミーのオーディションを受ける時、一生懸命取り組む息子のキム・ジフンさんを見て、無事合格できた時にやっと母親も息子のキム・ジフンさんを認めてくれたんだとか♪

 

 

とっても面白いのは、キム・ジフンさんは、そんな母を思い出すために、メンバーに背中を掻いてもらうことが好きだそうで、まだまだお母さんに甘えていたいのかな?!それともマザコンですかぁ~?と可愛い一面もあるようなエピソードです。

 

その証拠の画像がこれです。ハハハ~って笑っちゃいますね。なんとなく……。

 

引用: https://twitter.com/KNKOfficialYNB

 

 

誰も予想つかなかった芸能界デビューですが、こうやってキム・ジフンさん自身の欠点を見直し、新たに夢へ取り組む姿がご両親にも伝わり、今はKNK クナクンの中でもキム・ジフンさんは注目される存在にまで成長したんですね!

 

 

 

キム・ジフンさん(KNK クナクン) デビュー前の来日時の会見では?

 

 

KNK クナクンが日本デビューを果たす前に来日した際のキム・ジフンさんインタビューでは、“KNKクナクンとはどんなグループ?”の問いに、キム・ジフンさんは「ギャップのあるグループ」と答えていいたそうです。

 

男らしくクールなグループに見られがちですが、こうやって知っていくうちになんだか日本のアイドルでもお馴染みの“会えるアイドル”的な感覚の身近なグループなのでは?!と思えてきました。不思議ですねぇ~

 

 また、“ハマっていることは?”の問いかけに、キム・ジフンさんは「サッカー」「時間さえあればやりたいほど好き」「事務所内でチームを作っていて試合することもある」と話しています。

 

あれ?テコンドーは?って思いましたが、サッカーって男の子なら嫌いな人いないですし、私個人の印象だと、男の子はみんなサッカーのルール知っていて、出来るイメージがあります。

 

キム・ジフンさんも、一般男性と変わらない少年心を持つ方なんですね♪

 

 

KNK クナクンの動画を紹介

 

スローな曲は甘く優しく、そしてハードな曲はダンスが素晴らしい!まるで、ちょっと年をとってからのBack Street Boysみたいですね。

 

引用: 크나큰 (KNK) – 비 (Rain) MV  CJENMMUSIC Official by YouTube

 

 

引用: Simply K-Pop _ KNK(크나큰) _ I Remember(요즘 넌 어때) _ Ep.217 _ 060316 ARIRANG K-POP by YouTube

 

 

 

 

 

引用: [M/V] 크나큰(KNK) – KNOCK KNK 크나큰 by YouTube

 

 

引用: [M/V] 크나큰(KNK) – BACK AGAIN KNK 크나큰

 

 

キム・ジフンさん(KNK クナクン)まとめ

 

 

今回は今話題のK-POP男性アイドルの“クナクン”メンバーのキム・ジフンさんでした♪

 

 

可愛い一面や、実はまだまだ甘えたい男の子なことも知れたのでは?と思います(^^♪

 

 

そんなキム・ジフンさんですが、韓国のアイドル達が小さな頃から芸能人になるために英才教育を受けて、何もかもデキるのと違い、もともとダンス経験もなく、ただ歌が好きというだけと言うのがとても新鮮でしたが、ダンス教室にも通い、かなりの努力をしてこられたんだと思います。

 

 

そう思うと、人一倍努力し、結果与えられたものが振り付けまで担当する“グループのリーダー”ってわけですね!

 

 

誰よりも、反対してたお母さんと冗談半分で芸能界いりの話を持ち掛けたお父さんがビックリでしょうね♪

 

 

まさか内気で人前で何かを披露するタイプではない息子が、今こうやって有名人になりつつあるのですから、両親にとってキム・ジフンさんは誇りですよね!

 

 

こうやって私も何も知らないところから、調査していく内に、キム・ジフンさんの人柄や可愛い一面を知るたびにファンになっちゃいそうな勢いです♪

 

キム・ジフンさんが子供のころ学んでいた“テコンドー”ですが、あまり知らなかった為調べてみたところこのスポーツは元々韓国が発祥のスポーツ。

 

 

今では世界各地206ヵ国でこのスポーツが行われており、2000年からオリンピックの正式競技にもなっていました。

 

 

テコンドーの道着を見ていると、空手にも似ている気がしましたが、競技内容は空手よりも蹴り技が豊富で、空手のように素手で挑むのではなく、公式の防具を身に着けて試合をするスタイルとなっています。

 

 

キム・ジフンさんも母国の伝統的として代表的なテコンドーを学んでいたのですね!

 

テコンドーの世界に小さいころから身を置くことにより、その中で学んだスポーツの精神や人間関係、そして、武道の礼儀もしっかり身に着けれているからこそ、この厳しい芸能界で、英才教育なくても自分の目標に向かって厳しく自分を芸の道で鍛えられたように思いますねぇ~♪影の努力を感じます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


Sponsored Links
Sponsored Links



芸能

Posted by wikiwiki